[家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlus]評価/口コミ/デメリットを解説!あんしん生命の死亡保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京海上日動あんしん生命の「家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlus」のデメリットや評判が知りたい!

私はこの保険への加入が向いているのかが気になる!

という方向けの記事です。

この記事では、家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusに関して以下の内容絵を説明します。

  • 家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusのデメリット・メリット
  • 家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusの最新の口コミ
  • 家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusの保障内容

家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusに関する情報を網羅した記事となっているので、加入を検討している方はぜひ参考にしてください。

家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusの評価は?最新の口コミを紹介

家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusの評価はどうなのでしょうか。

ここでは、家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusの最新の口コミを見ていくことにしましょう。

家計保障定期保険neoの良い評価・口コミ①

がんや心疾患などで所定の状態になった時には保険料の払い込みが免除される、特定疾病保険料払込免除特則が用意されているのに、この保険料だと安いと思い加入しました。

他社の保険だと、払込免除の特約がつくと保険料が高くなってしまいます。

家計保障定期保険neoの良い評価・口コミ②

保険ショップで勧めてもらって、きちんと保障内容を細かく営業の方に説明してもらいながら加入しましたが、とても満足しています。

自分が納得いくまでわからないところを質問できたのは、とてもわかりやすくて良かったです。

家計保障定期保険neoの悪い評価・口コミ①

就業不能保障を探していて、営業の方に勧められて加入しましたが、入った後で他社の同じ就業不能保険と見比べてみると、保障内容も保険料も他社の方が条件が良かった。

どうせ、掛捨てだから加入し直そうと思います。

家計保障定期保険neoの悪い評価・口コミ②

商品内容や保障内容がややこしくて、わかりにくいと思いました。

保険の営業は毛嫌いしていたので、説明されてもなかなか頭に入ってこなかった上に、理解もできなかった。

とにかく簡単な保障内容の保険が良いです。

家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusのデメリット

家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusのデメリットについて見ていきましょう。

どんな保険にもデメリットはあるものですが、この保険では果たしてどのようなデメリットがあるのでしょうか。

長期の就業不能に対応できず、保障される病気の範囲も狭い

デメリットの1つ目は、長期の就業不能に対応できず、保障される病気の範囲も狭いということです。

この長期の就業不能に対応ができないというのは、保障期間が2年もしくは5年と限定されているからです。

そして、保障対象が一部の病気に限定されていて、5大疾病(ガン、心筋梗塞、脳卒中、肝硬変、腎不全)が原因で働くことができなくなった時のみ給付金が支払われるということとなっていますから保障範囲はとても狭くなってきます。

このようなことから、保障内容を一般的な就業不能保険と比較してみても大きく劣っていることがわかります。

死亡保障が必ずセットになる

デメリットの2つ目は、家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusには、死亡保障が必ずセットになっているということです。

そのため、死亡保障と就業不能保険を同時に検討していない人にとっては、無駄が多い保険商品となってきます。

さらに、その上で保障内容を妥協してでも保険料を安く考えている人にしか当てはまりません。

保険料を就業不能保険と比較

30歳 40歳 50歳
男性 女性 男性 女性 男性 女性
家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlus 3,660円 2,710円 4,870円 3,480円 6,180円 4,170円
アクサダイレクト「働けないときの安心」 2,370円 1,990円 2,890円 2,470円 3,700円 2,920円

家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusの保険料をアクサダイレクトの就業不能保険「働けないときの安心」の保険料とで比較してみました。

上の表を見ると明らかにアクサダイレクトの「働けないときの安心」の保険料が安いことがわかります。

ここまで大きく差が出てしまうと、家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusを選んでしまうとムダな保険料を払ってしまうこととなるため、就業不能をメインで探している人にはおすすめできない商品です。

家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusのメリット

デメリットをいろいろ述べてきましたが、悪いところばかりではないはずですから、家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusのメリットを見ていくことにしましょう。

死亡保険と就業不能保険どちらも加入したい方にとってはお得

30歳 40歳 50歳
男性 女性 男性 女性 男性 女性
家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlus 3,660円 2,710円 4,870円 3,480円 6,180円 4,170円
アクサダイレクト「働けないときの安心」 2,370円 1,990円 2,890円 2,470円 3,700円 2,920円
オリックス「ブリッジ」 1,055円 812円 2,050円 1,338円 4,504円 2,546円
アクサダイレクトとオリックスの合計保険料 3,425円 2,802円 4,940円 3,808円 8,204円 5,466円

上の表は、保険期間・払い込み期間:60歳満了で就業不能給付金が月額:10万円の場合で、保険金額は500万円の設定で比較をしたものです。

家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusは死亡保険と就業不能保険がセットになっていますから、同じ条件で比較するために、アクサダイレクトの就業不能保険「働けないときの安心」とオリックスの死亡保険「ブリッジ」を加算して比べてみました。

家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusの月額保険料と、ブリッジ&働けないときの安心の保険料の合計の月額保険料を比較してみると、家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusの月額保険料の方がほぼ安いことがわかります。

これならば、死亡保険と就業不能保険のどちらも欲しい方にとっては検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusの保障内容

出典:あんしん生命

非喫煙者保険料率 標準保険料率
契約年齢 男性 女性 男性 女性
30歳 5,040円 3,590円 5,785円 4,970円
40歳 6,480円 4,450円 7,395円 5,375円
50歳 7,740円 5,005円 8,700円 5,885円

非喫煙者かどうかは、喫煙の状況に関する告知に加えて、あんしん生命所定の喫煙検査を受けなければなりません。

上の表は「保険料お見積もり・シミュレーション」ページの「給付金支払期間:2年、最低支払保証期間:2年プラン」 の「基本の保障」にあたる保険料となっています。

その他のデメリット

ネット申し込みができない

その他のデメリットとして、この保険は他社のようにネット申込ができない商品となっています。

ですから、保険ショップなどに出向いて対面で申込む必要があります。

ネットで申込みができる簡単さを経験した人には、かなり面倒だと思ってしまうかもしれません。

その他のメリット

保険会社が黒字経営で安心

その他のメリットとしては、保険会社が安定した黒字企業ということ、そして東京海上日動あんしん生命は、東京海上ホールディングスのグループ企業ということもあり、保険会社の評価でもA+の評価を受けています。

これらのことから安心できる企業ということがわかります。

まとめ:[家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlus]評価/口コミ/デメリットを解説!

家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusの評価や口コミ、デメリットを解説してきました。

今回の記事のポイントは、

  • 家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusの良い評価や悪い評価を紹介。
  • 家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusのデメリットは大きい。
  • 家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusのメリットはお得。
  • 家計保障定期保険NEO就業不能保障プランPlusの保障内容や関連記事。

このようにデメリットやメリットもありますが、働けなくなったときに保障や備えがあると、本人も家族も安心できます。

就業不能保険というカテゴリーの商品はわかりにくく、誤解をしやすいと言われています。

ご自分の将来のことですから、営業の人に細かく教えてもらいながら保障内容を決めるという、手間をかける価値は十分にあるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。