プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の口コミとデメリットを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の3つの特徴

プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」に関する特に優れたポイント3つをご紹介します。

  • 一時金として受け取る金額を決めることができる
  • 継続入院給付金の有無を決めることができる
  • 手術給付金の有無を決めることができる

外資系保険会社のプルデンシャル生命は「医療保険に全く力を入れていない保険会社」として知られていますが、医療保険の取り扱いがゼロという訳ではありません。しかし、プルデンシャル生命で取り扱いのある「解約返戻金抑制型入院保険」は、一般的な保険会社にはない上記の特徴があることが魅力の1つだといえます。

しかし、一般的な保険会社と大きな違いがあるプルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」ですが

  • 加入者の評判や評価はどの程度なの?
  • 加入者の口コミは?
  • 本当にこの保険に加入して安心なの?

と考える方が多いのではないでしょうか。

そこで、こちらの記事ではプルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」に関する簡単な商品概要と、そこから見えてくる商品の徹底分析、メリットとデメリット、評判と評価、口コミについて詳しく解説していきます。

こちらの記事をお読みいただければ、プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」が加入すべき商品なのか、この保険を選んで間違いないのかを考えるに当たり大変役立つかと思います。

ぜひ最後までお読みください。

内容を簡単にいうと

  • 解約返戻金抑制型入院保険は一時金の支払いがスムーズなことで評判が良い
  • 解約返戻金抑制型入院保険のデメリットは、営業マンがしつこいことや手術費用が保障されないことなど
  • 解約返戻金抑制型入院保険のメリットは、在宅治療に対応していること
  • 解約返戻金抑制型入院保険は 複数のプランから自分のニーズに合ったものを選びたい人におすすめ
  • 解約返戻金抑制型入院保険が自分にベストか確かめるには、プロと一緒に複数の保険を比較するのがおすすめ
  • 解約返戻金抑制型入院保険を含めて複数の保険を比較するときは、当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス、ほけんROOM相談室を絶対に使うべき(何回相談しても無料損をするリスクがないため)

プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の商品の基本概要

まずは、プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の商品基本概要を見ていきましょう。

プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の商品概要

商品名 解約返戻金抑制型入院保険
引受保険会社 プルデンシャル生命保険
保険期間 終身
加入可能年齢 満35歳~満65歳
主契約
  • 入院一時金(契約内容により異なります)
保険料払込期間 65歳
入院給付金日額 0円または5,000円または10,000円
手術給付金 なし

プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」は独特の内容なので、入院給付金や手術給付金が支払われないことに驚かれる方も多いのではないでしょうか。

次項では、プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の特約についてフォーカスしていきます。

解約返戻金抑制型入院保険の保障内容をみてみたけど他の医療保険と比べてどの部分が良いのかわからないという人もいるでしょう。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の特約について

一般的に医療保険は「主契約+特約」という形が基本的で、特約を付ける自分が思い描く保険にカスタマイズするこができます。

それでは、下記でプルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の特約について詳しく解説していきます。

特約高度障害年金 下記に該当する場合、特約保険期間満了時まで給付金が支払われます。

  • 被保険者が死亡した場合は年金受取人へ特約家族年金
  • 所定の高度障害状態に該当する場合は被保険者へ特約高度障害年金
特約高度障害療養加算年金 所定の高度障害状態になった場合には、特約高度障害年金の年金月額に50%を乗じた金額が支払われます。ただし、被保険者が毎年実施される生存判定日に生存していることが条件です。
受取り方法の選択 下記の方法から受取り方法を選択できます。

  • 全額「年金」で受取り
  • 全額「一時金」で受取り
  • 一部を「一時金」、残りを「年金」で受取り
他の保険種類への変換 所定の期間内に限り、特約の一部または全部をプルデンシャル生命所定の保険種類に変換することができます。

この特約内容1つを見ても他社が提案している内容と全く異なることが分かります。これが特約なのかと驚かれる方も決して少なくありませんが、こういったある種特殊な保険を提案している理由についても後述していきます。

プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」年代別月々の保険料

次にプルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の年代・性別ごとに支払う月々の保険料についてご紹介します。

Ⅰ型 Ⅱ型 Ⅲ型 Ⅰ型 Ⅱ型 Ⅲ型 Ⅰ型 Ⅱ型 Ⅲ型
25歳 35歳 45歳
男性 1,950円 3,096円 1,280円 2,495円 4,062円 1,586円 3,383円 5,600円 2,065円
女性 2,112円 3,374円 1,366円 2,514円 4,176円 1,490円 3,278円 5,630円 1,796円

※保険期間は終身払いの場合

※保険料払込期間は終身

※入院一時金額は10万円

保険料とは年齢が若ければ若いほど安い料金設定にされているのが一般的です。プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の場合はⅢ型として選ぶ場合にはどの年齢で加入しても年に20,000円前後で加入できるのが魅力だということができます。

Ⅰ型やⅡ型の保険料に着目すると、一般的な保険会社と比較すると高い保険料だという印象を受けます。これは「保険業界のベンツ」という異名を持つプルデンシャル生命保険だからこそのステータスでもあるといえる高級保険ともいえます。

では、次項からはプルデンシャル生命保険「解約返戻金抑制型入院保険」のメリットやデメリットについて具体的に見ていきましょう。

プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の特徴から見るメリット・デメリット

簡単に図で表すと以下のようになります。

メリット デメリット
1:ニーズに分けて3つのタイプから選ぶことができる 1:手術費用は自己負担になる
2:所定の病気に罹った際には保険料が免除になる
2:ホームページから保険料の概算や、申し込みができない
3:在宅治療にも対応できる
4:入院一時金を簡単な手続きから受け取れる

 

以下で詳しく説明していきます。

 

メリット①:ニーズに分けて3つのタイプから選ぶことができる

プルデンシャル生命保険「解約返戻金抑制型入院保険」を理解するためには、まずこの保険には3つのタイプがあることを知っておく必要があります。

  • Ⅰ型:入院日額は5,000円で、20日分の入院一時金である10万円が一括で支払われます。
  • Ⅱ型:入院日額は10,000円で、10日分の入院一時金である10万円が一括で支払われます。
  • Ⅲ型:入院日額の設定がなく、入院をすれば入院一時金である10万円が一括で支払われます。

Ⅰ型とⅡ型は入院が長期化した場合、給付待機日数が経過したことが確認されると、入院日数に応じて最大60日まで契約している保障内容の入院給付金が支払われます。そのため、入院が長期化する可能性がある場合にはⅡ型を選択する、短期入院において保障を厚くしたい場合にはⅢ型を選択するなど、個人のニーズによってチョイスすることができます。

 

メリット②:所定の病気に罹った際には保険料が免除になる

契約後に生じた傷害や疾病によってプルデンシャル生命保険所定の高度障害状態に陥った場合、または不慮の事故に由来したと考えられるプルデンシャル生命保険所定の身体障害状態に陥った場合には、それ以降の保険料の払い込みが免除されます。

また、保険料の支払が免除されるだけでなく、一生涯を保障してくれるので非常に安心です。

 

メリット③:在宅治療にも対応できる

退院時に余命半年だと判断され、退院後も病院や診療所以外で症状緩和を目的とした医療を継続して受ける(在宅ホスピスケアなど)場合には、退院後も入院が継続しているものとして保障が継続されるのは、とても安心できる保障だといえます。

ただし、Ⅰ型とⅡ型の場合にはこの扱いは「災害・疾病継続入院給付金の支払日数と通算」され、1入院支払限度の日数分が限度とされています。しかし、プルデンシャル生命保険所定の三大疾病治療が目的である入院の場合には、退院翌日からその日を含めて180日が限度とされています。

 

メリット④:入院一時金を簡単な手続きから受け取れる

給付金を受け取るために大変な労力を必要とする保険会社が多い中、プルデンシャル生命が提供している「入院一時金簡易支払サービス」により、とても簡単な手続きだけ退院を待たずに」一時金を受け取ることができるのも魅力の1つだといえます。

解約返戻金抑制型入院保険のメリットが他の保険と比べてどのくらいすごいのかよくわからない人もいるでしょう。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

デメリット①:手術費用は自己負担になる

プルデンシャル生命の解約返戻金抑制型入院保険の最大のポイントといえるのが、この「手術給付金が支払われない」という点です。また、近年の治療は日帰り入院や日帰り手術が基本となっているので、日帰りでそれらを受けた場合にはプルデンシャル生命の解約返戻金抑制型入院保険では給付金を受け取れない場合も考えられます。

上記の場合に関してはデメリットだと考えられるますが、手術給付金への保障を厚くする婆には、その分だけ保険料の負担が大きくなるということを理解しておく必要があります。

 

デメリット②:ホームページから保険料の概算や、申し込みができない

web上で保険料の計算ができる保険会社が急増している中、プルデンシャル生命はパンフレットはおろかインターネットでの概算や申込みすらできません。それをデメリットだと捉える方が多くいらっしゃることでしょう。

しかし、これはプルデンシャル生命保険の大きな特徴でもある営業スタイルに由来しています。

「保険は自分流にカスタマイズ」というスタイルが主流になりつつありますが、プルデンシャル生命保険は「パッケージ化された保険をカスタマイズするのではなく、1人1人に合わせたオーダーメイドの保険設計」を大切にしています。

オーダーメイドの保険設計は、担当者が契約から保険支払いまで一貫して対応してくれるので、インターネットで申込みができないことが必ずしもデメリットだとは言い切れません。

解約返戻金抑制型入院保険のデメリットが他の保険と比べてどのくらい大きいものなのかよくわからない人もいると思います。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の評判・口コミ

ここまでプルデンシャル生命の「解約返戻金抑制型入院保険」についての商品概要や月々の保険料、メリットやデメリットについて解説していきました。

プルデンシャル生命保険に「保険界のベンツ」という異名が付くほど高いステータスがあるのは、日本の保険会社とは一線を画す営業スタイルにあるためですが、加入を検討している方が気になるのは「実際にこの保険を契約した人の意見はどうなんだろう?」という評判や口コミではないでしょうか。

そこで、ここからはプルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の評判や口コミについて解説していきます。

 

プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の評判・口コミ①

「突然の入院でしたが、迅速な対応ですぐ一時金を受け取ることができ、今後の治療にも安心して臨むことができそうです。

プルデンシャル生命はインターネット申し込みは一切行っておらず、顧客獲得は営業社員の人脈や既存顧客からの紹介がほとんどです。

そのため、何か起こった時の迅速かつ丁寧な対応は間違いなく、多くの加入者が高い評価をしているは、プルデンシャル生命の揺るがない営業スタイルにあるといえるでしょう。

 

プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の評判・口コミ②

「広告宣伝費にお金をかけずに口コミだけで世界にも有数な保険会社なので安心して加入することができました。

日本の生命保険会社の多くはテレビCMや雑誌などを活用して大々的に宣伝をしているので、知名度が高い傾向にあります。しかし、プルデンシャル生命保険はCMなどの宣伝をしていないので、そういった意味では知名度は低く、一般的な浸透率も低いと言わざるを得ません。

しかし、プルデンシャル生命は過去に破綻してきた日本の生命保険会社を吸収し、契約を引き継ぐなどして、加入者を保障してきた会社です。また、ソルベンシー・マージン比率は810.5%で住友生命と同等です。さらに、格付会社の保険財務力格付であるS&PにおいてはA+と格付されているので、保険契約債務を履行する能力が非常に高いといえます。

これらの情報に基づき、プルデンシャル生命は安心して加入できる保険だということができます。

 

プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の評判・口コミ③

「入院の支払通算限度が1095日であることで、安心して入院でき、心配することはありませんでした。

手術給付金がないことがプルデンシャル生命の医療保険の口コミが悪い理由の1つに挙げられますが、このプルデンシャル生命の医療保険は正しく活用すれば、十分に力を発揮してくれる保障です。

その1つが「入院の支払通算限度が1095日」もあるということです。日帰り入院や日帰り手術が主流になっている近年の医療現場においても、入院の長期化を免れない疾病も多くあります。そのような疾病で入院した時こそ、プルデンシャル生命の「解約返戻金抑制型入院保険」の底力を見ることができます。

 

プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の評判・口コミ④

「基本契約に手術給付金がついてないので特約でつけることをおすすめします。」

近年は「災害及び疾病入院給付金、手術給付金」を主契約としている保険が主流とされている中で、手術給付金が主契約に含まれていないことに戸惑う方も少なくありません。

しかし、手術給付金は88種類程度の手術が保障対象とされており、治療目的ではないレーシック手術や美容整形手術、正常分娩に伴う手術、先進医療に含まれる手術は対象外とされているのが一般的です。

基本的に手術をすると医療費は必然的に高くなるので、手術給付金を受け取れる特約を付ける方が金銭的には安心できます。しかし、入院日額を上げて手術給付金を受け取ることで金銭的負担が軽減するのではなく、今までに上乗せして支払った保険料が戻ってきたという考え方もできますので、必ずしも手術給付金を特約として付ける必要はないといえます。

解約返戻金抑制型入院保険の口コミを見ましたが、他の保険と比べて良いのでしょうか。

保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

【参考】プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」を他の医療保険商品と比較

ここまでプルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」の評判、メリットやデメリットについて解説きてきましたが

  • 他社の商品はどうなんだろう?
  • 解約返戻金抑制型入院保険と比較してもっと良い商品はないのだろうか?

このように感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで、下記ではプルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」以外で高い評判や評価を得ている保険会社商品の基本情報について比較していきましょう。

プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」 オリックス生命「新キュア」 メットライフ生命「フレキシィS」 三井住友海上あいおい生命「&LIFE新医療保険Aプレミア」
主契約
  • 入院給付金
  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • 放射線治療給付金
  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • 放射線治療給付金
  • 集中治療給付金
入院給付金
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
支払限度日数
  • 60日    
  • 60日
  • 120日    
  • 60日
  • 60日      
月額保険料比較 2,495円 1,531円 1,577円 2,178円

※条件:30歳男性/終身払/入院保障60日

月額の保険料だけにフォーカスすると、プルデンシャル生命は比較的月額保険料が高く設定されているので、他社商品の方がコストパフォーマンスが良いように感じます。しかし、プルデンシャル生命の医療保険は入院日数に関係なく一律で10万円の一時金が支払われるので、月額の高い保険料や不足分などを十分にカバーすることができます。

他の医療保険とも比較してみたい!という方もいると思います。

そんな方は保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

医療保険おすすめ人気ランキング

1位:オリックス生命「新CURE(キュア)」

独自調査によっておすすめランキング1位に輝いたのはオリックス生命の「新CURE(キュア)」です!

保険契約者や保険のプロであるFPからの評判も最高峰にいい商品となります。

このオリックス生命「新キュア」を一言で表すと、「コスパ最強でがんの保障も手厚い」です!

「新キュア」の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。

オリックス生命「新キュア」の徹底分析と評判や口コミ

 

2位:メットライフ生命「フレキシィS」

独自調査によっておすすめランキング2位に輝いたのはメットライフ生命の「フレキシィS」です!

こちらの商品もFPをはじめ、さまざまな雑誌のランキングでも上位に入ることが多い商品ですね。

このメットライフ生命「フレキシィS」を一言で表すと、「保険料と保障内容のバランスが非常にいい」です!

この商品の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。

メットライフ生命「フレキシィS」の徹底分析と評判や口コミ

 

3位:三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険A(エース)プレミア」

独自調査によっておすすめランキング3位に輝いたのは三井住友海上あいおい生命の「&LIFE 新医療保険A(エース)プレミア」です!

この商品の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。

三井住友海上あいおい生命の「&LIFE 新医療保険A(エース)プレミア」の徹底分析と評判や口コミ

医療保険おすすめ人気ランキングの詳細はこちら

医療保険おすすめ人気ランキング

まとめ:プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」はどんな人におすすめ?

ここまでプルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」についての評判や評価、口コミ、メリットやデメリットについて解説してきましたが、これらを踏まえた上でこの商品を特におすすめできるのは下記に該当する方だといえます。

  • ニーズに応じてオーダーメイドの保険に加入したい方
  • 一生涯を保障する終身タイプと一定期間を保障する定期タイプを選びたい方
  • 簡単な手続きで退院前に入院一時金を受け取りたい方

ただし、プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型入院保険」は他社商品と比較すると圧倒的に高額であること、これだけで必要な保障を全て網羅することは難しいと考えられます。

一方で、Ⅲ型は他の医療保険と併用すると、手頃な価格で保障を厚くすることができるので、子育て世代で保険料をあまり捻出できないけれど保障は厚くしたいという方が期間限定で加入されるのが特におすすめだといえます。

解約返戻金抑制型入院保険がおすすめな人はわかったけど、他の商品との比較もしてみたい!という方もいるでしょう。

保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

お子様が成長して経済的負担が軽減した頃を機に、入院日額を10,000円に切り上げるなどして保険内容を見直しながら切り替えていくと、より一層オーダーメイドの保険を作り上げていくことができます。

人生100年時代を迎え、その時々で必要となる保障は全く異なるといえます。その時に必要な保障をきちんと選択できることは、より快適な人生を歩めることに直結しますので、信頼できるライフプランナーに出会えることは、豊かな人生を彩ることができる機会を獲得するともいえるでしょう。

FPの評価
レビューした日
レビューした保険
解約返戻金抑制型入院保険
おすすめ度
31star1star1stargraygray
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。