子供の医療保険は必要?いつから入ればいいの?おすすめ人気ランキングも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の医療保険は必要なの?いつから入るべき?どの子供医療保険が良いの?などたくさんの疑問をお持ちかもしれません。ここでは、子供の医療保険の必要性や必要ない人、医療費助成制度など、おすすめ子供医療保険人気ランキング、各保険商品の評判や保障内容の比較を中心に解説します。

14
7月

おすすめ!

医療保険おすすめ人気ランキング

当サイトおすすめの医療保険をランキング形式でご紹介しています。年齢・性別・職業別のおすすめランキングも解説しているのでぜひご覧ください。

10 mins ago 580 comments

子供の医療保険は必要?各商品の評判・保障の比較やおすすめランキングも紹介

お子さんをお持ちの方で、子供の医療保険(共済)を検討している方も多いのではないでしょうか。

そもそも子供に医療保険(共済)は必要なのか、本音のところが知りたいですよね。

また、必要であるなら、どんな医療保険(共済)がおすすめなのか、保障の内容、評判などもしっかり把握しておきたいところです。

そこで、この記事では、以下のことを解説します。

子供の医療保険おすすめランキングを知りたい方はこちらをクリック

じっくり読みたい方はそのまま読み進めてください。

・子供の医療保険(共済)の必要性、必要な人/必要でない人

・子供医療費助成制度・高額療養費制度について

・子供医療保険(共済)加入者の保険の見直し方

・子供の医療保険(共済)はいつから入るべき

・一般の医療保険(共済)と子供共済はどちらが良いか?

・各保険商品の評判と保障内容・特約を比較!安いのはどれ?

・子供の医療保険(共済)・保障内容の選び方

・子供医療保険(共済)人気ランキング

・怪我や他人への保障ができる子供傷害保険は必要?

・貯蓄と学資保険の違い

最後まで読むことで、子供の医療保険(共済)の必要性、おすすめの保険のランキングや比較、選び方など、加入する際の重要なポイント、その他の関連情報まで理解することができます。

一番良い子供向け医療保険を確実に知りたいという方は保険のプロに相談しましょう。

当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で、プロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

是非、最後までお読みいただき、お子さんの医療保険(共済)の検討の材料にしてくださいね。

子供の医療保険の必要性と必要な人・必要ない人は?

子供の医療費を考えるとき、まず最初に公的医療保険の制度が頭に浮かびます。

例えば、乳幼児の場合は医療費が無料、また、自治体によって差はありますが、小中学生、中には18歳まで自己負担分も助成してくれる自治体もあるため、ほとんど医療費がかかりません。

ただし、これらの公的医療保険の対象は、直接の治療費のみですので、それらに付随する差額のベッド代、食事代、親御さんが看病するための交通費、雑費などは自己負担となり、案外これらの出費がばかにならないのです。

これらの出費が実際どのくらいになるかは、入院の日数やそれぞれの状況によって異なりますが、この出費を貯蓄で対応できる余裕がある場合は、子供の医療保険(共済)は不要と考えてよいでしょう。

逆に、余裕がない場合は、子供の医療保険(共済)の検討をすると良いでしょう。

まだ、自分で子供の医療保険が必要か必要でないかを判断するのは不安・・・という人は、保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

子供医療費助成制度・高額療養費制度について

ここでは子供が受けられる公的医療保険制度である子供医療費助成制度と高額療養費制度について解説します。

子供医療費助成制度とは?受けるための条件は?

ここでは、目黒区の医療費助成制度を例にとって解説します。

目黒区内在住の健康保険に加入している、0歳から義務教育修了までの子供を対象とし、保険診療でかかった医療費の自己負担額を助成し、無料で診察が受けられます。

この制度を受けるには、以下の書類を準備し、窓口に持参または郵送にて申請、医療証の交付を受けます。

1, 乳幼児・子ども医療証交付申請書(目黒区のホームページからダウンロード可)

2, 健康保険証のコピー

3, 手続きする方の本人確認書類

注意点としては、異動日(出生又は転入)から3か月以内に申請しなければなりません。

入院の高額な医療費などを保障する高額療養費制度について

受けた医療費の自己負担額が、ひと月の間で一定額を超えた場合に、その超えた金額が支給される制度です。

高額療養費制度による自己負担額は、年齢や所得によって異なるのですが、70歳未満の場合は、下記のような計算になっています。

標準報酬月額83万円以上 252,600円 +(総医療費-842,000円) × 1%
標準報酬月額53万円~79万円 167,400円 +(総医療費-558,000円) × 1%
標準報酬月額28万円~50万円 80,100円 +(総医療費-267,000円) × 1%
標準報酬月額26万円以下 57,600円
低所得者(住民税非課税) 35,400円

出典:全国健康保険協会「高額な医療費を支払ったとき(高額療養費)」

一般的な所得の標準報酬月額28万円~50万円の場合、自己負担は8万円~9万円程度ですみます。

手厚い公的医療保険制度があるのに、子供の医療保険が必要なの?と疑問を持つ方が多いと思います。

基本的に貯蓄があるかないかで加入すべきか判断して良いのですが、いくら貯蓄があれば医療保険が必要ないかは、家族構成、ライフプラン、職業など様々な要因を考慮しないと答えが出ません。

そこで、自分で子供向け医療保険が必要か判断できない人は保険のプロに相談するのがおすすめです。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

子供医療保険加入者の保険の見直し方

教育資金のための学資保険に、医療保障の特約をつけている方もいる方もいらっしゃるかもしれませんが、この場合、受け取れる満期金よりも払った保険料の方が多かった、という状態になることがあります。

その場合の対応として、以下の2つの方法が考えられます。

1, 医療保障の特約をはずす

まずは、保険会社に、医療保障の特約をはずせるかどうか、確認してみましょう。

2, 解約して他の保険に入りなおす

解約返戻金が戻るのであれば、他の保険を検討しやすいですし、戻らない場合でも、加入している保険を解約して、教育資金の貯蓄に有利な保険に入り直す方がよい場合もあります。

まずは、現在加入している学資保険の内容などをチェックしてみてください。

子供の医療保険(共済)はいつから入るべき?終身保険は保険料がメリット

次に、加入するとしたらいつから入るのがよいか、考えてみます。

ほとんどの医療保険(共済)は0歳から加入が可能で、具体的には、アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」、オリックス生命「新キュア」などがあります。

加入する場合は、定期保険ではなく、終身保険をおすすめします。

終身保険の場合、加入時の年齢が若ければ若いほど保険料が安く、その保険料は一生涯変わらないため、安い保険料で終身の保障を確保することができるからです。

ただし、保障の内容も加入時のままになりますので、長期的な観点で検討することが大切です。

また、共済には、コープ共済「たすけあい」、都民共済「こども1型、2型」などのように、子供専用の医療保障のプランがあるものがあります。

例えば、都民共済の「こども1型、2型」では、0歳から18歳までを対象として、入院、通院、がん診断、手術、後遺障害、死亡保障、第三者への損害賠償などの保障が受けられます。

子供向け医療保険が魅力に感じた人は、なんの子供向け医療保険にすべきか知りたくなりますよね。

そんな方は、複数の保険を比較して自分にあった保険を見つけましょう。

保険を比較する際には、当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

一般の医療保険と子供共済はどちらが良いの?

一般の医療保険と子供共済のどちらがよいかは、何を優先順位とするかによって違ってきます。

例えば、上でも述べましたが、安い保険料で一生涯の保障を確保したいのであれば、一般の終身型の医療保険に早い段階で加入しておくのがよいでしょう。

一方、子供の教育費の貯蓄と医療保障をあわせて供えたいのであれば、子供専用の共済で、学資保険と医療保障の両方がセットになったものがおすすめです。

ご家庭によって家計の状況や条件が異なると思われますので、目的や保険に何を求めるかなどの優先順位を明確にしてから、適したものを検討することが大切です。

各保険商品の評判と保障内容・特約を比較!安いのはどれ?

ここでは、以下の保険商品・共済の評判と保障内容の比較をします。

  • アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」
  • オリックス生命「新キュア(新CURE)」
  • JA共済「こども共済」
  • コープ共済「たすけあい ジュニア20コース」

アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」の口コミ・評判

「入院や通院に対する保障が厚く、万が一に備えられるので安心できます。私にぴったりな保険で加入して良かったと思っています。」

最近は入院前に通院で各種検査を行い、入院翌日手術という治療方法も増えてきています。入院前の通院も保証されるのは助かりますよね。また短期入院でも一定額の給付金が保障されているのも嬉しいですね。

関連:アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」の口コミ・評判

オリックス生命「新キュア(新CURE)」の口コミ・評判

「保険料は掛け捨てですが、安い上に払込免除があるというのはすごくいいですね。しかもオペレーターの方の対応も丁寧でサポートも充実しています。」

保険料の払込免除とは事故などになったときに将来の保険料の払込が免除されるというものです。

これは非常に安心ですね。

さらにオペレーターの対応が丁寧との評判・口コミもありました。疑問点や不明点が多く出てくるのが保険商品の特徴でもあるため、オペレーターの方の対応が丁寧なのは嬉しいですね。

関連:オリックス生命「新キュア(新CURE)」の口コミ・評判

アフラック、オリックス生命、JA共済、コープ共済の子供医療保険を比較

ここで、アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」、オリックス生命「新キュア」、JA 「こども共済」、コープ共済「たすけあい」の内容を比較してみましょう。

アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」※1 オリックス生命「新キュア」※2 JA こども共済※3 コープ共済「たすけあい」※4
加入年齢 0歳~85歳 0歳~80歳 0歳~12歳 0歳~19歳
月額保険料 1,422円 1,038円 18,150円 1,000円
払い込み期間 終身 終身 22歳 20歳
保障期間 終身 終身 22歳 20歳の満期日まで
入院給付金 5日未満:2.5万円5日以上:5,000円/日 5,000円七大生活習慣病:1入院120日まで

三大疾病:日数無制限

6,000円/日
手術給付金 2.5万円、5万円、20万円 10万円(入院)2.5万円(外来) 5万円、10万円、20万円
放射線治療 5万円/回
通院給付金 5,000円/日 2,000円(事故ケガ)/日
長期入院 36万円(270日以上の場合)
事故後遺障害 14~350万円
先進医療 通算2,000万円まで
病気死亡・重度障害 300万円 100万円
事故死亡・事故重度障害 300万円 150万円
親死亡・重度障害 4万円
扶養者事故死亡・重度障害 100万円
入学祝い金 300万円

※1:入院給付金5,000円、通院給付金ありのプラン

※2:入院給付金5,000円、特約なしのプラン

※3:「にじ」のプラン 満期年齢22歳、共済金300万円、掛け金払い込み免除有りのプラン

※4:J1000のプラン

JAの「子ども共済」のみ学資保険ですので、少し種類が違いますが、その他の3つの中では、コープ共済「たすけあい」が掛け金も安く、保障のバランスもよいことがわかります。

保険・共済の比較を見たけど、どれにすれば良いのかわからないという人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

子供の医療保険・保障内容の選び方

先に説明した子供医療費助成制度を利用すれば、子供のケガや病気に関してはほとんど対応することができます。

また、高額な治療費がかかった場合でも、高額療養費制度を利用することで、一般的な収入の方(標準報酬月額28万円~50万円)の場合、1ヶ月の自己負担額は8万円~9万円になります。

仮に9万円の場合、30日で日割り計算すると3,000円になります。

一般の医療保険(共済)の入院給付金は5,000円と10,000円のものが多いのですが、この3,000円をカバーするには、入院給付金は5,000円あればよいでしょう。

ただ、公的な保障でカバーできない差額ベッド代、食事代、家族の交通費などの出費も考慮する場合は、10,000円の選択肢もあります。

子供医療保険人気ランキング

子供医療保険人気ランキングは以下になります。

  1. 都民共済「生命共済こども型」
  2. オリックス生命「新キュア」
  3. アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」

以下、詳細を解説します。

1位:都民共済「生命共済こども型」

都民共済「生命共済こども型」は、割安な保険料でバランスよい保障で人気のある共済です。

いくつかおすすめのポイントがありますので、それぞれ見ていきましょう。

  • 割安な掛け金で、医療から損害賠償まで対応
  • 健康告知のみで加入できる
  • 契約者(親)の死亡保障もある
  • 割戻金がある

・割安な掛け金で、医療から損害賠償まで対応

1,000円と2,000円の2コースがあり、入院、手術、通院、先進医療の保障までついています。

・健康告知のみで加入できる

「こども型」には健康告知のみで加入でき、原則として医師の診査は不要です。

契約者(親)の死亡保障もある

契約者(親)が亡くなった場合も、50万円~1,000万円の死亡保障が受け取れます。

・割戻金がある

決算後、剰余金がが発生した場合は、割戻金として戻されるため、さらに掛け金が割安となります。

2017年の割戻率は、払込掛金の 22.53%でした。

これらを考慮すると、都民共済「生命共済こども型」が、非常にコスパの高いものということがわかりますね。

関連:都民共済の口コミ・評判やデメリット・保障内容

2位:オリックス生命「新CURE(新キュア)」

「新キュア」の画像検索結果

オリックス生命「新CURE」は、0歳から加入することができる医療保険です。新CUREの特徴は、保障内容が分かりやすいことと、保険料が安いことです。

また、手術給付金は、手術内容に関わらず一律なので、この点もシンプルで分かりやすいと評判が高い要因の一つとなっています。

5歳までで加入すると、保険料がいくらくらいになるのかをご紹介します。

(基本プランを選択し、基本保障のみの加入とする)

男の子 女の子
0歳で加入  1,032円  1,093円
1歳で加入    969円  1,025円
2歳で加入    931円     991円
3歳で加入    924円        993円
4歳で加入    926円  1,005円
5歳で加入    934円  1,021円

 

【入院給付金日額5,000円、手術給付金10万円(入院中の場合。外来での手術だと2.5万円)、先進医療特約あり(終身払)の場合】

子供に最低限の保障をつけておきたいとお考えの方には、申込しやすい保障内容と保険料といえるでしょう。

大人と同じように、別途特約保障もつけることができますが、子供が被保険者になる場合はあまり必要性がないかも知れません。ただ、充実した保障を希望される方は、つけておくと安心です。

また、新CUREのサービスとして、ティーペック株式会社が提供する24時間電話健康相談サービスを利用することができます。これは、健康相談・医療相談・育児相談・医療機関情報等の提供・メンタルヘルスの相談を、24時間365日電話で受けられるものです。子供を持つ親御さんが良く抱える疑問や悩み事には、次のようなことがあるのではないでしょうか。

・子供が夜中に熱を出したが、すぐ病院へ行くべきか

・育児で困ったことがあるが、病院以外で専門家に聞くにはどうしたらいいか

・自宅近くで、夜間や休日などの時間外で受診できる病院が知りたい

これらの事項を、医師・保健師・看護師などの相談スタッフに電話で応対してもらえます。

急な困りごとが起きた際に、ぜひ利用してみたいサービスです。

 

オリックス生命「新CURE(新キュア)」の詳細は以下

オリックス生命「新CURE(新キュア)」の評判やメリット・デメリットを解説!

3位「アフラック生命 ちゃんと応える医療保険EVER」!

「ちゃんと応える医療保険EVER」の画像検索結果

 

アフラック生命「ちゃんと応える医療保険EVER」は、一部タイプを除いて、0歳から加入できる医療保険です。保障内容で注目すべきなのは、5日未満の入院でも一律5日分の入院給付金が支払われる点です。

厚生労働省の患者調査(2017年概況)によると、0歳から14歳で入院した際の平均在院日数は7.4日とのことです。

(出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/17/dl/03.pdf )

項目別にみると、5日未満で退院している傷病が他の年代よりもかなり多く見られます。

短期間の入院でも、5日分の給付金が受け取れることは、入院用品の購入や病院までの交通費に充てることができます。

また、入院一時金特約をつけていた場合は、特約給付金も受け取ることができます。

保険料は次の通りです。

 男の子  女の子
0歳で加入  997円  1,027円
1歳で加入  997円  1,032円
2歳で加入  1,002円  1,042円
3歳で加入  1,007円  1,052円
4歳で加入  1,012円  1,062円
5歳で加入  1,022円  1,077円

(主契約のみの保障。疾病・災害通院給付金なし。入院給付金支払限度60日。終身払)

また、アフラックでは、「ダックの医療相談サポート」というサービスを提供しています。これは、医療の相談をしたい時や専門の医師を探したい時などに、医療専門スタッフが電話で相談にのってくれるサービスです。

 

アフラック生命「ちゃんと応える医療保険EVER」の詳細は以下

アフラック生命「ちゃんと応える医療保険EVER」の評判やメリット・デメリットを解説!

ランキングをみたけど、他の保険も比較してどの保険に入るか決めたい!という方は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で、プロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

怪我や他人への保障ができる子供傷害保険は必要?

子供の場合、ケンカや不注意で他の子供にケガをさせてしまったり、自転車事故などを起こしたりなど、大人とは異なるリスクがあります。

共済の中には、このような賠償責任の保障がカバーされているものがあります。

例えば、コープ共済のたすけあい「ジュニア20コース」では、140円の掛け金を追加することで、最高3億円の保障を受け取ることができます。

また、子供医療保険人気ランキングの1位の都民共済「生命共済こども型」では、主契約の中で、1事故に付き最大100万円/200万円の損害賠償の保障があります。

子供にはどんな事故が起こるかわからないので、このような損害賠償まで保障してくれれば、親御さんとしては安心ではないでしょうか。

貯蓄と学資保険の違い

貯蓄と学資保険の違いについて、いくつかのポイントに分けて比較してみます。

貯蓄 学資保険
返礼率 低い 概ね、貯蓄よりも高い
節税効果 なし 生命保険控除の対象
死亡保障 なし 契約者死亡などの場合、払い込み免除特約あり

低金利の現在、銀行の金利よりも学資保険の返礼率の方が高いです。

ただし、途中で解約すると、学資保険は元本割れになるので注意が必要です。

また、学資保険は生命保険控除の対象となるため、節税効果があるのがメリットです。

さらに、契約者(親)が死亡した場合、貯蓄はそこでストップしてしまいますが、学資保険は以降の払い込み免除などの保障を受けることができます。

教育費から見る学資保険の必要性

上で、貯蓄と学資保険の主な違いについて、比較しましたが、そもそも子供の教育費は、大体どのくらいかかるものなのでしょうか。

幼、小、中、高、大学と公立に行くか、私立に行くかによっても大きく変わりますが、子どもの学習費調査(文部科学省平成28年度)によると、幼稚園から高校まで全て公立の場合540万円、全て私立では1770万円となっています。

さらに、大学では、国立大学の場合240万円、私立の医科歯科系にいたっては2,370万円もかかるようです。

このような高額の教育資金を準備するには、少しでも返礼率が高く、節税効果のある学資保険で備える方がよいのではないでしょうか。

フコク生命(富国生命)の学資保険「みらいのつばさ」の保障内容

教育資金を効果的に準備できる学資保険として、フコク生命(富国生命)の「みらいのつばさ」があります。

どのような内容か、例として、「ジャンプ型」を見てみましょう。

契約者:男性30歳、被保険者:0歳、払い込み期間:11歳までの場合

契約年齢 0~7歳
満期 22歳
保険料払い込み期間 11・14・17歳から選択
月額保険 14,354円
払込保険料総額 1,894,728円
満期受け取り総額 200万円
返礼率 105.5%

保険料を口座振替年払いにすれば、支払総額は1,875,544円となり、返礼率は106.6%とさらに高くなります。

また、兄弟で加入する場合は、2人目には兄弟割引が適用されます。

定期預金の金利と比べると、教育資金は学資保険で準備する方がよいことがわかりますね。

まとめ:子供の医療保険は必要?いつから入ればいいの?おすすめ人気ランキングも

子供の医療保険(共済)の必要性について述べてきました。

この記事のポイントは、以下になります。

・子供の医療保険(共済)が必要なのは、公的医療保険でカバーされない自己負担を貯蓄で賄えない場合

・子供医療費助成制度・高額療養費制度で、治療費についてはほぼ対応できる

・子供の医療保険は、なるべく小さい時に終身型に加入することで、保険料が抑えられる

・保障の優先順位によって、一般の医療保険と子供共済のどちらがよいか、検討すべき

・子供医療保険(共済)のおすすめは、都民共済「生命共済こども型」、オリックス生命「新キュア」、アフラック生命 ちゃんと応える医療保険EVER」

・傷害保険の保障があればさらに安心

・教育費は学資保険で準備する方がよい

以上、盛りだくさんの内容でしたが、いかがでしたでしょうか。

子供向け医療保険に入りたいと思ったら、複数の保険を比較して自分にあった保険を見つけましょう。

保険を比較する際には、当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

大切なお子さんを守る医療保険(共済)ですので、しっかり検討して、ベストなものを選んでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。