医療保険の正しい選び方を年齢や条件ごとに徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安い医療保険ランキング

医療保険の正しい選び方とは?

14
7月

おすすめ!

医療保険おすすめ人気ランキング

当サイトおすすめの医療保険をランキング形式でご紹介しています。年齢・性別・職業別のおすすめランキングも解説しているのでぜひご覧ください。

10 mins ago 580 comments

医療保険を選ぶとき、皆様は何を判断して加入していますか。

よく分からないからと、掛け金だけ見て医療保険に加入してしていませんか?

保険担当の人が言うことを鵜呑みにして、内容を聞き流していませんか?

自分で内容を把握せず医療保険に加入してしまうと、必要のない保障をかけてしまったり、思ってた条件と違っていて後で困ってしまうことがあります。

あなたには何の医療保険がベスト?

なんの医療保険が自分にいちばん合っているのかは、正直、豊富な専門知識がないと記事を読んでも判断できません。

3つの質問で簡単に見極めましょう。


この記事では、医療保険の選び方に悩む皆様へ判断のポイントを詳しくお伝えします。

・年代別で選ぶ

・あなたが必要な保障から選ぶ

・特約を考える

以上の3点を抑えれば、あなたが医療保険選びで悩むことはありません。

難しい内容ではございませんので、ぜひ最後までご一読ください。

生命保険全般の選び方については、安易に生命保険に入ってはダメ!損をしない生命保険の選び方の解説も参考にしてください。

年齢別の医療保険の選び方と必要性を解説!

 

【表・グラフ①】

年齢 人 口 一 人 当 た り 国 民 医 療 費 (千円)
20~24歳  83.2
25~29歳  106.8
30~34歳  125.4
35~40歳  139.7
中略 中略
70~74歳  642.5
75~79歳  778.4
80~84歳  920.6
85歳以上 1 063.1

上記の表は、平成23年度と平成28年度の国民別医療費の性、年齢階級、医科診療-歯科診療-薬局調剤別にみた国民医療費・構成割合・人口一人当たり国民医療費からの引用です。

医療費は、20代から50代までゆるやかに上昇していますが、60代を皮切りに大幅に上昇していきます。

若いうちに医療保険に加入することで、将来の保険料を抑えることができます。

しかし、20代から60代まで保険の見直しをしないままだと、必要な保障が得られなかったり、逆に必要ではない保障をつけてしまうこともあります。

ここでは、年代別にどのような医療保険が必要になるかを解説します。

 

20代の医療保険の選び方

 

20代は、働き始めてまだまだ駆け出しの頃です。

病気のリスクも低いために、まだ医療保険に関心のない人も多いと思いますが、来たるべき20代後半から30代を想定して保険に加入することが大切です。

若いうちに医療保険に加入すると、保険料を安く抑えられます。

終身医療では保険料が変わらず、保障が一生涯続くというメリットがあるので、最初から終身保険に加入すると決めている人はこのタイミングでの加入を検討してもいいでしょう。

また終身タイプは万が一解約となった際にも返戻金があるので安心です。

しかし、結婚や出産によりライフスタイルに変化が起きても、保障の見直しがしづらい部分があります。

一方、定期保険は費用がより低額で、種類も豊富というメリットがあります。

収入もまだ少なく、保険料を抑えたい20代にとっては定期掛け捨て型のほうが適しているかもしれません。

しかし、定期型の掛け捨て保険だと、5年や10年という区切りで保障が終了するので、その際は更新が必要になるという欠点もあるので、加入の際は確認しておきましょう。

女性の場合は、出産の際のリスクに備えることも大切です。

帝王切開の際は、入院費や手術代が保障されますので、女性は特に医療保険に加入しておくことをお勧めします。

30代の医療保険の選び方

 

30代になると、結婚や出産でライフスタイルが大きく変化します。

家庭を守る目的と共に働き盛りである男性は、自分に万一のことがあった場合のリスクに備えるために、手厚い保障を選ぶことが大切です。

女性は出産に関連する入院が多くなる時期なので、医療保障の対象内となる帝王切開などの異常分娩に備えるために、医療保険未加入の方は検討すべきです。

そして女性も男性も共通しているのは、自分が亡くなった場合に配偶者や子供の生活を守る備えが必要なことです。

死亡保険の金額は、遺族のために残したい金額、「生活費」「教育費」「住居費」を考えて設定しましょう。

生活費は、自分の死亡後配偶者の収入だけでは足りない分をカバーできるように設定しましょう。

共働きで子供がなしであれば、生活費を考慮する必要はありません。

教育費は、子供の進学をどこまでサポートしたいのかで保障額を決定しましょう。

住居費は、賃貸であれば考慮の必要は無いですが、ローンを組んでいる場合は残りのローンを払えるように組んでいきましょう。

30代のうちに保険を選ぶことで、子育て時期の40代から50代を安心して乗り越えることができます。

40代の医療保険の選び方

 

40代は、職場では責任ある役職を任され始める一方で、子供が大きくなり教育費が増大、またローン返済も30代と変わらず払い続けている時期です。

しかし、加齢による抵抗力の低下などが原因で、健康診断で思わぬ病気が発覚することもあります。

病気になってから医療保険に入ろうとしても、入れる保険が緩和型に限られますので、あらかじめ加入しておきましょう。

リスクに備えつつも、家計に無理のない範囲で保障を付けましょう。

今まで加入していた保険が家計の負担になっていないかの確認も必要です。

またこの時期は、がん保険に加入するかどうかも大切です。

40代になると人間ドックを受ける機会も増え、オプションによるがん検診もお勧めされることがあります。

がんは早期発見できれば、治療や手術により生存率を大きく向上させることができます。

その際の治療費に困ることが無いよう、がん保険、もしくは医療保険のがん特約について考えておくことが大切です。

さらにプラスして、先進医療特約を付けることで治療の選択肢を増やすことも可能です。

50代の医療保険の選び方

 

50代は、子供の独立により教育支出が減り、住宅ローン完済に集中できる時期です。

また、退職後の生活を考え、生活資金の支度を始める時期でもあります。

今まで入っていた医療保険の保障が過大になっていると思われるため、見直しが必要になります。

死亡保障は、子供が独立している場合は、配偶者の生活費、残った住宅ローンの完済ができる範囲で良くなります。

逆に、医療保険は充実させる必要が生じるかもしれません。50代になると、がんの発見による入院や生活習慣病による入院が増大していきます。

がんや生活習慣病は治療期間が長期化し、病院とのお付き合いも一生ものになる可能性があります。

様々な病気をカバーできるように、現在の保障範囲を確認し、不足がある場合は新たな保障に加入することが大切です。

まだ医療保険に加入していない人や、新たな保障を付けたい方は保険料が増える前にここで加入しておく必要があります。

死亡保障が低額になる分、自分の病気への備えをしておきましょう。

60代の医療保険の選び方

 

60代になると、年金の支給が開始されたり、大体の退職金の額がイメージできるようになると思います。

貯蓄や年金で生活費がどこまでカバーできるかを想定したうえで、医療費の負担はどのくらいが適切かを考える必要があります。

高齢者医療制度の整備により、高齢者の医療費負担は3割より低く抑えられています。

さらに、医療費が高額になった場合、所得によって限度額が設定されるため(高額療養費制度)治療費が無限に増えていくことはありません。

しかし、高齢者は抵抗力が衰えることにより病気にかかることが増えます。

加齢による身体機能の衰えによって、骨折などの怪我による入院も想定されます。

入院してからも主傷病以外の合併症が引き起こされる場合があり、思いもよらず医療費が増大することもあります。

そのため、公的医療保障を加味しつつ医療保険によってカバーする範囲を考えていきましょう。

また、受けたい治療が先進医療の場合3割負担ではなく全額自己負担になる場合があります。

自分が受けたい医療によっては、先進医療特約をつけるか検討する必要がありますので注意が必要です。

求める保障から医療保険を選ぶ

 

年齢などのライフステージとは別に、保険の仕組みや加入したい保障により最適な保険を決める方法もあります。

そこで、年齢別とは違った選び方を3つご紹介いたします。

・主契約から選ぶ方法

・支払い方法と保障額から選ぶ方法

・特約から選ぶ方法

年齢別と違い目的別で選ぶため、欲しい保障がはっきりとしていて迷うことが無いと思います。

また、他社の保険と比較するとき、同じような保障を横に並べて比較しやすいというメリットもあります。

それでは、3つのポイントを解説していきますので、もう少しお付き合いください。

医療保険の選び方①:主契約から選ぶ

 

主契約とは、その商品のメインの保障を指します。

例えば、生命保険という商品の主契約は死亡保障で、医療保険という商品の主契約は入院保障です。

主契約には、自己負担分を保障する実費保証型と、入院日数に応じて決まった金額を保障する日額型の2種類の保険があります。

2つを比較して、自分に合ったものを選択しましょう。

実費補償型医療保険の特徴とメリット

 

実費補償型の医療保険は、かかった療費を全て保障してくれる保険です。

限度額の範囲という制限はありますが、入院日数に応じて決まった金額で保障する日額型医療保険と比べると、自己負担分を保障してくれるというのは安心感があります。

しかし、保障が手厚い分保険料が高めに設定してあります。 さらに、実費補償型保障は終身保険タイプではなく定期型になるので、更新の度に保険料が上がっていきます。

新たに加入する際には、家計の出費が多くなる時期に保険料が負担になり解約してしまうことが無いように、保険料の上昇幅を考慮して契約しましょう。

既に加入している保険で保障が不足している場合は、新たな契約を結ぶより後述する特約を増やせばカバーできるので無理をして解約する必要はありません。

日額型医療保険の特徴とメリット

 

日額型医療保険は、条件を満たしたときに決められた日額分の保障がもらえます。

金額は、1日につき5,000円か10,000円のプランが多いです。 ちなみに、入院した際は公的医療保険により入院費の3割が自己負担と決められています。

仮に3割負担でも、入院費用があまりに高額な場合だと高額療養費制度の対象になりますので、あまり怖がる必要はありません。

高額療養費制度を使用する場合、日額医療保険の金額は5,000円で十分と言えます。

しかし、個室ベッドを使用される場合や、3割負担にならない先進医療を行う場合は、公的医療保険の対象外になります。

公的保障の外までしっかり保障したい場合は、10,000円を選択したほうが良いと言えます。

支払限度日数は、平成26年度の平均入院日数は31.9日と発表されているため60日程度で十分だと言えます。

元々体力がある人だと、術後の回復が良いため想定より早く退院できることもあります。

逆に、運動不足や肥満のある方だと術後体力が戻らず、想定より長い入院になることもあります。

もし60日以上の入院になり、自己負担がかさんでしまっても、その分月々の保険料は実費補償型と比べて割安なので、大きく損をすることはないでしょう。

自分の現在の健康状態を考慮して、支払限度日数を調整しましょう。

医療保険の選び方②:支払方法と保障期間から選ぶ

 

保険の選び方には、保険料の支払い方や、保障期間で選ぶ方法があります。

保険料の支払い方は、掛け捨て型か貯蓄型。保障期間ですと、終身型と定期型があります。

どちらもメリットデメリットがあるため、これから先の解説を読んでいただき、自分の好きな方を選択しましょう。

 

掛け捨て型にするか貯蓄型にするか

 

掛け捨て型は、払い込んだ保険料が解約や満期になっても返ってきません。

一見貯蓄型に比べて損しかないように見えますが、保険料が安く、見直しがしやすいというメリットがあります。

後述しますが、貯蓄型は返戻金を積み立てる分保険料が高額になります。 積み立てはいらないから保障だけほしいという場合には掛け捨て型保険はうってつけです。

また、途中で解約してもデメリットが無いので、将来もっと良い保険が出た場合に気兼ねなく変更ができます。

デメリットとしては、保障を使わなければ保険料は一切無駄になる点です。

ただ、保険自体が万が一のための保障として加入するものなので、そこまで気にする必要は無いと思います。

一方貯蓄型は、満期になると返戻金が戻ってきます。

払い込んだ保険料を、返戻金や健康ボーナスとして受け取ることができます。

積み立て型のメリットは、返戻金があるので全く病気をしなくても損することがありません。

また、貯金の積み立てと考えて将来のために加入することも一つの判断ではあります。

デメリットとしては、保険料が高くなることと、返戻金をしっかりもらうことに一定の条件があること、中途解約すると解約返戻金が元本割れすることです。

返戻金は、健康であることや、一定の期間加入していないと受け取れないなど条件があるので加入時に把握しておきましょう。

掛け捨て型も貯蓄型も、どちらも良い面があるので自分の好きな方を選びましょう。

終身と定期のどちらにするか

 

貯蓄型の場合は終身しかありませんが、掛け捨て型の保険を選んだ場合は、終身にするか定期にするかを選べます。

終身保険は、保険料は一定で変わらないうえに、保障は一生涯続くというメリットがあります。

デメリットとしては、見直ししづらくインフレリスクがあるという点です。

一生涯一定の保険料を払い込むことを見据えて保険に加入された場合、途中で解約して新しい保険に加入すると解約後の保険料が高くついてしまうこともあります。

インフレリスクというのは、一生涯保険料を払い込んでいたのにインフレによりお金の価値が変動したため、保障や返戻金をもらう際に損をしてしまうことです。

例えば、過去に商品が100円で購入できていたのに、現在は120円でないと購入できないことがあります。

20円も物の値段が上昇したにも関わらず、保障や返戻金は当時の金額のまましかもらえないとなると損をすることになります。

終身型の保険に加入する際は、インフレリスクに対応可能な商品かどうかを確認しましょう。

定期にした場合は、5年や10年などの限られた期間保障が付き、保険料は比較的安価です。

若いときは保険料が安く、決められた期間が来たら次の保険を検討することも簡単です。

デメリットは、次の保険に加入する際や、そのまま更新をする場合、そのときの年齢で保険料を算出するため保険料が年々上がってしまいます。

どちらも一長一短あるため慎重に選びましょう。

医療保険の選び方③:特約から選ぶ

 

特約とは、メインの契約内容に追加してつける保障です。

もっと分かりやすく言うとオプションで付ける保障です。

そのため、主契約を解消した場合は、特約も解消されてしまいます。

しかし、主契約を2つ持つより主契約+特約の方が安く済むことが多いので、特約のおかげで柔軟な対応が可能です。

以下では4つの特約をピックアップして必要性を解説していきますので、参考にしてみてください。

 

通院特約は付けるべきか

 

【表・グラフ②】

年齢 平成22年 平成19年
9歳以下 194.3 180.4
10~19歳 150.7 135.8
20~29歳 153.3 140.3
30~39歳 203.7 186.6
40~49歳 274.8 253.6
50~59歳 409.5 378.4
60~69歳 569.2 535.5
70~79歳 707.6 667.3
80歳以上 710 662.1

厚生労働省による調査によると、通院治療者の人数は年々上昇しています。

病気の治療も、医療の発達により通院治療で完了するケースが増えています。

しかし、医療保障では手術や入院費をサポートしたとしても、通院治療に関してはサポートされていません。

なので、通院による治療費をカバーするためには通院特約を付ける必要があります。

通院特約は、1つの病気で30日までという制限が多いです。

特約を付ける際は、通算日数の制限が何日かも確認が必要です。

また通院特約は、入院前後の通院を保障するものなので、怪我での通院のみを保障するには「傷害保険」が必要になります。

傷害保険は、慢性の腰痛などの症状ではなく、今すぐ治療が必要な骨折、火傷等の医療費を保障するものです。

最近は病院側も、1カ月以上の長期入院を避けて短期入院と通院で治療を行う方針にシフトしています。

もし余裕があるのであれば、通院への備えをしておく方がベターです。

先進医療特約は付けるべきか

 

先進医療とは、まだ公的保障の対象にならない医療のことを指します。

例えば、がんになった際受けられる放射線治療ですが、近年では重粒子治療が注目されています。

従来の放射線治療では、健康な組織までダメージを与えていたのですが、重粒子療法ではガンの病巣をピンポイントで狙えるようになっています。

このような最先端の医療を受ける場合には、全額自己負担で受ける必要があります。

先進医療は、高額療養費制度の対象外ですので、勘違いしないようにしましょう。

平成29年に発表された先進医療の実施件数報告では、先進医療を受けた人数は25,000人と報告されています。

今後、現在の治療法より優れた治療法が発表される可能性も十分あり得ます。

先進医療特約自体は月々約100円前後でつけられるので、万が一のために付けておくと良いでしょう。

女性疾病特約は付けるべきか

 

女性疾病特約とは、女性特有の病気の入院治療に対する保障を上乗せできる特約です。

女性特有の病気とは、乳がんや子宮がん、子宮内膜症等の、子宮や乳房に関する病気が中心です。

また、女性特有の病気の範囲には妊娠出産に関係する病気も対象に入ります。

平成29年の厚生労働省統計では、女性の5人に1人が帝王切開をしているという結果が出ています。

帝王切開を行った場合にも給付されますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、女性特有の病気の治療が他の病気の治療より特別高いわけではありませんので、無理をしてつける特約ではないでしょう。

がん特約は付けるべき

 

がん特約とは、主契約以外でがんに対する治療をさらに保障する特約です。

そのため、すでにがん保険に加入されている方は加入の必要がありません。

がん保険とがん特約を比べると、主契約であるがん保険の方が費用も高くなりますが保障は手厚いです。

がん保険は、入院手術のほかに通院治療までカバーしてくれます。

他にも、先進医療の医療費を保障したり、新たな治療法が開発された場合はそれも保障の範囲に含めてくれる場合もあります。

なので、家族にがん患者がいる場合や、たばこやお酒の習慣がある場合はがんリスクが高いと言えますのでがん保険の加入を検討しましょう。

既に医療保険に加入していて、がん治療に対する保障を上乗せしたい場合はがん特約が良いと言えます。

新規で加入される方は、がん保険と医療保険を掛け持ちで加入するか、医療保険を主契約としてがん特約をつけるか検討しましょう。

今では国民の2人に1人ががんにかかると言われています。

がんの治療は、投薬や放射線、手術による治療がいったん終了しても、また後で再発する可能性があります。

一度の治療で終わらず、長期の治療になる可能性が高いので、求める保障の大きさにより変わりますが、がん保険やがん特約はつけることをおすすめします。

 

正しいがん保険選びをしたい方は以下のサイトをご覧ください。

正しいがん保険の選び方とは?がん保険おすすめ.jp

まとめ:医療保険正しい選び方とは?

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

長くなりましたので、最後に今までの内容をまとめさせていただきます。

今回は保険の選び方を、

・年齢別で選ぶ

・求める保障から選ぶ

・特約から選ぶ

の3通りの方法から紹介させていただきました。

保険は、ライフステージにより保障内容を変えたり、主契約と特約を使い分けることでより良くカスタマイズすることができます。

支払方法や契約期間も、保険料を重視するか保障内容を重視するか、今後契約を見直す予定があるかで変わります。

保険商品は種類が豊富にありますので、自分が保険に求めることを一旦整理してから冷静に判断していきましょう。

どうすべきか迷ったときは、保険のプロに相談するのもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。