医療保険の見積もりで確認すべきことは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安い医療保険ランキング

医療保険の見積もりをする際に確認しておいたほうが良いこと

医療保険の加入を検討したい、または医療保険には加入済みだけど保障や月々の支払いは適正なのか、と感じている方々は少なくないと思います。

そう感じておられるように医療保険は日々進化しており、年齢、健康状態、貯蓄、仕事内容、公的医療保険の種類・・・これら様々な条件によってあなたにとっての最適な医療保険が変わってきている可能性が高いのです。

あなたには何の医療保険がベスト?

なんの医療保険が自分にいちばん合っているのかは、正直、豊富な専門知識がないと記事を読んでも判断できません。

3つの質問で簡単に見極めましょう。


そこでこの記事では、医療保険を見積もりする際のポイントを以下の内容を中心に解説していきます。

・医療保険の主な保障の種類を紹介!

・2種類の保険期間とは

・保険料の払い方

・医療保険の選び方は人それぞれ違う?

・医療保険の見積もりに迷う人へアドバイス!

 

医療保険は種類も多く複雑化しておりますが、この記事では一つずつポイントを押さえていって、あらゆる人に最適な医療保険が見つけられるよう、医療保険の見積もりに必要な情報を書いていきます。

「医療保険に入っておけばよかった。」「医療保険の保障内容を変えておけばよかった。」「こんな保障いらないのにずっと払っていたんだ。」といったことがないようにいざというときの必要な保障について考えていきましょう。

ぜひ最後までご一読下さい。

医療保険の見積もりの前に主な保障の種類を把握しておく

まずはあなたにとって必要な保障は何かを考えていきましょう。

保障や特約は数多くありますので一つずつじっくり確認しましょう。

 

・入院保障

一般的に入院は短期化の傾向は示してはいるものの、いざとなったときに多額の費用が必要となることに備える保障です。

入院時は緊急時ですので大部屋を選べないときもあります。大部屋のベッドであれば負担は0ですがそれゆえに人気です。

個室を選ばざるを得ないときは一般的に6000円程度は日額でかかると言われています。

また限度日数も様々設定できます。

統合失調症やアルツハイマー病など入院が長引くケースも考えて保障内容を検討しましょう。

・通院保障

入院の短期化に伴い、通院治療に重きを置かれる傾向があります。

入院前後の通院という条件が一般的で、限度日数もあり設定しなければなりません。

オプションとして追加する保障ではありますが、けがや病気での通院のみでは保障されないので、通院のみでの保障が欲しい場合は”傷害保険”の加入をおすすめします。

がんにかかった患者の平均通院日数が約3年5か月というデータもありますので、参考にしてみてください。

・がんに対する保障

特約として上乗せをする場合や、がん保険という単品商品としてあります。

がん保険は医療保険と比較すると割安な場合が多く、入院限度日数が無制限、抗がん剤治療時に給付金が支払われる、一時金として50~300万円受け取れるなど選択肢も様々あります。

一方医療保険では”がん特約”を付けることで、通常の保障にプラスして手厚くすることができます。

その分保険料は割高にはなりますが、医療保険とがん保険をかけ持ちするよりは費用が抑えられ、余分な保障の重複が避けられのでおすすめです。

・三大疾病に対する保障

がんや脳卒中、急性心筋梗塞と診断されたときに給付を受けられる保障です。

入院日数無制限、以後の保険料の支払い不要、一時金が受け取れるというような内容が一般的です。

主契約に既に盛り込まれていたり、特約として付加するパターンもあります。

・先進医療特約

高額な費用が必要になる先進医療による治療をフォローする特約です。

一時金などではなく治療にかかった費用が支払われるとか上限は2000万円までであるなどが一般的です。

先進医療の実施件数は少ないですが、月100円前後のわずかな費用で上乗せできるというのが特徴ですので加入を検討したい特約です。

・生活習慣病に対する保障

7大疾病、8大疾病を起因とした入院を保障します。

特約として入院給付金や手術給付金を選択する場合が一般的です。

慢性化、長期化しやすく普段からの予防が必要です。

・女性疾病特約

女性特有の病気で入院や治療が必要な場合、受けられる保障です。

公的医療保険や通所の民間医療保険では保障されない治療も保障する手厚いものです。

主契約と特約で構成され、帝王切開なども一般的に対象になります。

・介護状態に対する保障

公的な介護保険とは別に民間の医療保険にも加入できます。

基本的に掛け捨てか積み立てを選びます。また給付については3タイプあり、一時金と年金とその両方を兼ね備えた保障になります。

初期費用が必要なのか、継続費用が必要なのかと考えましょう。

また若いうちから準備できるというメリットもあります。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

2種類の保険期間がある

医療保険には2種類の保険期間があります。”定期型”と”終身型”です。

どちらを選ぶのかというのはご自身の様々な状況によって決まります。

安易に決めてしまうと後々、重大な後悔につながることもあります。

ここでは最適なものを判断できる材料を提供します。メリット、デメリットがどちらにもあるので見ていきましょう。

 

定期型の特徴

 

定期型は保障期間が10年や20年といったように設定されています。例えば10年更新であれば、10年後にはこのような選択肢があります。

・自動更新

・減額更新

・更新しない

保険料は若いうちは安いのですが、更新する度に上がっていきます。

年齢があがるとともに病気やケガのリスクが上がる、そのため保険料があがっていきます。

また病気のリスクも高い50歳を超えることで、大幅に保険料は上がっていきます。

定期保険は貯蓄型終身保険と比較すると、解約返戻金がないために保険料が割安となっているのです。

保険料で節約したい、でも保障はある程度ほしい、という方には検討の余地があります。

また他に良い保障を見つけた時に気軽に乗り換えられることも、定期保険の特徴の一つとなります。

乗り換えと同時に考えたいのが減額更新となります。

マイホームを建ててローンを組んだ、子どもが大学を卒業して仕事を始めて落ち着いてきた、そういったタイミングで医療保険の保障を軽くし、月々の支払いを抑えることも検討しましょう。

 

終身型の特徴

 

同一の保障が一生涯続きます。加入時の年齢によって保険料が設定され、以後、保険料があがることはありません。

解約返戻金がある貯蓄型の商品もあるのですが、そもそも解約を前提として医療保険に加入することは、年齢や健康上の問題でその後の新しい保険への乗り換えが困難になる為、あまりおすすめできません。

ですので解約返戻金が少なくても割安の、定期型ものをおすすめします。

これらの内容を理解した上で、「ちょっと気になるな」「医療保険に加入してみようかな」と思った方はまず無料の保険相談をすることがおすすめです。

「保険」というワードに「無料」というワードがくっつくとなんとなく怪しいなと思ってしまう方もいるかもしれませんが、ここで紹介する専門家は保険会社から手数料を受け取ることで相談に乗ってくれるという仕組みになっています。

例えば借りる家を探すときにアパマンショップやエイブルなどで相談しますよね?

これらの会社は同様に、顧客が契約したら手数料をもらう形で収益をあげています。こちらの保険相談も全く同じ仕組みです。

有料の保険相談と比較して質が落ちるということは絶対にありませんし、全く怪しいものではありません。

これまでこの保険相談利用した方の感想を聞いても保険への加入を無理に勧められることはなく、親身になって相談に乗っていただいたという声を数多くいただいております。

ジムやマッサージの無料体験に申し込むような軽い気持ちで1度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

保険料の払い方

 

老後も保険には入っていたいけど、老後の収入で保険料を支払えるんだろうか、そんな不安に備えて保険料の支払期間を60歳まで、70歳までと設定することができます。

 

しかし、その分月々の支払いは高くなるのが原則です。

自身の貯蓄や職種などの様々な判断材料によって払い方を選びましょう。

また割安に払う方法として、1年に1回まとめ払いをするという方法もあります。

 

医療保険の選び方

医療保険の種類、保険期間、保険を支払う期間を見てきました。では次にどのような組み合わせが最適であるのかを考えていきます。

様々な保険の種類があるということは、様々な状況の人々が世の中にいるためです。

年齢、勤務先、収入、貯蓄額、健康状態などそれぞれを判断材料として考え方を見ていきましょう。

年齢については若年層の場合は、終身型を選ぶことはあえてはおすすめいたしません。

というのも医療保険は将来的により良い商品が提供される可能性が高いからです。

そういったとき、終身型の場合は乗り換えで損をする場合があるということを覚えておきましょう。

 

一方、高齢の方々については終身型がよいでしょう。定期型では10年ごとに更新によって保険料があがってしまいます。

加えて高齢の方々は病気のリスクが高くなります。

病気にかかってしまった場合、定期型だと更新ができず、保険に加入できないという致命的なリスクがあるのです。

 

勤務先と収入については従事する職業で考え方が変わってきます。

会社員や公務員は入院しても収入がありますが、自営業者やフリーランサーは収入が激減する可能性が高いのです。

ですので自営業やフリーランサーの場合、収入保障への加入を考えたいです。

また定期型と終身型をミックスして加入する手段もあります。

終身型に加入しながら定期型は定年とともに解約するという方法もあるのです。

また大きな病気に備えて三大疾病特約や生活習慣病特約を付加することも考慮しましょう。

 

貯蓄があまりない、という方には医療保険の加入を強く勧めます。

いざ、病気になったときに貯蓄も保障もないということになれば大変です。

貯蓄が十分にできている、という方は加入する保障内容を抑えることで保険料は少なく、病気の時は貯蓄と保障で賄うということができます。

 

最後に健康状態について。持病があるというかたは医療保険に入りにくく、選択肢が限らてきます。

緩和型保険も存在しますが、保険料が高いなどのデメリット面も理解したうえで検討しましょう。

医療保険の見積もりに迷う人は?

これまで医療保険の見積もりについてポイントを見てきました。

ご覧になったように様々な保険や様々な状況があることで見積もりは簡単ではないことがわかります。

ですが月々の支払いであったり、何かがあったときの大切な保障ですので焦らないでじっくり考えることを徹底しましょう。

 

とはいえそれでも決断ができないときもあります。

そのときは保険の専門家に相談することもお勧めいたします。

キャンペーンで「今なら保険相談した方にプレゼントをご用意」といったお得な店舗などがあります。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

医療保険の見積もりで確認すべきことは?のまとめ

 

保障の種類、保険期間、保険料の払い方、医療保険の選び方・・・「医療保険」についての見え方が変わったように思えませんか?

一つ一つのポイントをご自身と照らし合わせることで最適な医療保険が見つかるはずです。

今回は医療保険の見積もりについて解説していきました。

最後に、健康に気を配ることも大事なことです。

例えば食生活などで不摂生をすることで病気になってしまうこともあります。

またそのような生活をしていれば出費もかさんでしまい医療保険の加入もためらってしまうかもしれません。

ですので倹約を心がけ、そこに備えとして適切な医療保険の加入をすることが健全な生活を送ることにつながっていくと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。