女性保険おすすめ人気ランキング!選び方や必要性、保険料平均を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安い医療保険ランキング

女性保険はどれがおすすめなの?選び方や保険料の平均が知りたい!という方も多いのではないでしょうか。この記事では、女性保険おすすめ人気ランキング、女性保険の口コミ・評判、保障の選び方、女性の保険料の平均、女性の医療保険の必要性、おすすめがん保険、を中心に解説します。

14
7月

おすすめ!

医療保険おすすめ人気ランキング

当サイトおすすめの医療保険をランキング形式でご紹介しています。年齢・性別・職業別のおすすめランキングも解説しているのでぜひご覧ください。

10 mins ago 580 comments

女性保険おすすめ人気ランキング!選び方や必要性、貯蓄型(積立)を解説

一般的な医療保険では女性特有の病気の保障が不安!という方は女性保険の加入を検討していたり、おすすめの女性保険を探しているのではないでしょうか。

そういった方が気になるのは、おすすめの女性保険はどれなのか、どうやって選べば良いのかということだと思います。

そこで、この記事では女性保険について以下のことを解説します。

  • 女性保険おすすめ人気ランキング!口コミ・評判や比較
  • 女性保険の選び方
  • 女性の保険料の平均は?20代、30代、40代の保険料の平均を解説
  • 女性の医療保険(女性保険)は入るべき?必要性は妊娠・出産やがんにある
  • 女性保険(女性向け医療保険)とは?女性疾病特約との関係は?

この記事を読んでいただければ、将来のために女性保険の必要性や女性保険の種類について考えていただくいい機会になると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

あなたには何の医療保険がベスト?

なんの医療保険が自分にいちばん合っているのかは、正直、豊富な専門知識がないと記事を読んでも判断できません。

3つの質問で簡単に見極めましょう。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

女性保険おすすめ人気ランキング!口コミ・評判や比較

女性保険おすすめ人気ランキングは以下になります。

  1. 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」【30代女性におすすめ】
  2. オリックス生命「新キュアレディ(新CURE Lady)」【20代女性におすすめ】
  3. アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」
  4. アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療《女性プラン》」【40代女性におすすめ】
  5. コープ共済「《たすけあい》女性コース」【50代女性におすすめ】

おすすめ女性保険の口コミ・評判や保障内容の比較をしていきます。

第1位:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」【30代女性におすすめ】

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」の口コミ・評判

ご自身に万が一のことがあっても死亡保障があり、残された家族に保険金を残すことができるため、小さいお子さんがいらっしゃることが多い30代女性におすすめです。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」の口コミ・評判

「一番いいプランで3年ごとに15万円の生存給付金がもらえるというのが目につきました。私は貯金が苦手なのでそれが決めてで加入しました。」

貯金をしようと思っても「今月は一万円浮いたから貯金しよう」という方法ではなかなか予定通りに貯まりません。一番効率的に貯金ができるのは天引きすることです。

その点「フェミニーヌ」は平たく言えば月々の保険料に天引き貯金額が含まれている仕組みです。そのためとても簡単に貯金ができ、その上3年ごとに満期になって還元されるのはうれしいシステムと言えます。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」の口コミ・評判

第2位:オリックス生命「新キュアレディ(新CURE Lady)」【20代女性におすすめ】

オリックス生命「新キュアレディ(新CURE Lady)」の口コミ・評判

保険料が安く、経済的負担を抑えられる新キュアレディは、給料が少ない方の多い20代女性におすすめです。

終身なので、20代で加入することで一生涯安い保険料で保障を継続することが可能です。

オリックス生命「新キュアレディ(新CURE Lady)」の口コミ・評判

「保険の商品はわかりづらいものが多いですが、新キュア・レディは保険のプランが非常にシンプルでわかりやすいので加入しました。」

オリックス生命「新キュアレディ(新CURE Lady)」の口コミ・評判

第3位:アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」

アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」の口コミ・評判

「子供に入らせていますが、入院前後の通院も保障してくれる点が助かります。少し遠くても良い病院に行きやすくなると思います。」

入院での手術だけでなく、日帰り入院や日帰り手術も保証対象になっているので、安心して医療機関での治療を受けることができます。

また、そのために必要な「通院」においても手厚く保障してもらえることが大きな安心に繋がります。

アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」の口コミ・評判

第4位:アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療《女性プラン》」【40代女性におすすめ】

アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療《女性プラン》の口コミ・評判

大学など、子供の教育費のかかる40代において、短期・長期の入院保障が手厚いのは大きなメリットになるため、40代女性におすすめです。

アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療」の口コミ・評判

「ちょっとした怪我や病気なんかでも相談に乗ってくれるサービスがあり、とても安心です。」

お客様サービスの一つとしてメディカルコールサポート24が用意されているので安心です。24時間365日医師や看護師に相談できます。育児相談もできるのはいざという時も心強いですね

アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療」の口コミ・評判

第5位:コープ共済「《たすけあい》女性コース」【50代女性におすすめ】

コープ共済「《たすけあい》女性コース」の口コミ・評判

コープ共済「《たすけあい》女性コース」は、最低限の掛け金(保険料)で女性に必要な保障を備えることができるため、老後資金を準備したいという50代女性の方におすすめです。

コープ共済「《たすけあい》女性コース」の口コミ・評判

「女性特有の疾患に備えた保障内容なので安心できます。保険料も安かったので加入も簡単でした。」

残念ながらがんの保障では男性・女性とも同一の保障内容ですね。しかしコープ共済「たすけあい」女性コースという商品があり、その中には女性特定病気入院で1日3000円の保障が付いています。女性特有の病気に加え女性に多い病気まで保障しているので万が一の時は安心ですよ。

生協「コープ共済」の口コミ・評判

女性保険ランキングの保障内容を比較

フェミニーヌ 新キュアレディ ちゃんと応える医療保険

レディースEVER

アクサダイレクトの終身医療〈女性プラン〉 〈たすけあい〉女性コース
生存給付金 3年ごとに15万円 × × 3年ごとに5万円

×

入院給付金 1万円/日 1万円/日 1万円/日 1万円/日 1万円/日
女性特有の病気による入院 5千円/日 5千円/日 5千円/日 1万円/日 3千円/日
手術 1回につき40・20・

10・5万円

1回につき入院中:20万円

外来:5万円

1回につき入院中:10万円

外来:5万円

1回につき入院中:10万円

外来:5万円

4・8・16万円
退院後の通院 1万円/日 3万円/日 1万円/日 × ×

上記の表は32歳女性を条件にシミュレーションしたものをまとめたものです。

入院日額を1万円で設定した場合、やはり生存給付金や通院をした際にかかった医療費の保障の付帯がある商品は、他の保険商品と比べて割高の傾向があります。

女性保険おすすめの選び方

ここでは女性保険の以下の項目の選び方について解説していきます。

  • 生存給付金はつけるべきか
  • 独身の女性は医療保険の基本保障だけで大丈夫か
  • 入院給付日額の決め方
  • 死亡保険金の決め方

生存給付金(健康祝金特約)はつけるべき?

まず、「生存給付金(健康祝金特約)とは、健康であればお祝い金がもらえる特約のことです。この生存給付金を受け取れる条件は保険商品によって異なりますが、①生存しているとき、②入院日数が所定の日数以下であったとき、③医療保険の給付を受けなかったとき、の3種類があります。また、保険会社によって何年ごとにお祝い金を受け取るかが異なります。

しかし、この特約を付帯することにより、その分保険料が高くなります。そのため、保険料を出来るだけ抑えたい方は付帯する必要はなく、健康に自信があり、保険料をかけ捨てるのはもったいない!という方は、付帯してみるといいでしょう。

独身の女性は医療保険の基本保障だけで大丈夫?

「医療保険は基本保障だけかけておいても大丈夫なの?」と疑問に思っている方もいらっしゃると思います。

特に独身の方は特に病気やケガに対して、医療費がかさむ心配や障がい等により働けなくなる心配を感じている方が多いようです。

自分の肉体的な苦痛だけでなく、金銭的にも影響することが多いため、医療保険に加入する際にはプラスαの保障を考えたほうが良いでしょう。例えば、生活習慣病に対する保障の上乗せや病気の再発・転移予防の費用、病気により働けなくなった際の生活資金に対する保障が必要です。

入院給付日額の決め方

医療保険を選ぶ際には、5,000円や10,000円などの複数のタイプから入院給付日額を決めることになりますが、女性保険によっては、女性特有の病気や女性にも多い病気により入院した際に、入院給付金額を上乗せ保障できる保険もあります。

そのため、女性保険の入院給付日額を選ぶ際には、女性特有の病気に対する保障・保険金とご自身が支払う保険料が釣り合っているかを考えると良いでしょう。

死亡保険金の決め方

死亡保険金は残された家族の以後の生活に必要なお金です。

まず、遺族に必要となる費用は、食費や光熱費、日用品代などの日常生活にかかる生活費や、お子様がいらっしゃる場合は教育費、住居費、お葬式の費用などです。

次に、遺族の今後の収入・資産は、遺族年金や死亡退職金、相続財産、遺族の収入、遺族の貯蓄などです。

今後、遺族の必要となる費用から遺族の今後の収入・資産を差し引いた金額が保険でカバーすべき保障となります。家族のために必要な保障額を知るために、概算でもいいので、保険で補う金額を計算してみるといいでしょう。

これらの内容を理解した上で、「ちょっと気になるな」「医療保険に加入してみようかな」と思った方はまず無料の保険相談をすることがおすすめです。

「保険」というワードに「無料」というワードがくっつくとなんとなく怪しいなと思ってしまう方もいるかもしれませんが、ここで紹介する専門家は保険会社から手数料を受け取ることで相談に乗ってくれるという仕組みになっています。

例えば借りる家を探すときにアパマンショップやエイブルなどで相談しますよね?

これらの会社は同様に、顧客が契約したら手数料をもらう形で収益をあげています。こちらの保険相談も全く同じ仕組みです。

有料の保険相談と比較して質が落ちるということは絶対にありませんし、全く怪しいものではありません。

これまでこの保険相談利用した方の感想を聞いても保険への加入を無理に勧められることはなく、親身になって相談に乗っていただいたという声を数多くいただいております。

ジムやマッサージの無料体験に申し込むような軽い気持ちで1度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

女性の保険料の平均は?20代、30代、40代の保険料の平均を解説

以下が20代、30代、40代女性を含む、年齢別・性別の平均保険料になります。

こちらは、女性保険を含む生命保険の平均保険料なので注意してください。

年間払込保険料-全生保(個人年金保険含む) (単位:%)
12万円
未満
12~2
4万円未
24~3
6万円未
36~4
8万円未
48~6
0万円未
60万円
以上
わからない 平均
(万円)
全体 2,943 34.9 32.6 14.8 6.2 2.2 3.9 5.4 19.7
性別
男性 1,234 26.7 33.6 16.7 9.5 2.9 5.2 5.4 22.8
女性 1,709 40.8 31.8 13.5 3.7 1.8 3.0 5.4 17.4
年齢別
18~19歳 24 83.3 12.5 0.0 0.0 0.0 0.0 4.2 5.7
20歳代 200 48.0 34.5 10.5 2.5 1.0 0.5 3.0 13.2
30歳代 540 35.2 37.2 13.9 4.6 1.5 2.8 4.8 17.5
40歳代 757 30.6 32.0 17.8 6.7 2.4 4.5 5.9 21.1
50歳代 639 23.5 32.9 18.8 8.9 3.8 5.8 6.4 24.3
60歳代 783 43.2 29.8 11.0 5.5 1.8 3.7 5.1 18.2

男性は年間払込保険料が12〜24万円未満の方が多く、女性は12万円未満の方が多いことがわかります。

また、年齢別では、18〜19歳また20歳代の多くの方は保険料が安いこともあり、年間払込保険料が12万円未満の方が多いです。しかし30〜50歳代になると、12〜24万円未満の方が多くなります。

女性の医療保険(女性保険)は入るべき?必要性は妊娠・出産やがんにある

一般的な医療保険ではなく、女性の医療保険(女性保険)に入るべき理由はなんなのでしょうか。

ここでは女性保険の必要性について以下のことを解説します。

  • 女性の医療保険(女性保険)の必要性①がん
  • 安いがん保険(女性向け)は〜!口コミ・評判を解説
  • 女性の医療保険(女性保険)の必要性②妊娠・出産や帝王切開
  • 女性保険が必要な人と必要なタイミング

女性の医療保険(女性保険)の必要性①がん

現在、大半の女性特有の病気は、通常の医療保険で保障されていることが多いです。

しかし、乳がんや子宮がんなどの病気の保障が無かったり、薄かったりする場合もあります。

40代になると急増し、50歳前後にピークになる乳がんや15〜39歳に最も罹患数が多い子宮がんなどの女性特有のがんは、死亡する可能性は他のがんと比べて高いとは言えませんが、若いうちから罹患してしまうリスクのある病気です。

少しでもそのリスクに備えるためには、通常の医療保険も大事ですが、女性特有の病気に対して、手厚い保障のある女性保険に加入したほうが良いと言えるでしょう。

安いがん保険(女性向け)はライフネット生命のダブルエール!口コミ・評判を解説

ライフネット生命「ダブルエール」の口コミ・評判

安い保険料で、がんの保障が欲しいという方はライフネット生命のダブルエールがおすすめです。

ライフネット生命「ダブルエール」の口コミ・評判をご紹介します。

「3大治療を受けた月には10万円を受け取れ、かつ回数無制限なので長期的な治療になった時は助かると思います。」

診断後の治療時のサポートが充実していると、治療中も安心ですね。

「ダブルエール」の「治療サポート給付金」は、一生涯の保障で無制限で支払われるので、治療費の心配をせずに、治療に専念出来ますね。

ライフネット生命「ダブルエール」の口コミ・評判

女性の医療保険(女性保険)の必要性②妊娠・出産や帝王切開

「女性特有の病気=がん」というイメージばかりありますが、それだけではありません。

通常の出産は病気ではないため、多くの場合が保険の保障対象とはなりませんが、重度のつわりや流産、早産での入院、帝王切開などで出産した場合は「異常分娩」となるため、保険の保障対象になります。

その中でも帝王切開の場合、入院期間が通常より3〜5日ほど長くなります。女性保険に加入していると、このような時に手厚い保障が受けられるため、金銭面においては安心感にも繋がります。

女性保険が必要な人と必要なタイミング

女性保険が必要なタイミングはいつなのか、気になる方が多いと思います。

まずは就職が保険加入の最初のタイミングです。若いうちに終身保険に入ると保険料が安く、また、乳がんや子宮がんは20代からリスクがあるため、医療型もしくは貯蓄型の保険を検討してみると良いでしょう。

次の機会が結婚後です。先ほど説明しましたが、女性保険には異常分娩に手厚い保障がありますが、妊娠がわかった後に加入できなかったり、保障が限定されていたりするため、将来子供が欲しいのであれば、事前に加入を考えておくと良いでしょう。

最後が出産後です。多くの方が子育ての後半にあたる50歳前後は最も乳がんにかかりやすいため、病気などにより教育費が削られてしまうのは避けたいです。

そのためにも女性特有の病気に手厚い保障のある女性保険を考えたほうが良いでしょう。

女性保険(女性向け医療保険)とは?女性疾病特約との関係は?

女性保険は基本の医療保険に加えて、女性特有の病気に手厚い女性疾病特約がセットになった保険です。

通常の医療保険に加入し、女性疾病特約を付帯することとほとんど違いがありません。

しかし、夫の医療保険を主契約とする夫婦型の保険に加入していた場合、トラブルが起きることがあります。

例えば、特約で妻の女性疾病特約を付帯していて、夫が妻より先に亡くなってしまった場合、本契約が消滅するため、特約が無効になる場合があります。

そのため、ほとんど違いはありませんが、女性保険に加入するほうがそういった心配がないでしょう。

女性保険の種類

女性特約には主に以下の3つの種類があります。

  • 主契約・サービスがメリットの医療型
  • 貯金を貯められる積立型(貯蓄型)
  • 家族にお金を残したい方向けの死亡保障型

主契約・サービスがメリットの医療型

「医療型」は通常の病気やけがによる入院や通院、手術の保障などをメインにした保険です。また、通常の医療保険ではカバーしきれない女性特有の病気への手厚い保障もあります。

この保険の特徴は、全てのがんや特定の疾患の治療や先進医療を受けた際に一時金が受け取れるもの、セカンドオピニオンサービスが受けられるものなど、+αの保障があるため、必要に応じて選ぶことができます。

貯金を貯められる積立型(貯蓄型)

「貯蓄型」とは、保険としての機能だけでなく、資産形成にも役立つ保険です。

女性保険の場合、数年ごと、または、一定の期間に置いて入院・手術をしなかった場合に生存給付金が受け取れるものが、この貯蓄型に該当します。

この保険の場合、生存給付金があるため保険料はやや高めになることが多いので、加入する際には生存給付金を受け取れる時期や条件、さらに月々の保険料を参考に選んでみると良いでしょう。

家族にお金を残したい方向けの死亡保障型

「死亡保障型」は、女性特有の病気への手厚い保障に加え、死亡保障が付帯している保険です。

被保険者が死亡した場合、保険によって変わってきますが、おおよそ数百万円程度の死亡保障金受け取ることができます。

しかし、死亡保障がある分、月々の保険料がやや高めになります。

そのため、女性保険の死亡保障はもし自分がいなくなった場合に、家族の暮らしが厳しくなるような、家族の収入を支える女性におすすめの保障です。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

まとめ:女性保険おすすめ人気ランキング!選び方や必要性、保険料平均

おすすめの女性保険の選び方や必要性について解説していきました。

今回のおすすめ女性保険の記事のポイントは以下のようになります。

一般的な医療保険より女性保険に加入したほうが、女性特有の病気や異常分娩時により手厚い保障を受けることができるためおすすめ

・生存給付金を受け取ることができる特約を付帯するかどうか、さらに「医療型」や「貯蓄型」、「死亡保障型」の3種類から選ぶことができる

・女性保険はご自身のライフスタイルに合わせて保険を選ぶことができるためおすすめ

男性にとってももちろん保険は大事ですが、特に女性の場合、女性特有の病気にかかったり異常分娩だった際に、一般的な保険よりも手厚い保障のある女性保険に加入しておくと、お金の面だけでも少しは安心できると思います。

そのためにも、特に就職や結婚、出産のタイミングで女性保険への加入をご検討することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。