医療保険に入るのにベストな年齢は?早期加入すべき理由を解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安い医療保険ランキング

医療保険に加入するベストな年齢とは?何歳から入ればいい?

皆さまは医療保険に加入すべき時期がいつなのか迷われていませんか?

「まだ若いからもう少し先に入ればいいかな」
「今まで入院したこともないし今後必要になってから入ればいいかな」
「いまは毎月家計が厳しいしもう少し家計に余裕ができてから入ればいいかな」

このようにいつか医療保険に入ろうと思いつつも、加入を先送りにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

あなたには何の医療保険がベスト?

なんの医療保険が自分にいちばん合っているのかは、正直、豊富な専門知識がないと記事を読んでも判断できません。

3つの質問で簡単に見極めましょう。


実は医療保険は、加入時の年齢別で保険金の掛け金が大きく変化してしまいます。また加入に際して条件が設けられていることが多く、本当に必要になって入りたいときに入れない場合もあるのです。

この記事では、医療保険に加入するベストなタイミングについて、

・もっとも保険料を節約することができる加入時期

・保険の加入時期を考える際に注意すべき加入条件

という点で解説していきたいと思います。

この記事を読んでいただければ、医療保険に入るタイミングに悩んでいる皆様の参考になると思いますので、最後までお付き合いいただければ幸いです。

医療保険は可能な限り早い年齢での加入がおすすめ

まず結論としましては、もし医療保険に入るタイミングについて迷われているのであれば、「可能な限り早い年齢のうちに医療保険に加入すべき」です。

その理由としては、大きくは費用面と加入条件があります。可能な限り早い年齢のうちに医療保険に加入することで、費用面でもっとも有利に医療保険に加入することができるのとともに、医療保険に入るための健康面等の加入条件についてもクリアしやすくなります。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

理由①:医療保険の保険料(金額)は年齢に応じて上がるので、負担が軽くなる

医療保険は、年齢に応じて負担する保険料が上がる仕組みになっています。一度加入すると生涯支払いを続けていくことから、保険の金額(負担)が上がることは生涯の負担額が大幅に増えることにつながります。

医療保険の金額が年齢に応じて上がる理由

医療保険の金額(負担)は、その人がどの程度病気のリスクを負っているかによって決まります。一般的に年齢を重ねるごとに病気にかかるリスクは増加していきますので、年齢別に病気にかかるリスクに応じた金銭面の負担が求められるように医療保険の制度ができているのです。

そのため、年齢の若い人と比較して高齢の方は相対的に医療保険の金額が高くなります。もちろん健康な方の保険料が若干ですが安くなるような仕組みが設けられているところもありますが、基本的には年齢が上がれば上がるほど医療保険の金額は高くなっていくと考えておきましょう。

終身の医療保険の場合

終身医療保険は、生涯医療保障を受けられる保険であり、原則として一度加入した後は月々の金額は生涯変わりません。

終身医療保険の月々の金額は前述したとおり若い人ほど安くなるため、できる限り早く保険に加入することが医療保険の金額の軽減につながります。

それでは、月々の保険の金額が上がったとしても、病気のリスクが高くなる年齢になってから加入したほうが得になるのではないかと思われる方もいると思います。しかし、答えはNOです。

なぜなら、年齢が若い人ほど保険料の値段(負担)が低いため、例え長期間保険料の支払ったとしても、高齢になってから高い保険料で加入した人より、保険料の総支払額が安く済むためです。

例えば、オリックス生命の終身医療保険である「新キュア」を対象に加入時の年齢別の医療保険の総支払額を試算したものが下記の図になります。なお、総支払額は男女別の平均余命から計算しています。

男性 女性
月々の保険料 生涯の保険料 月々の保険料 生涯の保険料
20歳で加入 1,152円 844,508円 1,385円 1,117,861円
30歳で加入 1,531円 938,625円 1,683円 1,156,422円
50歳で加入 3,165円 1,180,798円 2,697円 1,205,882円
60歳で加入 4,588円 1,161,131円 3,801円 1,243,383円

いかがでしょうか?

20歳で加入した場合と60歳で加入した場合の医療保険の総支払い金額は、男性で1.4倍、女性でも1.1倍と高齢になるほど高くなっていきます。医療保険の保障期間は20歳と60歳で3倍近く差があるにもかかわらず、若いうちに保険に加入したほうが一生涯で見ると費用の節約になることがわかります。

定期の医療保険の場合

定期保険は、医療補償が一生涯続く終身保険と違い、保障期間に限りがあります。保障期間の間は保険金は定額ですが、期限が終われば更新となり保険料が上がる仕組みになっています。

更新のたびに保険金額が上がっていくことから、一生涯の保険ではなく働き盛りの時期などの一時的な医療保障の上乗せと考えておくべきでしょう。

 

理由②:医療保険には年齢制限などの加入条件がある

 

医療保険には加入条件があることはご存知でしょうか?

いざ医療保険が必要になって加入しようとしたときに条件に引っかかって入れなかったというのは洒落になりません。多くの加入条件は年齢が上がれば上がるほど引っかかりやすくなるものが多いです。そのため、よく「医療保険へは若いうちに入っておいたほうがよい」と言われるのは、先ほどの保険料だけではなく、そもそも保険自体に加入できなくなるリスクがあるからという点を忘れてはいけません。

一般的な加入条件としては、下記のものがあります。

①年齢

医療保険への加入時の年齢の制限です。多くの保険が60歳から80歳に加入制限を設けており、この年齢を超えると医療保険に加入できなくなります。

②健康リスク

「持病を患われていたり、病気療養中の場合」の場合は、医療保険に加入できないとされていることが多いです。

医療保険の加入条件はいかがでしたでしょうか?

特に、②の健康リスクについては、年齢が上がるほど持病や病気療養のリスクは多くなりますので、いざ病気にかかって医療保険の大切さを認識した時に「医療保険に入れなくなっていた」という笑えない状態にならないためにも、医療保険への早期加入を考えることが重要です。

これらの内容を理解した上で、「ちょっと気になるな」「医療保険に加入してみようかな」と思った方はまず無料の保険相談をすることがおすすめです。

「保険」というワードに「無料」というワードがくっつくとなんとなく怪しいなと思ってしまう方もいるかもしれませんが、ここで紹介する専門家は保険会社から手数料を受け取ることで相談に乗ってくれるという仕組みになっています。

例えば借りる家を探すときにアパマンショップやエイブルなどで相談しますよね?

これらの会社は同様に、顧客が契約したら手数料をもらう形で収益をあげています。こちらの保険相談も全く同じ仕組みです。

有料の保険相談と比較して質が落ちるということは絶対にありませんし、全く怪しいものではありません。

これまでこの保険相談利用した方の感想を聞いても保険への加入を無理に勧められることはなく、親身になって相談に乗っていただいたという声を数多くいただいております。

ジムやマッサージの無料体験に申し込むような軽い気持ちで1度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

参考:医療保険の加入年齢に応じた注意点

医療保険での保険年齢の考え方

ここまで年齢が上がるにつれて医療保険の金額(負担)が増えるということを説明してきました。「次の誕生日が来る前までに医療保険への加入を考えなきゃいけない」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

ここで一点注意しておかなければならないことがあります。

それは「保険年齢」についてです。

保険年齢は保険料を決める年齢のことで、実際のあなたの年齢とは違う場合があります。

例えば、明治安田生命の終身保険パイオニアEでは、保険年齢が下記の通り設定されています。

「契約日における被保険者の年齢を満年齢で計算し、1年未満の端数については、6ヵ月以下は切り捨て、6ヵ月超は切り上げます。たとえば、満40歳7ヵ月の場合は、41歳になります。」

終身保険については、医療保険に加入後は一生涯付き合っていくものですから、月々わずか100円の差でも1年で1200円、10年で12,000円、50年では6万円の差になります。

医療保険への高齢での加入

医療保険は高齢になればなるほど保険の金額(負担)は大きくなります。

かといって医療保険への切迫性があるのも高齢になってからですので、医療保険への高齢での加入を考える際には、月々の保険金額と医療保障の内容をしっかりと吟味し、ご自身の健康状態などの加入条件や保険加入の年齢制限を踏まえながら、普段の家計を保険料で圧迫しないように家計とのバランスの取れた医療保険を選ぶことが大切です。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

医療保険に加入するベストな年齢とは?のまとめ

本記事では、医療保険について、できる限り若い間に加入することが保険に関する費用の節約につながるとともに、高齢になれば様々な加入条件の制約から医療保険自体に加入できなくなるリスクがあることから、医療保険には可能な限り早く加入すべきであることを解説してきました。

医療保険は、病気による入院や通院など誰しもが人生のいつどこで直面するかわからないリスクに備えるためのものであり、いつか自分が病気のリスクに直面した時に医療保険に入っておくべきだったと後悔しないよう、今一度このタイミングでご自身の医療保険について考えてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。