ネットで申し込める医療保険おすすめランキングと必要性を徹底解説! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安い医療保険ランキング

ネットで申し込める医療保険おすすめランキングを紹介!必要性などの基礎知識も解説!

14
7月

おすすめ!

医療保険おすすめ人気ランキング

当サイトおすすめの医療保険をランキング形式でご紹介しています。年齢・性別・職業別のおすすめランキングも解説しているのでぜひご覧ください。

10 mins ago 580 comments

インターネットが普及してきたことに伴い、ネットで申込ができる医療保険が増えてきています。ネットでの申込は、自分の都合がいい時間に場所を問わずできるので、多忙で時間が取りにくい人でも気軽に行えるのが特徴です。

これまでの医療保険は、保険会社の営業担当の人や窓口の人などと話して、保障内容などを決めることが主流でした。ネットからの申込だと、誰とも話さず手続きができてしまうため、良く分からないまま申し込んでしまうのも不安、と思うことでしょう。また、ネットと対面式とどっちの保険がいいの?両方の違いは?など、まだまだ広く知られているとは言い難い現状もあります。

あなたには何の医療保険がベスト?

なんの医療保険が自分にいちばん合っているのかは、正直、豊富な専門知識がないと記事を読んでも判断できません。

3つの質問で簡単に見極めましょう。


そこで今回の記事は、

・ネットと対面、どっちの保険が安心?

・ネットで申し込める保険のいいところ・悪いところを知りたい!

・保険をネットで申し込みたいけど、分からないことがあったら誰に聞けばいいのかな…

など、ネットで申し込める医療保険について詳しくご紹介します。仕事や子育てに忙しく、窓口に足を運ぶ時間がなかなか取れないという方は、ぜひ参考になさってください。

 

ネットで申し込める医療保険おすすめランキングを発表!

 

ネットから申込ができる医療保険の中で、これはオススメ!という商品を、ランキング形式でご紹介します。

1位「オリックス生命 新キュア」!

「新キュア」の画像検索結果

 

オリックス生命「新キュア」の特徴は、ホームページが大変見やすく作られていて、見ただけで保障内容が理解できるように構成されていることです。

医療保険のホームページは、保険の素人が見ると内容が分かりにくかったり、保障のポイントがどこに書かれているかが見つけにくかったりという意見が出ています。

その点、新キュアは、誰が見ても内容が分かるように書かれているため、加入の検討がしやすく、ホームページで検討した後に即申し込みをする人も増えています。

新キュアの保障内容が分かりやすい理由に、特約が必要最小限にまとまっていることが挙げられます。保険を選ぶとき、どの特約をつけたらいいか迷ってしまった経験はありませんか。特約が細かく分かれていて、自分向けの保険をカスタマイズできる点では嬉しいことですが、保険選びで最も困ることも特約選びなのです。

新キュアの特約は、がん・急性心筋梗塞・脳卒中に関するもの(重度三疾病一時金・がん一時金・がん通院)、退院時の支援一時金、入院時の一時金の計5つのみです。このため、付加するかどうか検討しやすくなります。他の会社では、特約だけで10を超えることも珍しくありません。

さらに、三大疾病や七大生活習慣病にかかったとき、入院保障の期間が延長できる保障は、通常特約として付加するケースがほとんどですが、新キュアは主契約の中に含まれています。これも、特約が少ない理由の一つです。主契約に含まれていれば、加入時に付加し忘れることもないので、万が一の時にしっかり保障を受けられますね。

 

オリックス生命「新キュア」の詳細は以下

オリックス生命「新キュア」の評判やメリット・デメリットを解説!

 

2位「アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの終身医療」!

「アクサ 終身医療」の画像検索結果

 

アクサダイレクト生命の「終身医療」は、数ある保険の中でも保険料が特に安いのが特徴です。これは、主契約が最低限の内容に抑えられており、また解約返戻金がないためです。主契約の保障のみで十分、と感じる人にはとてもお値打ちな保険ですし、もう少し充実させたい場合は特約を付加することで希望の保障内容にカスタマイズできます。

また、特約を付加すると、短期の入院から長期の入院まで幅広くカバーすることが可能です。

そして、保険金の請求から支払いまでの期間が平均2.13日と、迅速な対応を行っていることも、信頼度を高めている大きなポイントです。

ホームページで保険料シミュレーションのページを開き、生年月日と性別を入力すると、希望保障額を順に入力していく画面が出てきます。シンプルに書かれているため、とても見やすいのが特徴です。相談したいことが発生した時は、専任オペレーターに電話で相談することができるため、疑問点を解決した上でネットからの申込ができます。

 

アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療」の詳細は以下

アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療」の評判やメリット・デメリットを解説!

3位「ライフネット生命 新じぶんへの保険」!

「新じぶんへの保険」の画像検索結果

 

ライフネット生命は、テレビCMでも良く見かけるように、店舗を持たずに保険商品を販売しています。以前はネット販売のみでしたが、2016年12月からKDDIと提携して「auの生命ほけん」の販売もしています。

「新じぶんへの保険」は、申込みはネットで完結することができ、ネットが世間に定着している現代に即した保険です。保険金を請求するときも、医師の診断書が原則不要(必要な傷病もあり)で、書類の送付が必要な時も画像のアップロードで対応できるシステムになっています。エコノミーコースとおすすめコースがあり、エコノミーコースは主契約のみの保障です。主契約は、入院給付金と手術給付金のみという大変シンプルな保障内容です。また、日帰りから4泊5日までの入院であれば、一律で5日分の給付金を受け取ることができます。入院給付金は、契約時に自身で選択することが可能です。

おすすめコースでは、主契約に加えてがん治療給付金(上皮内がんは対象外)、先進医療給付金、3大生活習慣病での入院時の支払限度日数が無制限になる保障が追加されます。

また、分からないことがある場合は、電話またはチャットを使って相談できるので、ネット保険だから誰に聞けばいいのか…ということはありません。

残念なのは、がん治療給付金が通算5回までしか受け取れない点です。

 

ライフネット生命「新じぶんへの保険」の詳細は以下

ライフネット生命「新じぶんへの保険」の評判やメリット・デメリットを解説!

 

医療保険はネットと対面のどちらがいいのか?

 

ネット保険とは、保険に加入する際の手続き(資料請求、見積もり、申込みなど)を全てインターネット上で行うことができる保険です。インターネットでの手続きなので、時間や場所を問わず、自宅やカフェなどからも手続き可能です。

ネットから、保険の情報を自分で仕入れて検討材料とする必要があるため、ネット保険の保障内容はシンプルなものが多くなっています。

しかし、対面でない分、分からないことをその都度すぐに質問することが難しくなります。電話やチャットでの相談ができる仕組みは確立されていますが、予め自分でも保険の知識を少しでも身につけておくと安心です。

また、保険金の請求をするときは、電話で手続きをすることができます。条件によっては、電話連絡をせずに、インターネットで書類をダウンロードして手続きできることもありますので、保険会社への確認が必要です。

ネット保険の特徴を、次でもう少し詳しくご説明したいと思います。

 

ネットでの医療保険の特徴

 

1、ネットで手続きが完了できる

ネット保険は、インターネットが繋がる場所であれば、資料請求から見積もり、加入申し込みまでの手続きを、時間や場所を問わず行うことができます。通勤通学の電車の中や、ランチタイムの待ち時間を活用することが可能です。

これまでの医療保険では、加入しようと思った場合は自ら窓口へ出向くか、営業担当の職員の方と会う必要がありました。

しかし、平日は仕事や学校で忙しく、週末も予定が入ることが多いと、会うための時間を作ることが難しい場合があります。

ネットで手続きが全てできるのは、現代人にとって時間を有効活用するための重要なポイントといえます。

2、保障内容がシンプル

ネット保険は、自分でインターネットに書かれている内容を熟読し、理解した上で申し込む必要があります。このため、誰が見ても分かりやすい保障内容になっています。

シンプルであるために、自分が求める保障内容と違っている可能性があります。初めて保険を選ぶ人や、保障内容にこだわりたい人は、しっかり内容を確認して検討する必要があります。

また、ネット保険では、約款もインターネットで閲覧することができます。約款とは、生命保険や医療保険を契約するときに知っておくべき情報が記載されたもので、通常の保険では分厚い冊子が渡されます。普段あまり目にすることがないため、保管場所を忘れてしまうケースもあります。ネットで約款を確認できると、いざという時にすぐ内容が確認できるため、とても便利です。

3、余分なコストがカットされている

ネット保険は、メインの営業ツールをインターネットにすることで、営業マンの人件費を最小限に抑えられています。また、ネット保険の会社は、店舗数もかなり少ないですが、このことで窓口職員の人件費も抑えることができます。

医療保険の保険料は、純保険料と付加保険料に分けられます。純保険料は、金融庁からチェックをうけているため、どの会社でも大差はありません。人件費は付加保険料にあてはまりますが、人件費カットにより付加保険料を削ることで、保険料を大幅に下げることが可能なのです。

 

 

ネットでの医療保険加入のメリット

 

ネット保険の特徴をご紹介してきましたが、メリット・デメリットはどのような点があるのでしょうか。まずはメリットの詳細を見ていきましょう。

ネット医療保険のメリット①:保険料が安い

 

特徴でも少しふれたように、ネット保険は通常の保険と比べて保険料が安く抑えられています。これは、インターネットを使うことで、宣伝費や人件費などを大幅に削減できるからです。

オリックス生命「新キュア」と、アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」を、同じような保障内容で保険料を比較して、ご説明したいと思います。(30歳男性、終身払。どちらも主契約のみ)

新キュア ちゃんと応える医療保険EVER(通院なしプラン)
保障内容 入院給付金日額…5,000円手術給付金…10万円

先進医療特約…あり

(通算2,000万円まで)

 

 

入院給付金日額…5,000円(5日以上の場合。5日未満の場合は、一律2.5万円)

手術給付金…手術の種類により、入院給付金日額の10倍から40倍

放射線治療給付金…1回5万円

保険料 1,531円 1,693円

上の表を見ると、保険料に毎月162円の差額があります。この差額が、何年も積み重なるととても大きな金額になってきます。先進医療特約とと放射線治療給付金の違いはあるものの、新キュアの方が少し保険料が安くなっています。

 

ネット医療保険のメリット②:保障内容がシンプル

 

特徴でも少しお話したように、ネット保険は保障内容が分かりやすく、誰が見ても理解できるよう作られています。

保障内容が複雑だと、ネットに書かれている内容で全てを理解できるかどうかが不透明になってしまいます。ネット保険のメリットである、ネットでの手続き完結を行うためには、内容がシンプルであることが求められます。

営業担当や窓口担当を通さず、保険に詳しくない人でもすぐに分かるようにするために、必要最低限の保障のみを備えている保険が多くなるのです。

ネット医療保険のメリット③:気軽な見積もりが可能

 

ネット保険のページでは、見積もりのページが設けられており、年齢・性別・保障内容・払込年数などに応じて保険料がすぐに試算できる仕組みになっています。保険の営業マンや窓口を通した場合、複数の会社の見積もりをすぐに行うことはできませんが、ネットではそれが簡単にできます。

複数の保険会社を検討していて、それぞれの保障内容や保険料を調べたいと思ったときに、その場ですぐに比較でき、家族や友人などとの保険相談もスムーズに進むことでしょう。自分が納得のいくまで、あらゆるシチュエーションを想定しながらの加入検討が可能になるのです。

 

ネット医療保険のメリット④:保険金の支払いが早い

 

保険を使う事例が発生し、保険金の請求をしたとき、支払いがスピーディーなのも、ネット保険のメリットです。

これは、経費を削減し、業務を効率的に行える仕組みが構築されているからと言えます。

各社のサイトを見てみると、保険金の支払い日数は次のように記載されています。

オリックス生命…書類が到達した翌日から起算して5営業日以内

アクサダイレクト生命…保険金・給付金の請求書類が到着後、原則5営業日以内

ライフネット生命…書類到着から原則5営業日以内

5営業日以内ということは、土日をはさんだとしても、1週間程度で指定口座に振込されることのなります。

一般的な保険会社では、請求から支払いまで1か月近くかかることもありますが、1週間程度で保険金の振込を受けられれば、病院への治療費の支払いに間に合う可能性があり、貯金などからの立替払いをせずに済むかもしれません。

ネットでの医療保険加入のデメリット

 

ネット保険は、メリットばかりではありません。デメリットもあるので、両方をしっかり見極めながら加入を検討することが大切です。ここでデメリットをご紹介したいと思います。

ネット医療保険のデメリット①:保障内容が制限される

 

ネット保険は、内容がシンプルであると同時に、加入できるプランや内容が一般の保険よりも少なく制限されてしまいます。

詳しくご紹介すると、次のような制限があります。

1、選択できる保険の種類・付帯できる特約の種類…複雑な内容の保険や特約は、対面での説明がないと分かりにくいことが多いため、ネット保険では数が制限されてしまう

2、入院給付日額…一般の保険では、1,000円単位で指定できるものもあるが、ネット保険だと5,000円や10,000円など数種類に限られる

3、支払限度日数…ネット保険では、60日型のみになることが多い

4、払込方法…年払や半年払ができず、月払のみになることがある

5、加入できる年齢や保障金額…一般の保険よりも、範囲が狭くなることがある

6、契約者と被保険者の関係…本人確認の観点から、契約者と被保険者が同一でないといけない

(契約者が親、被保険者が子、というパターンを希望する場合は、ネット型ではなく通常の保険に加入する必要がある)

いずれも、顔が見えないネット保険ならではのデメリットと言えます。対面での契約ならば、お互いの反応を確認しながら手続きを進めますが、ネットではそれができません。

より細かいフォローや説明が必要だったり、6のように子どもの保険料を親が払いたいといった場面では、ネット保険では対応することが不可能です。

 

ネット医療保険のデメリット②:審査が比較的厳しめ

 

ネットからの申込みは、対面での申込みよりも加入希望者の情報が少ない状態で、保険会社が審査を行います。判断材料が少なくなるために、審査基準が厳しくなる傾向があります。具体的な審査基準は、どの保険会社も明確に発表していませんが、ネット保険の保障範囲は医師の診査が不要な範囲のため、加入申し込み時に医師の診断書が必要なケースも少数です。

また、健康告知に書き漏れがあった場合でも、対面ならば指摘してもらえる可能性がありますが、ネットでは自分で入力しなくてはいけません。このことも、基準が厳しい一因となっています。

ネット医療保険のデメリット③:自分で保険を選ぶので知識が必要

 

ネット保険が、必要な情報がネットに書かれているとはいえ、専門用語も散見されます。医療保険の知識が全くない状態でネットを見ても、内容が理解できない人もいるでしょう。

ネット保険で保険を決めるには、自分でも保険に関する知識をある程度身につけておかないといけません。

対面での手続きでは、分からないことがあればすぐに目の前の担当者へ質問できます。ネットでも、コールセンターやチャットで質問できるシステムがありますが、すぐに返答が来るかは分かりません。

予め、保険の基礎知識を学んでおくといいでしょう。

 

ネットで医療保険に加入する際の注意点

 

これまで、ネット保険のメリット・デメリットをご紹介しましたが、加入手続きをするときに注意しなければならないことは何でしょうか。

1、記入ミスに気をつける

ネット保険は、キーボードで打ち込んだりタッチ画面で入力したりするので、自筆で書くのと比べて記入ミスが起こりがちです。

記入ミスに気づかないまま提出してしまっても、自己責任となり、後で訂正がきかないばかりか、最悪の場合保険が正しく契約できなくなることもあります。十分気をつけましょう。

2、告知義務違反に気をつける

記入ミス同様、告知義務に該当する項目は漏れのないよう記入する必要があります。告知義務違反があると、保険金が支払われない可能性があるので、正確に入力しなくてはいけません。告知内容によっては、健康診断書のコピーなどの提出を求められることがあるので、保険会社からの指示に従いましょう。

3、保障内容を正確に確認する

保障内容は、加入検討の際に確認しているかと思いますが、いざ加入しようとして内容を見直してみたら、希望する保障が含まれていなかった…というケースが、ネット保険で散見されます。自分ではきちんと確認したつもりでも、それを証明するものがないため、後になって勘違いだったと気づいても、取り返しがつかない結果になってしまいます。

保障内容は、複数ページにわたって記載されていることもあるので、隅から隅まで熟読するつもりで確認しましょう。

 

参考:ネットで医療保険に加入するときは窓口での無料相談を利用しよう!

 

さきほど、ネット保険のデメリットとして、対面でないため自分で保険知識を習得する必要があるとお話ししました。

このデメリットを解消するには、まずネット保険について自分でできる範囲で調べ、分からない事やプロフェッショナルに聞いてみたいことを窓口で質問するという方法があります。

近年、複数の保険会社が扱っている保険を比較し、最適な保険をアドバイスしてくれる無料相談の窓口が増えてきました。この窓口では、もちろんネット保険の相談にのってもらうことが可能です。また、公平な目線でアドバイスしてもらえるので、自分が受けたい保障を伝え、それに沿って窓口で保険を選んでもらうのも選択肢の一つです。

 

まとめ:ネットで申し込める医療保険おすすめランキング!

 

ネットで申し込める保険について、対面式で申し込む保険との違い、メリット・デメリット、加入検討時に注意したいことなどをご紹介してきました。

ネット保険と通常の保険の違いを十分見極めた上で、自分が求める保障を受けられる保険を見つけることが大切ですが、求める保障が何なのかを決めることも難しいかも知れません。

まずは、いろいろな会社のホームページや商品パンフレットを見てみたり、無料相談窓口を利用したりして、生涯設計をイメージしてみましょう。そうすると、きっと必要な保険が見えてくることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。