医療保険の解約で後悔しないために健康状態や給付金の請求もれを確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安い医療保険ランキング

この記事をご覧の方は、医療保険を解約したいけど後悔するかもしれないから迷っているという方が多いでしょう。

勢いで医療保険を解約してしまい、より良い条件の医療保険に加入できなくて後悔してしまうケースというのは多くあります。

もし医療保険を解約する際に気をつけなければいけないことを知らないと、解約してから後悔する確率が高くなってしまいます。

あなたには何の医療保険がベスト?

なんの医療保険が自分にいちばん合っているのかは、正直、豊富な専門知識がないと記事を読んでも判断できません。

3つの質問で簡単に見極めましょう。


そこでこの記事では医療保険の解約で後悔しないために以下のポイントを解説します。

  • 医療保険の解約で後悔しないための注意点を知りたい!
  • 医療保険を解約するのはどういうとき?
  • 医療保険は解約?継続?後悔しないためにはどうしたらいい?
  • 医療保険を解約したくないときの様々な手段

医療保険の解約で気をつけることだけではなく、解約か継続か判断するポイントも解説していますので、あとあと後悔しないためにもぜひ最後までご覧ください。

医療保険の解約で後悔しないための注意点

医療保険の解約で後悔しないための注意点以下の4つになります。

  • 保障の空白期間がないようにする
  • 健康状態が悪化していると新しい保険に乗り換えできない場合がある
  • 解約したら元の契約には戻せない
  • 過去に給付金の請求漏れがないか確認する

医療保険を解約する理由は、いざというときの保険会社のサービスが不満だった、家族構成が大きく変わった、勧誘で仕方なく入ったがやめたくなった、などそれぞれですが、そういった事情でとっさに解約してしまい後々後悔したなどということを避けるためにも、解約時の注意点について理解を深めておきたいものです。

医療保険の解約で後悔しないための注意点①保障の空白期間がないようにする

医療保険の解約で後悔しないための注意点の1つ目は、保障の空白期間の確認です。

医療保険を乗り換える際のタイミングによって保険に加入していない無保険期間が発生する可能性があります。

またガン保険などは加入して初めの3ヶ月は免責期間といい保険が適用されない場合もあります。

この場合の対処法として二重に保険に加入するなどの対策があります。

医療保険の解約で後悔しないための注意点②健康状態の悪化で新しい保険に乗り換えできない

医療保険の解約で後悔しないための注意点の2つ目は、健康状態の確認です。

医療保険の乗り換えを考えているタイミングで何らかの傷病にかかっていたり、薬を処方されているなどの理由で新たな保険に加入できない可能性があります。

また仕事の内容、高齢であるなどの理由で特約を付加できないことや契約自体をできない場合があります。

医療保険の解約で後悔しないための注意点③解約したら元の契約には戻せない

医療保険の解約で後悔しないための注意点の3つ目は、解約したら元の契約に戻せないことです。

医療保険を解約してからまた元の保険に戻すことはできないため、医療保険の解約は慎重に考えるべきです。

例えば30歳の時に加入すれば月額3,000円で契約できた医療保険でも、33歳になると月額3,500円というように支払う保険料は高くなるのが通例です。

またその時点での健康状態も大きく関わってきます。次のプランを決めてから納得できた上で解約することをおすすめします。

医療保険の解約で後悔しないための注意点④過去に給付金の請求漏れがないか確認する

医療保険の解約で後悔しないための注意点の4つ目は、給付金の請求もれです。

医療保険をいざ解約するときは過去に受け取れるはずだった給付金の請求漏れがないことを確認しましょう。

ではどのように請求漏れが発生するのでしょうか。

・死亡保障は請求したが入院、手術の給付金を請求するのを忘れた

いざこういった状況になると冷静でいられないのは仕方ありません。

周囲に相談することでこういった事象を避けることもできるでしょう。

・入院を伴わない手術

治療が早く済むことは良いことです。そこで思わず請求を忘れてしまうこともあります。

手術のみで保険金が給付されるかどうか確認しましょう。

・日帰り入院

宿泊を避けることができ一安心です。そういったときにも請求漏れは避けたいです。

日帰り入院でも保険金を支払う保険は多々あります。

解約後も3年以内であれば保険請求期間であること、被保険者が請求できる状態でない場合の「指定代理請求制度」の有無など、保険会社のガイドラインに目を通すことで請求漏れに対処できます。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

後悔する前に確認したい医療保険を解約する理由

医療保険の見直しや解約のよくある理由を解約で後悔する前に把握しておくと良いでしょう。

  • 医療保険の新商品に魅力を感じた
  • 月々の保険料の支払いが負担に思えてきた
  • 貯蓄や資産ができた

医療が進歩することで入院日数や治療方法が変化します。

それによって病気やケガになったときの費用や必要な保障も自然と変化してくるのです。

保険に加入する人も20歳、30歳と年齢を重ねるごとに必要な保障や生活環境、価値観も変わってきます。

自身が正確な情報を得ることで医療保険を見直したり解約する最適なタイミングを見つけ、後悔する確率を下げることができます。

これらの内容を理解した上で、「ちょっと気になるな」「医療保険に加入してみようかな」と思った方はまず無料の保険相談をすることがおすすめです。

「保険」というワードに「無料」というワードがくっつくとなんとなく怪しいなと思ってしまう方もいるかもしれませんが、ここで紹介する専門家は保険会社から手数料を受け取ることで相談に乗ってくれるという仕組みになっています。

例えば借りる家を探すときにアパマンショップやエイブルなどで相談しますよね?

これらの会社は同様に、顧客が契約したら手数料をもらう形で収益をあげています。こちらの保険相談も全く同じ仕組みです。

有料の保険相談と比較して質が落ちるということは絶対にありませんし、全く怪しいものではありません。

これまでこの保険相談利用した方の感想を聞いても保険への加入を無理に勧められることはなく、親身になって相談に乗っていただいたという声を数多くいただいております。

ジムやマッサージの無料体験に申し込むような軽い気持ちで1度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

医療保険を今解約して後悔しない?継続すべき?

医療保険を今解約して後悔しないか、継続しな方が良いのか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のために、よくある医療保険を解約すべきか悩むケースを取り上げます。

医療保険の解約で後悔しないために、治療時の自己負担額、働けなくなったときの保障、先進医療と自由医療の保障について解説します。

後悔しない医療保険を解約するケース①自己負担額が家計を圧迫する場合

医療保険を後悔しないで解約するために考えなくていけないのは、医療費の自己負担額と保険料の兼ね合いです。

会社員であれば仕事に関連した病気やケガは労災保険が適用されますが自己負担額が0になるわけではありません。

入院時の費用に関するデータなどをあげます。

・1日の入院にかかる自己負担額は平均で19,835円

・1度の入院でかかる平均自己負担額は221,000円

・食事は全国一律で1食460円

・差額ベッド代は大部屋は無料ですが病院によっては4人部屋でも差額ベッド代が発生

・テレビの視聴料、着替えのクリーニング費用など

保険料の支払いが負担なので医療保険を”解約したい”と一時的な気持ちで解約してしまうことのリスクは軽くありません。

医療保険の解約を後悔しないようにいざというときの自己負担額は心得ておきましょう。

後悔しない医療保険を解約するケース②働けない期間の生活費に備えたい場合

病気やケガになったとき、治療が長引いてしまう場合、医療保険を解約していると後悔する可能性が高いです。

働けない状態になってしまったことで当然ではりありますが収入は減少します。

特に自営業やフリーランサーの方々が加入される国民年金は会社員が加入する厚生年金とは違い「傷病手当」がありません。

そのため会社員と比べリスクが大幅にあがります。

そのリスクへの備えが「就業不能保険」です。

60日から180日の期間を継続して就業が不能な状態のとき、契約した給付金額が支払われる医療保険です。

魅力的な保険ですが、注意点があります。

「業種を変えれば就業できるのでは」と保険会社に判断された場合に給付されない保険がある、就業不能と判断された後も保険料の支払いが必要な保険がある、精神疾患を保障する医療保険は少ない、などといったことを考慮する必要があります。

また住宅ローンを組んでいる方や死亡保険に加入されている方は就業不能保険が各種保険とセットになっている場合があります。

加入状況を確認し、保障の重複や過剰な状態をなくすようにしましょう。

後悔しない医療保険を解約するケース③先進医療、自由医療に備えたい場合

医療保険で先進医療、自由診療に備えたい場合でも医療保険を解約してしまうと後悔する確率が高くなります。

先進医療とは厚生労働省が認定する先進的な医療です。

認定はされていますが保険診療ではなく保険診療として適正であるのか評価している途中の医療技術です。

費用においては公的医療保険に該当する治療については3割負担の払い戻しがあります。

反面、先進診療という名目においては全額自己負担となることに加え高額である場合が多いのです。

先進医療を受ける可能性はかなり低いのですが否応にもリスクはあります。

費用面での例をあげますと重量子線治療については1件につき平均300万円を超えます。

陽子線治療についても1件につき平均260万円程度と高額です。

がん治療においてこういった治療が数度繰り返される事例が存在します。

そのため医療保険では一般的に「先進医療特約」という特約を付加できます。

月々わずかな費用で付加できるため費用対効果が優れています。

自由診療とはなんでしょうか。

一般的な保険診療であれば自己負担額は3割となりますが、自由診療では全額自己負担額となります。

厚生労働省が認定していない投薬や治療を実施するためです。

自由診療のメリットは治療の選択肢の幅が広がること、自分の病気や体質に適した治療が受けられること、かつ国外では承認されていて国内では未承認の治療を受けることができることです。

デメリットは公的医療保険が適用されないため高額であること、また全額自己負担となる点であったり、国内未承認の治療であるというリスクも潜在していることです。

例えば「オプジーボ」という薬剤の名前がメディアで取り上げられたことがあります。

価格は1瓶がおよそ13万円、1サイクルの参考価格は約80万円にもなります。

高額な負担の対策はできるのでしょうか。

自由診療に関わる民間の医療保険については治療に要した費用を補填する実額補填型と、治療ごとに一定の金額を保障する定額給付型があります。

また自由診療と言っても通常の民間の医療保険が適用される場合もあります。入院や手術においては適用の範囲内である場合があるので覚えておきたいところです。

後悔しないための医療保険を解約せずに済む方法

後悔しないために、可能であれば医療保険の解約は避けたいものです。

解約をしないで支払いの負担が下がるのであれば検討の余地があります。ここではその手段を解説いたします。

減額

例えば死亡保険金を2,000千万円から1,000千万円に、入院給付日額を10,000円から5,000円に減額することで月々の支払いの負担を抑えられます。

また減額によって解約返戻金を受け取ることが出来る保険の種類もあります。

特約の解約

オプションとしてついている特約のみを解約することで月々の支払いの負担を抑えることもできます。

加入時に勧められ特約をつけてはいたけれど、現在になって必要ないというケースもありますので一度、確認してみるとよいでしょう。

契約者貸付

解約返戻金がついた医療保険で利用できる制度で金融機関よりも低い金利で借り入れができる「契約者貸付制度」というものがあります。

まとまった額を自分が決めた時期に返済するかまたはベーシックに月々返済していくかなど選べることも魅力です。

ただ返済が遅れることで保険を解除または失効される場合があるので内容を保険会社に確認して適切に利用しましょう。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

まとめ:医療保険の解約で後悔しないための注意点

医療保険を解約した時に後悔しないための注意点などについて解説しました。

病気やケガには様々なケースがあり、どんなに気を付けていても避けられない場合があります。

貯蓄や資産状況、職業や家系から見る健康リスク、そこから見えてくる加入すべき特約などから医療保険の構想を組み立てていきましょう。

また保険料の支払いの負担は大なり小なり存在します。

そのため年末調整においての税金の還付制度の利用であったり貯蓄型の保険に加入することで長期的な視野からの倹約が可能です。

解約する場合においては解約手数料は発生しますが違約金という名目では発生しませんので、解約前に保険会社に確認しましょう。

医療保険を解約したいと一時的に思ったときは後悔しないためにも、将来の自分や家族を補助するイメージを持ってより適切な選択を心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。