三大疾病保険は入るべき?必要性は低いが人によっては必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安い医療保険ランキング

このページをご覧の方は、三大疾病保険に入るべきなのか気になっている方が多いと思います。

三大疾病保険は、急性心筋梗塞、脳卒中、がんの三大疾病を保障する保険です。

もし三大疾病保険に入るべきか判断できる知識がなく、必要だったのに加入していなかったということになると、十分な治療が受けられなかったり、大きな経済的負担を背負ってしまうということになりかねません。

今回は、そんな三大疾病保険に入るべきか判断するために、以下のことを解説します。

  • そもそも三大疾病保険とは?
  • 三大疾病保険の保障内容は?
  • 三大疾病保険の給付条件は?
  • 三大疾病保険は必要?不要?付けた方が良いのはどんな人?

ご自身に最適な保障をつけ後々後悔することがないよう、三大疾病保険に入るべきか判断するために最後までご覧ください。

内容を簡単にいうと

  • 三大疾病保険の給付条件は厳しい
  • 三大疾病保険がおすすめなのは生活習慣や遺伝により三大疾病の心配が高い人、急な出費への備えに不安がある人
  • なんの保険が自分にベストか確かめるには、プロと一緒に複数の保険を比較するのがおすすめ
  • 複数の保険を比較するときは、当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス、ほけんROOM相談室を絶対に使うべき(何回相談しても無料損をするリスクがないため)

  • 三大疾病はがん、急性心筋梗塞、脳卒中をさす。
14
7月

おすすめ!

医療保険おすすめ人気ランキング

当サイトおすすめの医療保険をランキング形式でご紹介しています。年齢・性別・職業別のおすすめランキングも解説しているのでぜひご覧ください。

10 mins ago 580 comments

 

三大疾病保険は入るべき?必要性は低い

三大疾病はかかる可能性が高く、医療費も高額となりやすいことが分かりました。そのため、三大疾病のリスクに備える三大疾病保険は必要な保障であると感じた方も多いかと思います。しかし、実は三大疾病保険の必要性はあまり高いとも言い切れないのです。その理由はどういったところにあるのでしょうか。

そもそも保険とは、毎月保険料を払い、いざという時に保険金等の保障を受けるものです。保障を受ける可能性が低かったり保障内容が十分ではないものに高い保険料を支払うのはもったいないですし、逆に保障を受ける可能性が高かったり保障内容が充実しているのに保険料が安い場合には非常にお得であると判断することができます。

三大疾病保険は、保障を受け取ることのできる給付条件が非常に厳しくなっており、保障を受けられないケースがあるため、あまり必要性が高いとは言い切れないのです。ただし、三大疾病保険の保障内容にはいくつか種類があり、ものによっては検討すべきものもあります。また、家系的に三大疾病が心配な方など、優先的に検討すべき人もいるでしょう。

次項からは、三大疾病保険の給付条件と保障内容について解説していきます。

新キュア:コスパ良く手厚い保障が欲しい人におすすめ

新キュアレディ:女性特有の病気に備えたい方におすすめ

新キュアサポート:持病のある方におすすめ

フレキシィゴールドs:緩和型医療保険の審査に落ちた人におすすめ

必要性が低い理由:医療保険の三大疾病保険の保障は条件が厳しい

三大疾病保険の給付条件は保険会社ごとに異なりますが、ほとんどの場合、該当の疾患にかかり、かつ指定の状態を満たさなければ対象とはなりません。

それぞれの疾患での一般的な給付条件の例を見てみましょう。

がんの場合

がんでは、一般的に保険加入後90日以降に初めて悪性新生物と診断確定された場合に対象となりますが、上皮内新生物や一部の皮膚がん、乳がんなど、種類によっては対象とならない場合があります。同じ保険会社の保険であっても、保障内容によって対象となるがんの定義が異なる場合もあるため注意が必要です。

がんについては、注意が必要な点をまとめると以下のようになります。

  • 加入前および加入後90日以内のがんは対象外
  • 診断の確定していないがん疑いは対象外
  • 上皮内新生物や一部のがんは対象外の場合がある

心筋梗塞の場合

心疾患の場合、多くの保険会社では急性心筋梗塞に限り給付の対象となると定められています。また、それ以外にも『所定の状態になったとき』という文言が条件として記載されている場合が多くあります。『所定の状態』には以下の例のようにいろいろな種類があり、保険会社ごとに異なるため事前によく確認しておく必要があります。

『所定の状態』の例・急性心筋梗塞(保険会社によっては心疾患)の治療を直接の目的として入院を開始したとき

所定の手術を受けたとき

60日以上の労働の制限が必要と認められたとき

20日以上継続して入院したとき

前述の通り虚血性心疾患の平均入院日数は約10日ほどですので、20日以上の入院が給付条件であれば保障を受けられない可能性が高くなりますし、60日以上の労働制限という条件も該当するケースはあまり多くはありません。また反対に、入院の開始など条件を満たしやすい内容となっている場合には、給付額自体が他よりも少なく設定されている場合もあります。

心疾患について注意が必要な点をまとめると以下のようになります。

  • 疾患の定義が保険会社によって異なる
  • 『所定の状態』が条件となっている場合が多い
  • 『所定の状態』を満たさないケースも多い
  • 受給しやすい条件の場合は給付額が少ないこともある

 

脳卒中の場合

脳血管疾患についても、多くの保険会社では脳卒中に限り対象としています。心疾患同様に、『所定の状態』になったときのみ給付対象としている保険会社が多くあります。

『所定の状態』の例・脳卒中(保険会社によっては脳血管疾患)の治療を直接の目的として入院を開始したとき

所定の手術を受けたとき

神経学的後遺症が60日以上継続したと認められたとき

20日以上継続して入院したとき

※神経学的後遺症:身体の麻痺や言語障害など

こちらも心疾患の場合と同様、条件を満たさないケースも多くありますが、そういった場合には給付の対象とならないため、給付金を受け取ることができません。

脳血管疾患について注意が必要な点は、心疾患と同様ですが以下のようになります。

  • 疾患の定義が保険会社によって異なる
  • 『所定の状態』が条件となっている場合が多い
  • 『所定の状態』を満たさないケースも多い
  • 受給しやすい条件の場合は給付額が少ないこともある

三大疾病保険に入るべき人とそうでない人

ここまで、三大疾病保険は給付条件が厳しく、必要性が高いとは言い切れないことについて触れてきました。しかし、一口に『三大疾病保険』と言ってもその種類や保障内容にはバリエーションがあり、ものによっては検討すべきものもあるのです。また、優先的に検討すべき人もいます。

具体的にはこの後詳しくご説明しますが、ポイントを簡単にまとめると以下のようになります。

三大疾病保険のうち、おすすめの保障内容は…入院日数無制限・保険料払込免除

その理由は… コストパフォーマンスを考えるとお得・指定の状態になったときには保障を受けることのメリットが大きい

三大疾病保険をおすすめしたいのはこんな方

家系的に、もしくは生活習慣により、三大疾病の心配が高い方・貯蓄が少ないなど、急な出費への備えに不安がある方

その理由は…三大疾病は家族性や生活習慣が発症や進行に大きく影響を与えるため・三大疾病にかかった場合は、入院費や通院費が高額となることが予想されるため

三大疾病に関する保障には、一般的に次に述べる3種類の保障内容があるのですが、3種のうち診断一時金に関する保障は1000円前後の保険料となるケースが多いようです。それと比較して、入院日数無制限の保障と保険料払込免除の保障はそれぞれ100円前後で付けられることが多く、『特約』ではなく『特則』として主契約にはじめから付帯しているケースもあります。このため、これらは保障内容とのバランスで考えるとコストパフォーマンスの良いものとなっています。(特約の保険料は、加入時点の年齢等によって異なります。)

結論を言うと、生活習慣的や体質的に三大疾病の不安が大きい方は、三大疾病保険に加入すべきです。

三大疾病が必要な人・必要じゃない人はなんとなくわかったけど、加入すべきかどうか自分一人で判断するのは不安・・・という方は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

そもそも三大疾病保険とは?

三大疾病保険に入るべきか判断する助けとして、『三大疾病』とはどんなものを指すのかについてご説明します。

三大疾病とは、日本人の死因の半分以上を占めるがん・心疾患・脳血管疾患を指しますが、三大疾病保険で使われる三大疾病という言葉は、

  • がん(悪性新生物)
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞)

を指していることがほとんどです。

これらはいずれも、食生活の欧米化や生活様式の変化、競争社会によるストレスの増加などの生活習慣がその発症や進行に大きな影響を与えると言われており、働き盛りである30代以降から年齢とともにかかる人が増えてきます。平成26年の厚生労働省の調査では、三大疾病の年齢別の患者数は以下のようになっています。

※平成26年10月の患者調査(厚生労働省)より

(単位:人)

総数 15歳未満 15~24歳 25~34歳 35~44歳 45~54歳 55~64歳 65歳以上
悪性新生物 162万6千 6千 5千 1万4千 6万5千 13万1千 27万0千 113万3千
虚血性心疾患 77万9千 0 0 1千 8千 3万8千 10万4千 62万9千
脳血管疾患 117万9千 0 1千 3千 1万2千 3万7千 11万5千 100万6千

※虚血性心疾患:主に心筋梗塞と狭心症

次に、三大疾病の入院費や退院後の通院の状況を見てみましょう。

※平成28年医療給付実態調査(厚生労働省保険局)より

推計平均入院日数 入院1日当たりの医療費 推計1入院当たり医療費 推計1入院当たり自己負担額(3割) 1年間の平均通院日数 通院1件当たりの医療費 1年間の通院医療費 1年間当たり通院自己負担額(3割)
悪性新生物 20.41日 53,242円 1,086,905円 326,071円 12.46日 50,781円 632,731円 189,819円
虚血性心疾患 10.16日 93,308円 948,179円 284,453円 7.81日 16,981円 132,621円 39,786円
脳血管疾患 65.60日 31,234円 2,048,779円 614,633円 21.00日 15,980円 272,580円 81,774円

 

これら2つの表の結果から、三大疾病は年齢が上がるにつれてかかる可能性が高く入院や通院にかかる費用が高額となりやすい(注)ことが分かります。

(注)健康保険の対象となる医療費には高額療養費制度が適応されるため、実際には自己負担額の上限は1ヶ月10万円弱となるケースが多くなっています。

さらに、脳梗塞の後遺症である身体の麻痺や言語障害のように、その後の生活にも支障をきたすリスクも高くなります。こういった三大疾病によるリスクに備えたい人が入るべきなのが三大疾病保険です。

三大疾病保険の保障内容とは?入るべきかの判断材料に

三大疾病保険に関する特約には、一般に以下のような種類があり、入るべきかの基準になります。

  • 三大疾病診断一時金特約:三大疾病と診断され、所定の状態となった場合に一時金が支払われる
  • 三大疾病入院日数無制限特約:三大疾病による入院の場合は日数無制限(特約によっては上限あり)で入院給付金が受け取れる
  • 三大疾病保険料払込免除特約:三大疾病になった場合、以降の保険料の支払いが免除されるが、保障は変わらず継続される

これらの特約それぞれに、先ほど述べたように給付条件が定められています。主要保険会社の給付条件を比べてみましょう。

※各商品の契約のしおり・約款より抜粋

オリックス生命

「新CURE」

メットライフ生命

「Flexi S」

三井住友海上あいおい生命

「&LIFE新医療保険A(エース)プレミア」

チューリッヒ生命

「終身医療保険プレミアムDX」

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

「新・健康のお守り」

診断一時金 がん※1 悪性新生物
上皮内新生物
心疾患 急性心筋梗塞 ※2
上記以外 ※2
脳血管疾患 脳卒中 ※2
上記以外 ※2
給付制限 1年に1回まで 1年に1回まで、通算で5回まで 1年に1回まで 2年に1回まで 2年に1回まで
入院日数無制限 がん 悪性新生物
上皮内新生物
心疾患 急性心筋梗塞
上記以外
脳血管疾患 脳卒中
上記以外
特記事項 ※3
保険料払込免除 がん 悪性新生物 ※1,4 ※1 ※4,5 ※1 ※4,5
上皮内新生物
心疾患 急性心筋梗塞
上記以外
給付条件 60日以上の労働制限もしくは所定の手術 所定の手術もしくは20日以上の入院 入院 入院 60日以上の労働制限もしくは所定の手術
脳血管疾患 脳卒中
上記以外
給付条件 60日以上の神経学的後遺症もしくは所定の手術 所定の手術もしくは20日以上の入院 入院 入院 60日以上の神経学的後遺症もしくは所定の手術

※1.加入日から90日以内のがんは対象外

※2.所定の手術を受ける、もしくは20日以上の継続入院の場合のみ

※3.この特約による給付日数も主契約の通算給付日数として数えます。主契約の通算限度日数を超えた場合には、特約指定の疾患以外では給付が受けられなくなります。

※4.皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がんは対象外

※5.加入日から90日以内の乳がんは対象外

このように、保険会社ごと、また特約の種類ごとに給付条件等は異なりますので、加入する際にはよく確認しておく必要があります。

三大疾病保険に入るべきかは保障内容と自分の状態を考える必要があります。

14
7月

おすすめ!

医療保険おすすめ人気ランキング

当サイトおすすめの医療保険をランキング形式でご紹介しています。年齢・性別・職業別のおすすめランキングも解説しているのでぜひご覧ください。

10 mins ago 580 comments

まとめ:三大疾病保険は入るべき?必要性は低いが人によってはおすすめ

今回は、三大疾病保険に入るべきなのか、どんな保険なのかについて解説してきました。

三大疾病保険に限らず、医療保険やその特約を検討する際には、保険料や保障内容が気になると思いますが、細かな取り決めなどがたくさんあり、契約関係の書類を見るのが億劫という人も少なくないのではないでしょうか。

三大疾病保険に入りたいと思ったら、複数の保険を比較して自分にあった保険を見つけましょう。

保険を比較する際には、当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

そもそも保険とは、いざという時の備えとして保険料を支払っておくものであり、加入者にとっては損な賭けとも言われています。つまり、高い保険料を払っても結局使わなかったというケースも少なくないということです。保険会社から見れば慈善事業ではありませんので当然と言えば当然なのですが、せっかく加入するならできるだけ損の少ない入り方をしたいものですよね。

三大疾病は、国民病とも言われる日本人にとって非常に関係の高い疾患で、将来的に三大疾病のいずれかにかかる可能性はとても高いとされています。

そのため、しっかり備えておきたいものではありますが、そのために保険料を追加して特約を付けるのか、貯蓄やその疾患専用の保険など別の方法でカバーするのかは、事前によく検討する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。