30代女性・男性おすすめ医療保険ランキング!選び方や女性保険も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安い医療保険ランキング

30代おすすめ医療保険ランキング!30代で医療保険は必要?選び方などを解説

「30代におすすめの医療保険は何か知りたい」

「そもそも30代に医療保険はおすすめなの?」

と気になりますよね。

30代は疾病のリスクが高まる時期で、実際に病気になった場合には大きな負担を強いられることは必須です。

また働き盛りなときでありつつ、支出も多いということから、疾病にかかったときに収入が途絶えてしまうことは大きなリスクとなってしまいます。

また、生命保険文化センターの発表によると、30代で医療保険に加入している人の割合は80%以上にものぼります。

病気になってからでは医療保険に加入できない可能性もあるということを考えると、30代までには医療保険に加入しておきたいところです。

この記事では30代の方に向けて、男女別・独身既婚別におすすめの医療保険について解説します。

自分にベストな30代向け医療保険を確実に知りたいという方は保険のプロに相談しましょう。

当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で、プロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

30代女性におすすめの医療保険ランキング

30代おすすめ医療保険人気ランキングは以下のようになります。

  1. オリックス生命「新キュア・レディ」【30代独身女性におすすめ】
  2. アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」【30代既婚女性におすすめ
  3. ひまわり生命「フェミニーヌ」[30代女性におすすめ]

第1位:オリックス生命「新キュア・レディ」【30代独身女性におすすめ】

30代独身女性におすすめの医療保険は、オリックス生命「新キュア・レディ」です。

30代になると女性特有の病気になる確率は上がってきます。

そういった30代独身女性この「新キュア・レディ」がおすすな理由は、「女性特有の病気に手厚い保障がある」ということです。

以下で紹介するオリックス生命「新キュア」をベースとして女性特有の病気への保障を手厚くした商品となります。

各サイトや雑誌のおすすめランキングでも上位にある商品ですね。

保険料も他の商品と比較して安くなっているため、30代独身女性に人気のおすすめ医療保険です。

詳細は以下の記事をご覧ください。

30代独身女性におすすめのオリックス生命「新キュア・レディ」の評判や口コミ、メリット・デメリットを解説!

第2位:アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」【30代既婚女性におすすめ】

30代既婚女性におすすめする医療保険は、アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」です

先ほども述べたように女性特有の病気である「子宮筋腫」や「乳がん」による入院は30代から多くなります。

また、30代の既婚女性は妊娠・出産を経験する方が多く、入院率は高くなります。

30代後半に妊娠となると高齢出産になるのでより一層医療機関へかかることが多くなるのかもしれません。

そういった30代の既婚女性にこの保険がおすすな理由は、「女性のための保険」に特化していることです。

アフラックという大手の会社であることからの安心感もあるため、30代既婚女性に人気のおすすめ医療保険です。

詳細は以下をご覧ください。

30代既婚女性におすすめのアフラック「ちゃんと応える医療保険レデイースEVER」の評判や口コミ、メリット・デメリットを解説!

第3位:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」【30代女性におすすめ】

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」の口コミ・評判

ご自身に万が一のことがあっても死亡保障があるため、残された家族に保険金を残すことができるため、小さいお子さんがいらっしゃることが多い30代女性におすすめです。

以下、フェミニーヌ加入者の口コミをまとめました。

「一番いいプランで3年ごとに15万円の生存給付金がもらえるというのが目につきました。私は貯金が苦手なのでそれが決めてで加入しました。」

貯金をしようと思っても「今月は一万円浮いたから貯金しよう」という方法ではなかなか予定通りに貯まりません。一番効率的に貯金ができるのは天引きすることです。

その点「フェミニーヌ」は平たく言えば月々の保険料に天引き貯金額が含まれている仕組みです。そのためとても簡単に貯金ができ、その上3年ごとに満期になって還元されるのはうれしいシステムと言えます。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」の口コミ・評判

30代男性におすすめな医療保険ランキングベスト3w

第1位:オリックス生命「新キュア」【30代男性全般におすすめ】

30代男性に最もおすすめな医療保険ランキング第1位はオリックス生命の「新キュア」です

新キュアに関する詳しい保障内容や口コミを知りたい!という方は以下の記事をご覧ください。

【新キュア】デメリット/評判/口コミを解説!オリックス生命新キュアの実力は?

第2位:メットライフ生命「フレキシィS」[30代独身男性におすすめ]

30代男性に最もおすすめな医療保険ランキング第2位はメットライフ生命の「フレキシィS」です

フレキシィSに関する詳しい保障内容や口コミを知りたい!という方は以下の記事をご覧ください。

[フレキシィS]評判/デメリット/保険料を解説!メットライフ生命の医療保険の実力は?

第3位:はなさく生命「はなさく医療」【30代既婚男性におすすめ】

30代男性に最もおすすめな医療保険ランキング第3位ははなさく生命の「はなさく医療」です

はなさく医療に関する詳しい保障内容や口コミを知りたい!という方は以下の記事をご覧ください。

はなさく生命「はなさく医療」の保障内容・評判を徹底解説![最高の医療保険!?]

ランキングをみたけど、他の保険も比較してどの保険に入るか決めたい!という方は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で、プロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

30代で医療保険がおすすめ・必要な人

ここでは、30代で医療保険がおすすめな人・必要な人を解説します。

30代というと、まだまだ若く病気とは無縁であると考える方もいらっしゃる一方で、そろそろ病気に備えたいと考える方もいらっしゃると思います。

30代で医療保険に未加入という方は検討する余地があるでしょう。

30代で医療保険加入がおすすめな理由①病気・入院の費用が大きくなる可能性がある

30代の医療保険の必要性の1つ目は、病気・入院の費用が大きくなる可能性がある事です。

病気で入院となった場合、入院日数はどれくらいかかるのか表にまとめました。

脳血管疾患 89.5日
高血圧性疾患 60.5日
糖尿病 35.5日
心疾患 20.3日
胃がん 19.3日
乳がん 12.5日
平均 31.9日

病気によって入院日数は様々であり、その平均については31.9日という長期間に渡るため、治療費をはじめ、差額ベッド代や入院時の生活費などにも備える必要性があると言えます。

30代で医療保険加入がおすすめな理由②公的医療保険制度をあてにできない

30代の医療保険の必要性の2つ目は、公的医療保険制度をあてにできないかもしれない事です。

30代は若くないとは言えても、平均寿命から換算した余命は50年程度あると言えることから、今後の長い人生の中で社会の情勢についても変化していくことは間違いないでしょう。

ニュースなどでは少子高齢化が進んでいると報道され、それによって現在の公的医療保険制度は現状のままである可能性は低いと考えられています。

実際に協会けんぽの財政は大きな赤字が発生しており、仮に公的医療保険制度が破綻してしまったときのために備える必要があると言えます。

30代で医療保険加入がおすすめな理由③病気・入院の時の精神的安心が得られる

30代の医療保険の必要性の3つ目は、病気・入院時の精神的安心が得られる事です。

病気による入院が現実となった時、病気そのものの不安はもちろんのこと、金銭的不安も生まれてくることは当然のことです。

先にも述べたように平均の入院日数は約1ヶ月程度と長期間に渡るものであり、仮に医療保険の備えがなく、貯蓄などもなかった場合、そのときの精神的負担はかなり大きなものと言えます。

場合によっては家族や知人に金銭面で頼ることになる場合もあり、そういったことはできるだけ避けたいという人は多いと思います。

そういった事態を避けるためにも医療保険に加入することで治療費や入院費用に備えることができ、精神的負担を減らすことが可能になります。

30代の医療保険の必要性はなんとなくわかったけど、本当に自分に必要なのか疑問・・・という方は、保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

30代で医療保険をおすすめできない・不要な人

病気やケガへの備えが必要となってくる30代ではありますが、必ずしも全員が医療保険への加入に適しているというわけではありません。

保険関係者の中には医療保険には加入すべきではないと主張し続ける人もいます。

以下では30代でも医療保険への加入をおすすめできない、不要であるという主張にはどんな理由があるのか解説していきます。

おすすめできない・不要な理由①入院1日の平均自己負担額は2万円

30代の医療保険をおすすめできない、不要な人の理由の1つ目は入院1日の平均自己負担額は2万円である事です。

一般的に入院時の自己負担費用は公的医療保険制度の適用もあり、1日につき2万円と言われており、その中には治療費・差額ベッド代・食事代が含まれています。

仮に30日の入院をした場合、60万円が必要となりますが、いざというときにこの金額の出費に対応できる貯蓄をできている方であれば医療保険への加入は不要かと思われます。

おすすめできない・不要な理由②貯蓄の方が効率が良い場合がある

30代の医療保険をおすすめできない、不要な人の理由の2つ目は貯蓄の方が効率が良い場合がある事です。

医療保険への加入を検討する際にそもそも自身が将来、必ず病気になるわけではないと思うことはよくある話だと思います。

例えば60歳まで保険料を支払ったけれど、幸いにも病気やケガにかかることもなく、掛け捨ての保険料を支払っただけだったというケースもあるかもしれません。

仮に月々、4000円の保険商品に加入し、30年間支払った場合の保険料の総額は144万円となります。

もし病気にかかったとしても自己負担額が144万円を超えなければ貯蓄のほうが良いという考えることもできます。

おすすめできない・不要な理由③医療保険には支払い限度日数がある

30代の医療保険をおすすめできない、不要な人の理由の3つ目は、医療保険には支払い限度日数がある事です。

医療保険に加入し、病気になり保障を受けることになったとしても、保障には限度日数があり、すべての負担をカバーしてくれるわけではないのです。

一般的な保険商品はかかった治療費を保障するわけはなく、契約に沿った給付金の支払いがあるということを覚えておきたいところです。

30代におすすめの医療保険の種類は?

医療保険には定期医療保険や終身医療保険がありますが、30代女性・男性はどのように加入するのがおすすめなのか気になりますよね。

ここではその方向性を考えて行きましょう。

安い保険料で手厚い保障が欲しい方は定期医療保険がおすすめ

30代で保障に対して割安な保険料で医療保険に加入したい方は、定期医療保険がおすすめです。

30代と言えば人生でもっとも働き盛りとも言えるほどであり、収入も増えていく一方で支出も多く、できるだけ支出を抑えたいところです。

そういった方にとっては低額な保険料で大きな保障を備えることができる定期医療保険がおすすめです。

30代というと生活面での変動も大きいことから、一旦は定期医療保険で大きく備え、落ち着いてから自身に再度、自身に合った保険を考えるということもできます。

物価上昇のリスクを考慮されている方も、定期医療保険では現状の医療に沿った保障内容で年齢と物価に合った医療保険に計画を変更していくことも可能です。

老後の医療保障と老後資金が欲しい方は終身医療保険がおすすめ

30代の時点で、老後のことを考えたいという方は、終身医療保険がおすすめです。

老後に心配になるのは、疾病のリスクが高いという見解から、医療費負担にどのように備えるかというポイントです。

基本的な保障があることと、医療費に充てることができる貯蓄があること、どちらも必要であるという方には2種類の終身医療保険に加入することをおすすめいたします。

老後の心配となるのは、現在も不安視されている社会保障の今後であり、公的医療保険制度が現状のままで継続されるのかという点をまず念頭に入れましょう。

加入するのは60歳払いなどの短期間払込型の終身医療保険と、所定の期間に保険料が還付される還付金型の秋霖医療保険です。

公的医療保険制度が現代の水準を保っていた場合、公的医療保険と短期払込型の終身医療保険により、老後の基本的な保障ができあがり、60歳などで還付された保険料を受取り、医療費用の貯蓄として備えることができます。

もしも公的医療保険制度が現代の水準より頼れなくなった場合には、短期払込型の終身医療保険で1つの基本保障ができ、還付金型の終身医療保険は保険料の還付を受けつつ、加入を継続することで、短期払込型と還付金型の2つの基本保障を保てます。

30代の方の医療保険の平均月額と加入率はどのくらい?

ここまで30代の人気おすすめ医療保険ランキングを紹介してきました。

ではここからは30代の医療保険の考え方についてもっと掘り下げていきましょう。

医療保険の平均月額と入院時自己負担額

各年代の医療保険の平均月額は以下のようになっています。

20代 30代 40代 50代
男性 3,196 3,978 4,038 4,702
女性 3,064 3,976 4,911 3,925
平均 3,130 3,977 4,474 4,313

やはり、30代は20代と比べると病気のリスクが高まるので支払う保険料が高くなっています。

 

次に「30代入院時の平均自己負担額」を見ていきましょう。

直近の入院時の1日あたりの自己負担費用

日額入院費金額 割合
5,000円未満 14.8%
5,000~7,000円未満 7.4%
7,000~10,000円未満 9.3%
10,000~15,000円未満 27.8%
15,000~20,000円未満 5.6%
20,000~30,000円未満 13%
30,000~40,000円未満 7.4%
40,000円以上 14.8%
出典:生命保険文化センター 平成28年度「生活保障に関する調査」

30代の1日あたりの自己負担額は、男性で18649円、女性で23585円となっているというデータもあります。やはり女性の方が病気やケガでの負担額が大きいのですね。

これを全て賄うとなると大変高額になります。

年齢が上がるにつれて自己負担額も増加していく傾向にありますので、このタイミングで医療保険の加入検討と見直しをしておくことが重要になります。

30代の医療保険加入率

医療保険のおすすめを知り、加入の検討まで考えている方は他の30代の方がどのくらい医療保険に加入しているかということも気になるかと思います。

生命保険文化センターの平成28年度「生活保障に関する調査」によると以下のグラフのようになっています。

このグラフを見ると30代の方は非常に多くの方が医療保険に加入していることがわかります。

さらに20代から30代にかけての加入率の変化が非常に大きくなっています。

やはり30代というのはひとつの人生の転換期なのかもしれませんので30代での加入はおすすめだといえます。

 

14
7月

おすすめ!

医療保険おすすめ人気ランキング

当サイトおすすめの医療保険をランキング形式でご紹介しています。年齢・性別・職業別のおすすめランキングも解説しているのでぜひご覧ください。

10 mins ago 580 comments

まとめ:30代で医療保険に入っていない!おすすめ保険商品や必要性

高校生におすすめする医療保険

ここまで30代女性・男性おすすめ医療保険ランキング!選び方や女性保険などについて解説いたしました。

以下に記事のポイントをまとめます。

・病気や入院による費用負担に備える必要がある

・公的医療保険が現在の水準で保たれてない可能性がある

・30代から病気による死亡のリスクが高くなる

・若いうちから医療保険に加入することで保険料の支払い負担が低くなる

・30代は死亡保険の加入も検討した方が良い

30代は忙しい時期でもありますが、それゆえに病気のリスクがあがるため、病気になる前に備えを準備しておくことが大事でしょう。

また今後の人生においても80歳を寿命と考えると50年もの年月があり、公的医療保険制度がどのように変わっていくのかということも肝に銘じておかなければなりません。

30代のうちに必要な備えを準備しておくことで、毎日の生活に安心して望めることから、医療保険の検討をおすすめいたします。

30代向けの医療保険に入りたいと思ったら、複数の保険を比較して自分にあった保険を見つけましょう。

保険を比較する際には、当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。