30代女性・男性おすすめ医療保険ランキング!選び方や女性保険も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安い医療保険ランキング

30代おすすめ医療保険ランキング!30代で医療保険は必要?選び方などを解説

この記事をご覧の方は、30代におすすめの医療保険は何か知りたい、そもそも30代に医療保険はおすすめなのか知りたいという方が多いと思います。

20代と比較し、30代から病気のリスクは上昇することは明らかで、30代というと働き盛りで子育ての真っただ中という方も多いことから、医療保険による備えは検討すべきであると言えます。

14
7月

おすすめ!

医療保険おすすめ人気ランキング

当サイトおすすめの医療保険をランキング形式でご紹介しています。年齢・性別・職業別のおすすめランキングも解説しているのでぜひご覧ください。

10 mins ago 580 comments

この記事では以下のポイントについて解説いたします。

  • 30代おすすめ医療保険人気ランキングはこちら【女性・男性別&独身・既婚】
  • 30代で医療保険がおすすめ・必要な人とは
  • 30代女性・男性の死亡原因一覧!病気は死因の原因として多い?
  • 公的医療保険制度(健康保険)とは?適用範囲を知りたい
  • 30代女性向け:女性保険おすすめランキングをどうぞ
  • 30代でも医療保険をおすすめできない・不要な人がいる
  • 30代で医療保険に加入するメリットとは
  • 30代で医療保険に加入するデメリットは
  • 保険料払込期間はどれにすべきか?終身?60歳払い・65歳払い?
  • 三大疾病特約(特定疾病特約は)は付加した方が良い?
  • 30代の医療保険のおすすめの加入方法とは
  • 30代には生命保険(死亡保険)もおすすめである
  • 生命保険と医療保険をセットで欲しい人におすすめ!オリックス生命「リリーフ・ダブル」
  • 30代の方の医療保険の平均月額と加入率はどのくらいなの?

30代は疾病のリスクが高まる時期で、実際に病気になった場合には大きな負担を強いられることは必須です。

また働き盛りなときでありつつ、支出も多いということから、疾病にかかったときに収入が途絶えてしまうことは大きなリスクとなってしまいます。

30代はまだ若く、それは医療保険に加入するにはチャンスであり、特に大きな病気をしていない方などにとっては、病気になってからでは医療保険に加入できない可能性もあるということを念頭に医療保険の検討をおすすめいたします。

様々な観点から医療保険について解説いたしますので、ぜひ最後までお付き合いください。

自分にベストな30代向け医療保険を確実に知りたいという方は保険のプロに相談しましょう。

当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で、プロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

30代おすすめ医療保険人気ランキング【女性・男性別&独身・既婚】

30代おすすめ医療保険人気ランキングは以下のようになります。

  1. オリックス生命「新キュア・レディ」【30代独身女性におすすめ】
  2. アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」【30代既婚女性におすすめ
  3. オリックス生命「新キュア」【30代独身・既婚男性におすすめ】

第1位:オリックス生命「新キュア・レディ」【30代独身女性におすすめ】

30代独身女性におすすめの医療保険は、オリックス生命「新キュア・レディ」です。

30代になると女性特有の病気になる確率は上がってきます。

そういった30代独身女性この「新キュア・レディ」がおすすな理由は、「女性特有の病気に手厚い保障がある」ということです。

以下で紹介するオリックス生命「新キュア」をベースとして女性特有の病気への保障を手厚くした商品となります。

各サイトや雑誌のおすすめランキングでも上位にある商品ですね。

保険料も他の商品と比較して安くなっているため、30代独身女性に人気のおすすめ医療保険です。

詳細は以下の記事をご覧ください。

30代独身女性におすすめのオリックス生命「新キュア・レディ」の評判や口コミ、メリット・デメリットを解説!

 

第2位:アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」【30代既婚女性におすすめ】

30代既婚女性におすすめする医療保険は、アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」です

先ほども述べたように女性特有の病気である「子宮筋腫」や「乳がん」による入院は30代から多くなります。

また、30代の既婚女性は妊娠・出産を経験する方が多く、入院率は高くなります。

30代後半に妊娠となると高齢出産になるのでより一層医療機関へかかることが多くなるのかもしれません。

そういった30代の既婚女性にこの保険がおすすな理由は、「女性のための保険」に特化していることです。

アフラックという大手の会社であることからの安心感もあるため、30代既婚女性に人気のおすすめ医療保険です。

詳細は以下をご覧ください。

30代既婚女性におすすめのアフラック「ちゃんと応える医療保険レデイースEVER」の評判や口コミ、メリット・デメリットを解説!

第3位:オリックス生命「新キュア」【30代独身・既婚男性におすすめ】

30代独身男性におすすめの医療保険は、オリックス生命「新CURE(キュア)」です。

30代になり、はじめて医療保険の検討を考えるという方も多いかもしれません。

そういった30代の独身男性にこの保険がおすすな理由は、「シンプルでかつ保障が充実している」ということです。

「新キュア」は、30代で初めて医療保険を検討するという方でもわかりやすい非常にシンプルな保険です。

また、この商品は各サイトや雑誌のおすすめランキングでも上位にある商品ですね。

さらに先進医療に対する保障があるというコスパの良さからも30代独身男性に人気のおすすめ医療保険です。

詳細は以下をご覧ください。

30代独身男性におすすめのオリックス生命「新CURE(キュア)」の徹底解説と評判や口コミ

30代におすすめ医療保険の保障内容をシミュレーションして比較

30代おすすめ医療保険ランキング上位3つの保険商品を表にまとめ比較しましたのでご覧ください。

◆性別:女性

◆年齢:32歳

新キュア・レディ(基本プラン)

 

ちゃんと応える医療保険レディースEVER

(通院なしプラン)

新CURE(キュア)

 

月払い保険料 1,944円 2,107円 1,729円
保険期間・保険料払込期間 終身・終身払い 終身・終身払い 終身・終身払い
病気・ケガ入院 1日5,000円 一律2.5万円:5日未満の場合1日5,000円:5日以上の場合 1日5,000円
女性特有の病気がん入院 1日5000円 1日5,000円
手術 入院中:10万円外来:2.5万円

 

重大手術:20万円重大手術以外:5万円

外来手術:2.5万円

入院中:10万円外来:2.5万円

 

先進医療給付金 先進医療にかかる技術料と同額

 

先進医療にかかる技術料と同額

通算2,000万円まで

先進医療にかかる技術料と同額

通算2,000万円まで

先進医療一時金 先進医療給付金の10%相当額
放射線治療給付金 入院しなくても:1回5万円

新キュア・レディについては保障内容が充実しており、保険料もお手頃と言えますし、先進医療一時金については他にはないポイントと言えるでしょう。

ちゃんと応える医療保険レディースEVERは比較的保険料は高いものの、入院給付金は5日未満は一律2.5万円であったり、放射線治療給付金が入院がなくとも対象となっているところが大きなポイントです。

新キュアについてはシンプルな保障内容でわかりやすく、保険料が低額であるところが30代におすすめの医療保険である理由です。

ランキングをみたけど、他の保険も比較してどの保険に入るか決めたい!という方は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で、プロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

30代で医療保険がおすすめ・必要な人

ここでは、30代で医療保険がおすすめな人・必要な人を解説します。

30代というと、まだまだ若く病気とは無縁であると考える方もいらっしゃる一方で、そろそろ病気に備えたいと考える方もいらっしゃると思います。

30代で医療保険に未加入という方は検討する余地があるでしょう。

30代の医療保険の必要性①病気・入院の費用が大きくなる可能性がある

30代の医療保険の必要性の1つ目は、病気・入院の費用が大きくなる可能性がある事です。

病気で入院となった場合、入院日数はどれくらいかかるのか表にまとめました。

脳血管疾患 89.5日
高血圧性疾患 60.5日
糖尿病 35.5日
心疾患 20.3日
胃がん 19.3日
乳がん 12.5日
平均 31.9日

病気によって入院日数は様々であり、その平均については31.9日という長期間に渡るため、治療費をはじめ、差額ベッド代や入院時の生活費などにも備える必要性があると言えます。

30代の医療保険の必要性②公的医療保険制度をあてにできない

30代の医療保険の必要性の2つ目は、公的医療保険制度をあてにできないかもしれない事です。

30代は若くないとは言えても、平均寿命から換算した余命は50年程度あると言えることから、今後の長い人生の中で社会の情勢についても変化していくことは間違いないでしょう。

ニュースなどでは少子高齢化が進んでいると報道され、それによって現在の公的医療保険制度は現状のままである可能性は低いと考えられています。

実際に協会けんぽの財政は大きな赤字が発生しており、仮に公的医療保険制度が破綻してしまったときのために備える必要があると言えます。

30代の医療保険の必要性③病気・入院の時の精神的安心

30代の医療保険の必要性の3つ目は、病気・入院時の精神的安心が得られる事です。

病気による入院が現実となった時、病気そのものの不安はもちろんのこと、金銭的不安も生まれてくることは当然のことです。

先にも述べたように平均の入院日数は約1ヶ月程度と長期間に渡るものであり、仮に医療保険の備えがなく、貯蓄などもなかった場合、そのときの精神的負担はかなり大きなものと言えます。

場合によっては家族や知人に金銭面で頼ることになる場合もあり、そういったことはできるだけ避けたいという人は多いと思います。

そういった事態を避けるためにも医療保険に加入することで治療費や入院費用に備えることができ、精神的負担を減らすことが可能になります。

30代の医療保険の必要性はなんとなくわかったけど、本当に自分に必要なのか疑問・・・という方は、保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

30代女性・男性の死亡原因一覧!病気は死因の原因として多いの?

年齢が高くなるにつれて疾病のリスクは高くなり、30代は若いとは言え、女性・男性ともに20代と比較してリスクは高くなります。

では年齢別の死亡原因と病気の関りはどのようになっているのか下記の表をご覧ください。

◆主となる死亡の原因(男性)

20~24歳 25~29歳 30~34歳 35~39歳 40~44歳 45~49歳
1位 自殺 自殺 自殺 自殺 自殺 悪性新生物(腫瘍)
2位 不慮の事故 不慮の事故 悪性新生物(腫瘍) 悪性新生物(腫瘍) 悪性新生物(腫瘍) 心疾患
3位 悪性新生物(腫瘍) 悪性新生物(腫瘍) 不慮の事故 心疾患 心疾患 自殺

◆主となる死亡の原因(女性)

20~24歳 25~29歳 30~34歳 35~39歳 40~44歳 45~49歳
1位 自殺 自殺 悪性新生物(腫瘍) 悪性新生物(腫瘍) 悪性新生物(腫瘍) 悪性新生物(腫瘍)
2位 悪性新生物(腫瘍) 悪性新生物(腫瘍) 自殺 自殺 自殺 自殺
3位 不慮の事故 不慮の事故 不慮の事故 心疾患 脳血管疾患 脳血管疾患

参考:平成28年人口動態統計月報年計

表でご覧いただくとより浮き彫りになるのは、病気が原因による死亡が30代から高くなっている事実です。

特に女性の場合は悪性新生物による死亡が30代から1位になっており、20代でも2位になっていて、病気にかかるリスクが高いことがまず明らかで、備えが必要であることは明白でしょう。

公的医療保険制度(健康保険)とは?適用範囲は?

わたしたちが風邪などの病気になり治療を受けると、公的医療保険制度(健康保険)の適用範囲なので、病院の窓口での支払い負担は3割で済みます。

健康保険は種類はそれぞれありますが、日本人であれば誰もが加入しているものであり、3割負担の残りの7割は健康保険組合から算出されています。

風邪などの病気のみならず、入院や手術が必要となる病気でも公的医療保険は適用されますし、高額療養費制度といった負担軽減の制度も存在しています。

そうはいっても、公的医療保険が適用されないものもあり、それは差額ベッド代や入院時の食事を始めとした生活費です。

また治療においても、先進医療や自由診療には公的医療保険は適用されないため、高額な治療費を支払えないとなると、治療の選択の幅が狭くなることは明らかです。

公的医療保険制度の高額療養費制度とは?

公的医療保険には高額療養費制度があり、例えば手術などの治療に50万円の費用がかかったとしても、高額療養費制度を利用することで自己負担額が9万円程度などに軽減できる制度です。

年収や年齢などケースによって自己負担額は前後しますが、誰もが利用できる制度です。

とはいえ9万円程度の自己負担や食事代や差額ベッド代、また交通費などは治療の費用ではないため、高額療養費制度は適用されないのです。

民間の医療保険と公的医療保険を組み合わせることで、治療以外の費用のカバーができますし、また先進医療や自由診療といった治療の選択肢を広げることが可能になります。

自営業の方の公的医療保険制度は?会社員とは違うの?

会社員の方と自営業の方での公的医療保険の大きな違いは、就業不能であるときの手当の有無です。

会社員の方ですと、仕事を休まなければいけないほどの病気やケガとなった場合、傷病手当金制度があり、一定の条件に当てはまることで標準報酬月額の2/3の給付を受けることができます。

自営業の方が加入する国民健康保険にはこのような制度がないため、民間の医療保険である就業不能保険や医療保険に加入することで備えることをおすすめします。

公的医療保険制度があるのに、医療保険は必要なの?と疑問に思う方も多いでしょう。もちろん、必要な人と必要でない人がいるのですが、それを判断するには、家族構成、ライフプラン、貯蓄額・・・などあらゆる要素を考慮しなくてはなりません

そのため、自分に医療保険が必要なのか確かめたい人には、保険のプロに相談することをおすすめしています。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのが良いでしょう。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

30代女性向け:女性保険おすすめランキング

女性保険おすすめ人気ランキングは以下になります。

  1. 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」【30代女性におすすめ】
  2. オリックス生命「新キュアレディ(新CURE Lady)」【20代女性におすすめ】
  3. アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」
  4. アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療《女性プラン》」【40代女性におすすめ】
  5. コープ共済「《たすけあい》女性コース」【50代女性におすすめ】

それぞれの口コミ・評判や保障内容の比較をしていきます。

第1位:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」【30代女性におすすめ】

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」の口コミ・評判

ご自身に万が一のことがあっても死亡保障があるため、残された家族に保険金を残すことができるため、小さいお子さんがいらっしゃることが多い30代女性におすすめです。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」の口コミ・評判

「一番いいプランで3年ごとに15万円の生存給付金がもらえるというのが目につきました。私は貯金が苦手なのでそれが決めてで加入しました。」

貯金をしようと思っても「今月は一万円浮いたから貯金しよう」という方法ではなかなか予定通りに貯まりません。一番効率的に貯金ができるのは天引きすることです。

その点「フェミニーヌ」は平たく言えば月々の保険料に天引き貯金額が含まれている仕組みです。そのためとても簡単に貯金ができ、その上3年ごとに満期になって還元されるのはうれしいシステムと言えます。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」の口コミ・評判

第2位:オリックス生命「新キュアレディ(新CURE Lady)」【20代女性におすすめ】

オリックス生命「新キュアレディ(新CURE Lady)」の口コミ・評判

保険料が安く、経済的負担を抑えられる新キュアレディは、給料が少ない方の多い20代女性におすすめです。

終身なので、20代で加入することで一生涯安い保険料で保障を継続することが可能です。

オリックス生命「新キュアレディ(新CURE Lady)」の口コミ・評判

「保険の商品はわかりづらいものが多いですが、新キュア・レディは保険のプランが非常にシンプルでわかりやすいので加入しました。」

オリックス生命「新キュアレディ(新CURE Lady)」の口コミ・評判

第3位:アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」

アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」の口コミ・評判

「子供に入らせていますが、入院前後の通院も保障してくれる点が助かります。少し遠くても良い病院に行きやすくなると思います。」

入院での手術だけでなく、日帰り入院や日帰り手術も保証対象になっているので、安心して医療機関での治療を受けることができます。

また、そのために必要な「通院」においても手厚く保障してもらえることが大きな安心に繋がります。

アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」の口コミ・評判

第4位:アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療《女性プラン》」【40代女性におすすめ】

アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療《女性プラン》の口コミ・評判

大学など、子供の教育費のかかる40代において、短期・長期の入院保障が手厚いのは大きなメリットになるため、40代女性におすすめです。

アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療」の口コミ・評判

「ちょっとした怪我や病気なんかでも相談に乗ってくれるサービスがあり、とても安心です。」

お客様サービスの一つとしてメディカルコールサポート24が用意されているので安心です。24時間365日医師や看護師に相談できます。育児相談もできるのはいざという時も心強いですね

アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療」の口コミ・評判

第5位:コープ共済「《たすけあい》女性コース」【50代女性におすすめ】

コープ共済「《たすけあい》女性コース」の口コミ・評判

コープ共済「《たすけあい》女性コース」は、最低限の掛け金(保険料)で女性に必要な保障を備えることができるため、老後資金を準備したいという50代女性の方におすすめです。

コープ共済「《たすけあい》女性コース」の口コミ・評判

「女性特有の疾患に備えた保障内容なので安心できます。保険料も安かったので加入も簡単でした。」

残念ながらがんの保障では男性・女性とも同一の保障内容ですね。しかしコープ共済「たすけあい」女性コースという商品があり、その中には女性特定病気入院で1日3000円の保障が付いています。女性特有の病気に加え女性に多い病気まで保障しているので万が一の時は安心ですよ。

生協「コープ共済」の口コミ・評判

ランキングをみたけど、他の保険も比較してどの保険に入るか決めたい!という方は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で、プロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

30代で医療保険をおすすめできない・不要な人

病気やケガへの備えが必要となってくる30代ではありますが、その中でも医療保険への加入をおすすめできない、不要であるという人はどんな理由があるのか解説していきます。

おすすめできない・不要な理由①入院1日の平均自己負担額は2万円

30代の医療保険をおすすめできない、不要な人の理由の1つ目は入院1日の平均自己負担額は2万円である事です。

一般的に入院時の自己負担費用は公的医療保険制度の適用もあり、1日につき2万円と言われており、その中には治療費・差額ベッド代・食事代が含まれています。

仮に30日の入院をした場合、60万円が必要となりますが、いざというときにこの金額の出費に対応できる貯蓄をできている方であれば医療保険への加入は不要かと思われます。

おすすめできない・不要な理由②貯蓄の方が効率が良い場合がある

30代の医療保険をおすすめできない、不要な人の理由の2つ目は貯蓄の方が効率が良い場合がある事です。

医療保険への加入を検討する際にそもそも自身が将来、必ず病気になるわけではないと思うことはよくある話だと思います。

例えば60歳まで保険料を支払ったけれど、幸いにも病気やケガにかかることもなく、掛け捨ての保険料を支払っただけだったというケースもあるかもしれません。

仮に月々、4000円の保険商品に加入し、30年間支払った場合の保険料の総額は144万円となります。

もし病気にかかったとしても自己負担額が144万円を超えなければ貯蓄のほうが良いという考えることもできます。

おすすめできない・不要な理由③医療保険には支払い限度日数がある

30代の医療保険をおすすめできない、不要な人の理由の3つ目は、医療保険には支払い限度日数がある事です。

医療保険に加入し、病気になり保障を受けることになったとしても、保障には限度日数があり、すべての負担をカバーしてくれるわけではないのです。

一般的な保険商品はかかった治療費を保障するわけはなく、契約に沿った給付金の支払いがあるということを覚えておきたいところです。

30代で医療保険に加入するメリット

病気のリスクが高まる30代、医療保険に加入する際にメリットがあることで検討を進める材料となるでしょう。

どのようなメリットがあるの見て行きましょう。

30代の医療保険のメリット①安い保険料で加入できる

30代で医療保険に加入するメリットの1つ目は安い保険料で加入できる事です。

保険商品の保険料をシミュレーションするとわかるのですが、加入する年齢が低いほど、月々の支払いは安くなります。

60歳までの支払期間という同じ条件で30歳からと40歳からの支払いを計算した場合も、30歳から支払った方が総額が低いというケースもあります。

また若いうちから加入することで、それだけ保障される期間も広くなるというメリットもあります。

保険料も低額で、保障の期間も広いというのは大きなメリットと言えるでしょう。

30代の医療保険のメリット②加入しやすい

30代で医療保険に加入するメリットの2つ目は加入しやすい事です。

医療保険はCMなどで広く加入者を募集している反面、誰でも加入できるというものではないというのが現実です。

実際に加入する際には健康状態や傷病履歴を告知する必要があり、年齢を重ねるごとに何らかの疾患にかかり、加入の足かせになることもあります。

30代というと一般的に若く、健常であることが多いため、医療保険に加入しやすく、様々な商品から選択することができるというメリットがあります。

30代で医療保険に加入するデメリット

先ほどはメリットを見て行きましたが、30代で医療保険に加入する際にはデメリットも存在します。

メリットとデメリットを知り、医療保険の検討に役立てましょう。

30代の医療保険のデメリット①保障を使わなかった場合損

30代で医療保険に加入するデメリットの1つ目は保障を使わなかったら損であることです。

備えとして加入する医療保険ですが、給付金を得ることなく数十年の保険料を納付するだけとなる可能性も否定できないでしょう。

そうなると支払った保険料が損になるような気持ちも生まれるのは仕方ありませんが、あくまで医療保険は備えでありますし、健康に過ごせたということはとても貴重なことです。

30代の医療保険のデメリット②医療の進歩やインフレの影響

30代で医療保険に加入するデメリットの2つ目は医療の進歩やインフレの影響で保険商品の契約が不利になる可能性があることです。

医療保険は現代の医療を参考として設計されており、今後、医学の進歩が進み入院や手術が必要なくなったなどと想定した場合、現在加入している医療保険の保障は適用されない可能性を秘めています。

また物価上昇により、医療費が高騰した場合には、現在加入している医療保険の給付内容では治療費を賄えない可能性もあります。

医療保険には見直しがしやすい定期保険や掛け捨ての保険もありますので、そういったリスクも考えて保険商品を検討すると良いでしょう。

メリット・デメリットをみてみても医療保険が自分に必要なのかわからない!という人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

保険料払込期間はどれにすべき?終身?6065歳?

赤ちゃんの出産を待つ既婚男性

医療保険に加入する際に考慮することの一つとして、終身、60歳払、65歳払など保険料の払込期間があります。

60歳払いや65歳払い、また終身払いなどから選択することが一般的であり、どれを選んでよいのか迷うところではありますが、基本的におすすめなのは終身払いです。

60歳払いや65歳払いは、老後の保険料を設定した期間に支払うので高くなりますが、老後の保険料の負担がなく、保障だけが残っているという安心できる払込方法とも思えます。

しかしながら現在も話題となっているように、古い保険が現在の医療に適合してなく、保障の対象にならないという加入者にとって聞き捨てならない注意喚起が行われています。

終身払いならば保険料は比較的低く、先払いをしていないので、保険の乗り換えもしやすいでしょう。

三大疾病特約(特定疾病特約)の付加はおすすめ

30代の医療保険に三大疾病特約(特定疾病特約)を付加するのはおすすめです。

医療保険でもっとも基本的な入院給付金は保障期間が60日や120日と決まっていますが、3大疾病特約を付加することで該当する疾病にかかったとき、保障期間が無制限になるといったことがあります。

ただ現代の医療では入院日数が短期化の傾向にあるため、どちらかというと3大疾病払込免除特約を検討することをおすすめいたします。

がんリスクに心配のある方は3大疾病払込免除特約を付加することで、がんになったときに払込免除という大きな恩恵を受けることができます。

3大疾病払込免除特約の適用条件には各保険商品により違いがあるので、診断と治療のみで適用されるなど、自身にとって都合のよい保険商品を選ぶことができればよりよいでしょう。

30代の医療保険のおすすめの加入方法

医療保険には定期医療保険や終身医療保険がありますが、30代女性・男性はどのように加入するのがおすすめなのか気になりますよね。

ここではその方向性を考えて行きましょう。

30代で安い保険料で手厚い保障が欲しい方は定期医療保険がおすすめ

30代で保障に対して割安な保険料で医療保険に加入したい方は、定期医療保険がおすすめです。

30代と言えば人生でもっとも働き盛りとも言えるほどであり、収入も増えていく一方で支出も多く、できるだけ支出を抑えたいところです。

そういった方にとっては低額な保険料で大きな保障を備えることができる定期医療保険がおすすめです。

30代というと生活面での変動も大きいことから、一旦は定期医療保険で大きく備え、落ち着いてから自身に再度、自身に合った保険を考えるということもできます。

物価上昇のリスクを考慮されている方も、定期医療保険では現状の医療に沿った保障内容で年齢と物価に合った医療保険に計画を変更していくことも可能です。

30代で老後の医療保障と老後資金が欲しい方は終身医療保険がおすすめ

30代の時点で、老後のことを考えたいという方は、終身医療保険がおすすめです。

老後に心配になるのは、疾病のリスクが高いという見解から、医療費負担にどのように備えるかというポイントです。

基本的な保障があることと、医療費に充てることができる貯蓄があること、どちらも必要であるという方には2種類の終身医療保険に加入することをおすすめいたします。

老後の心配となるのは、現在も不安視されている社会保障の今後であり、公的医療保険制度が現状のままで継続されるのかという点をまず念頭に入れましょう。

加入するのは60歳払いなどの短期間払込型の終身医療保険と、所定の期間に保険料が還付される還付金型の秋霖医療保険です。

公的医療保険制度が現代の水準を保っていた場合、公的医療保険と短期払込型の終身医療保険により、老後の基本的な保障ができあがり、60歳などで還付された保険料を受取り、医療費用の貯蓄として備えることができます。

もしも公的医療保険制度が現代の水準より頼れなくなった場合には、短期払込型の終身医療保険で1つの基本保障ができ、還付金型の終身医療保険は保険料の還付を受けつつ、加入を継続することで、短期払込型と還付金型の2つの基本保障を保てます。

30代には生命保険(死亡保険)もおすすめ

考えたくはありませんが、30代で働き盛りのときに、自身に不幸が起こった場合、生命保険に加入していることで家族に大きな給付金を残したいと思う方は多いと思います。

ここでは30代の方を中心にどのような方に生命保険がおすすめであるのか見て行きましょう。

生命保険がおすすめな人①葬式の費用を用意したい人

生命保険がおすすめな人の特徴の1つ目は、葬式の費用を用意したい人です。

寿命や疾病、不慮の事故などで死亡した際には、ご本人の周囲を取り巻く方々は悲しみつつも、ご本人のために様々な負担を受け入れます。

そういったときに生命保険に加入していることで葬式の費用などを準備することができます。

生命保険がおすすめな人②子供の学費などの教育資金や老後資金を用意したい人

生命保険がおすすめな人の特徴のの2つ目は、子供の学費などの教育資金や老後資金を準備したい人です。

予期しないことにより死亡してしまったとき、残った家族は大きな収入が途絶え、生活に多大な影響を与えることになります。

子どもたちが安心して学業に励むことが出来るように、また残された配偶者が老後も安心して生活ができるようにするためには、生命保険への加入が必要となります。

生命保険と医療保険をセットで欲しい30代におすすめなリリーフダブル

オリックス生命「リリーフ・ダブル」という保険商品があり、こちらはおすすめできる保険商品の一つとなります。

3人に一人はかかると言われている、がんをはじめとした7大疾病に手厚い保障があり、120日の長期間の入院に対応しています。

また死亡保障も備えており、日額10,000円コースの場合には、500万円の給付金という手厚さで、その保障は一生涯となります。

さらに高額になりやすい先進医療についても通算2,000万円まで保障のうえ、先進医療給付金の10%の一時金が受け取れるというのです。

保険料についても一生涯あがらないため、ぜひともご検討してみることをおすすめいたします。

30代既婚男性におすすめのオリックス生命「リリーフダブル」の徹底解説と評判や口コミ

30代の方の医療保険の平均月額と加入率はどのくらい?

ここまで30代の人気おすすめ医療保険ランキングを紹介してきました。

ではここからは30代の医療保険の考え方についてもっと掘り下げていきましょう。

医療保険の平均月額と入院時自己負担額

各年代の医療保険の平均月額は以下のようになっています。

20代 30代 40代 50代
男性 3,196 3,978 4,038 4,702
女性 3,064 3,976 4,911 3,925
平均 3,130 3,977 4,474 4,313

やはり、30代は20代と比べると病気のリスクが高まるので支払う保険料が高くなっています。

 

次に「30代入院時の平均自己負担額」を見ていきましょう。

直近の入院時の1日あたりの自己負担費用

日額入院費金額 割合
5,000円未満 14.8%
5,000~7,000円未満 7.4%
7,000~10,000円未満 9.3%
10,000~15,000円未満 27.8%
15,000~20,000円未満 5.6%
20,000~30,000円未満 13%
30,000~40,000円未満 7.4%
40,000円以上 14.8%
出典:生命保険文化センター 平成28年度「生活保障に関する調査」

30代の1日あたりの自己負担額は、男性で18649円、女性で23585円となっているというデータもあります。やはり女性の方が病気やケガでの負担額が大きいのですね。

これを全て賄うとなると大変高額になります。

年齢が上がるにつれて自己負担額も増加していく傾向にありますので、このタイミングで医療保険の加入検討と見直しをしておくことが重要になります。

30代の医療保険加入率

医療保険のおすすめを知り、加入の検討まで考えている方は他の30代の方がどのくらい医療保険に加入しているかということも気になるかと思います。

生命保険文化センターの平成28年度「生活保障に関する調査」によると以下のグラフのようになっています。

このグラフを見ると30代の方は非常に多くの方が医療保険に加入していることがわかります。

さらに20代から30代にかけての加入率の変化が非常に大きくなっています。

やはり30代というのはひとつの人生の転換期なのかもしれませんので30代での加入はおすすめだといえます。

まとめ:30代で医療保険に入っていない!おすすめ保険商品や必要性

高校生におすすめする医療保険

ここまで30代女性・男性おすすめ医療保険ランキング!選び方や女性保険などについて解説いたしました。

以下に記事のポイントをまとめます。

・病気や入院による費用負担に備える必要がある

・公的医療保険が現在の水準で保たれてない可能性がある

・30代から病気による死亡のリスクが高くなる

・若いうちから医療保険に加入することで保険料の支払い負担が低くなる

・30代は死亡保険の加入も検討した方が良い

30代は忙しい時期でもありますが、それゆえに病気のリスクがあがるため、病気になる前に備えを準備しておくことが大事でしょう。

また今後の人生においても80歳を寿命と考えると50年もの年月があり、公的医療保険制度がどのように変わっていくのかということも肝に銘じておかなければなりません。

30代のうちに必要な備えを準備しておくことで、毎日の生活に安心して望めることから、医療保険の検討をおすすめいたします。

30代向けの医療保険に入りたいと思ったら、複数の保険を比較して自分にあった保険を見つけましょう。

保険を比較する際には、当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。