高校生に医療保険は必要?子供共済やおすすめランキング《FP監修》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安い医療保険ランキング

若くて元気な高校生に医療保険は必要なの?民間の医療保険と子供共済の違いは何?と疑問をお持ちの方も多いと思います。ここでは、高校生で医療保険が必要な人、高校生におすすめな医療保険ランキング、民間の医療保険と子供共済の違いなどを解説します。

高校生に医療保険は必要?医療保険と子供共済の違いやおすすめランキング

若く元気な高校生でも医療保険に加入する必要はあるのでしょうか。

子ども医療費助成や高額療養費といった公的医療保険制度の大きな保障が存在する一方、公的医療保険制度ではカバーできない費用は貯蓄を切り崩すことや、民間の医療保険で備えるなどの準備が必要です。

FP紹介:森田俊介

FP(ファイナンシャルプランナー)として保険専門の大規模サイトを自ら運営。

2018年より医療保険ランキング.comを監修している。

この記事では以下について解説いたします。

・一般の医療保険と子供共済の違いとは

・高校生には医療保険と子供共済のどちらがおすすめ?

・高校生おすすめ医療保険人気ランキングはこちら

・高校生の入院でかかる医療費って?

・高校生でも医療保険が不要・おすすめしない方とは

・高校生が利用できる公的医療保険制度がある

・おすすめ保険①高校生の怪我を保障する傷害保険とは

・おすすめ保険②高校生の他人への保障をする個人賠償責任保険がある

・小さい子どもの学資積立には学資保険がおすすめです!

・赤ちゃんにおすすめの人気医療保険ランキングはこちら

高校生ゆえにケガをしてしまうことやケガをさせてしまうことがあり、いくら若くて元気とはいえ病気のリスクは必ず存在しています。

公的医療保険制度をフル活用しつつ、民間の医療保険を適切に選ぶことで、安心の保障を得ることができ、子育ての悩みが一つ減るといった見方もできます。

ここでは見落としがちな子育て中のリスクと、どのようにカバーするのかということを解説いたしますので、ぜひご一読をお願いいたします。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

一般の医療保険と子供共済の違い

民間の医療保険や子供共済を比較して加入を検討されている方も多いと思いますが、医療保険と子供共済には違いがあります。

民間の医療保険は会社が運営している一方で、共済は非営利事業となっており、組合員になることで、本人や家族が保障を受けることが出来ます。

また、子供共済は民間の医療保険と比べて保障が薄く掛け金(保険料)が安いという特徴があります。

よく知られている共済には都道府県民共済、CO・OP共済、JA共済、全労済などがあります。

あなたには何の医療保険がベスト?

なんの医療保険が自分にいちばん合っているのかは、正直、豊富な専門知識がないと記事を読んでも判断できません。

3つの質問で簡単に見極めましょう。

高校生には医療保険と子供共済どちらが良いの?

万が一のときの保障を備えるときに自身のみならず、お子様の保障を考えたくなるのは当然のことです。

なぜなら子どもが自立するまでは親は子どもの治療費なども保障する必要があります。

では高校生で考えるとどのような保障が適しているのか見て行きましょう。

安い保険料で保障を一生涯欲しい方は終身型医療保険がおすすめ

高校生の子どものために低額で長期の保障が欲しいというかたには、終身型医療保険がおすすめと言えるでしょう。

終身型医療保険は加入時の年齢が若いほど低額ですので、高校生となればかなり低額であると言えます。

また終身医療保険は保障は一生涯続きますし、驚くことに保険料は一生涯上がることがありません。

高校生で加入したときの月々の支払い負担で老後まで一生涯の支払い額が変わらないというのは人生設計でも安心できる大きなポイントです。

高校生のうちだけ医療保障が欲しい方は子供共済がおすすめ

高校生であればとりあえず、大人になるまでの期間だけ保障が欲しいという方にはコープ共済がおすすめです。

コープ共済「たすけあい」は、17歳の男の子であれば月々の掛け金が1,100円と低額で、先進医療特約付帯、入院日額6,000円、手術5~20万円、ケガ通院日額2,000円、病気死亡100万円、事故死亡150万円、追加で140円の支払いで個人賠償責任保険に加入できるという手厚い保障を得ることができます。

自治体によって高校生でも医療費の負担が0という場合であっても、上記の保障は受けることできるので治療以外に必要になった費用に充てることができる心強いおまもりと言えるでしょう。

女子高校生には女性保険もおすすめ

高校生は若いと言っても病気にかかるリスクは潜んでいます。

特に女性の場合は女性特有の病気にかかるということもありますので、女性特有の医療保険に加入することを検討されると良いでしょう。

また通学や体育の授業、部活動などケガや事故に巻き込まれる可能性は高いと言えるので、そういった保障も重ねて検討することをおすすめします。

高校生おすすめ医療保険人気ランキング

高校生おすすめ医療保険人気ランキングは以下になります。

  1. コープ共済
  2. オリックス生命「新キュア」
  3. アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」

1位:コープ共済

コープ共済の口コミ・評判やデメリット

「掛け金の還付率が良いです。電話でやり取りできるし、振り込みが早いので信頼できます。対応が早く満足しています。」

余剰金が還付金として受け取れると、ちょっとしたお小遣いを貰ったみたいで嬉しいですよね。組合員のための共済なので、何かあった場合は気軽に電話すれば、あとは親切丁寧に請求手続きをサポートしてくれます。組合員を大切にしている生協ならではですよね。

関連:コープ共済の口コミ・評判やデメリット

2位:オリックス生命「新キュア(新CURE)」

オリックス生命「新キュア(新CURE)」の口コミ・評判

「保障内容が明確で、特約を最小限に抑えてもしっかりとした保障がされているので安心です。」

やはり、保障内容が明確というのは利用者にとってもありがたいことで評判がいい理由の一部分を担っていると思います。

無駄に頭を悩ませなくとも自分にピッタリな保険が見つけられるのは素晴らしいですね。

関連:オリックス生命「新キュア(新CURE)」の口コミ・評判

3位:アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」

アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」の口コミ・評判

「入院した後すぐに保険金が支払われたのでとても信頼感がありました。保険料も比較的安いので非常に満足しています。」

入院した後にすぐに保険金が支払われるというのは大変助かりますよね。アフラックは比較的支払いまでの日数が短いようです。

また、給付の際、他の保険会社の診断書があれば、そのコピーでも請求可能なのも便利です。

関連:アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」の口コミ・評判

高校生の入院でかかる医療費は?

実際に高校生がケガや病気で入院となった場合にどれくらいの費用がかかるのか見て行きましょう。

例えば足を骨折して手術をし、入院を22日間した場合、1,676,830円の治療費が発生し、ここから公的医療保険が適用されますので、3割負担ということであれば503.049円となります。(出典:公益財団法人生命保険文化センター「医療保障ガイド」2016年9月改訂版)

さらに公的医療保険の高額療養費制度により、月の負担額の上限はおよそ94,200円の費用負担となり、追加で差額ベッド代や入院時の生活費や交通費などの費用負担がかかります。

高校生で医療保険が不要・おすすめしない方

ここまで高校生で医療保険の加入について解説いたしましたが、高校生でも医療保険が不要である、またはおすすめしないという方について解説いたします。

高校生の医療保険が不要な人①貯蓄が十分にある方

万が一のときに備えるのが医療保険ですが、月々の支払い負担が同時にかかってくるのは当然であり、仮に病気やケガにならなかった場合、支払った費用は戻ってこない場合が多いのです。

それでも通常であれば医療保険で備えるのがベターなのですが、貯蓄が十分にあるというかたにとっては、万が一というときであっても対応可能であると言えますので、医療保険の加入は不要です。

高校生の医療保険が不要な人②助成制度が高校生まである方

各自治体には子ども医療助成制度があり、未就学児までは自治体が負担、中学3年生までは自治体が負担、制度を利用するのに所得制限があるなど自治体によって種類は様々です。

仮にお住いの地域の子ども医療助成制度が高校生まで自治体が負担してくれるのであれば、治療費などについては自己負担がないので医療保険は不要と考えてもよいのかもしれません。

参考:子供の入院などのリスクは小さい

子どもが病気やケガなどをして入院するというリスクはどの程度の割合であるのかというと、100人中に0.18人という割合というデータがあります。(入院患者数:厚生労働省大臣官房統計情報部 患者調査、人口:総務省人口の推移)

また先ほども述べさせていただいたように、仮に入院をした場合でも子ども医療費助成制度が地方自治体によって受けられる場合もありますので考慮しておきましょう。

小さな子どもが入院するということになると母親は付き添うなどすることで、家族全体で外食費など出費がかさむというリスクもありますので、精神的な安定を望む方には医療保険への加入をおすすめいたします。

高校生が利用できる公的医療保険制度

公的医療費保険制度の子ども医療助成制度は、自治体によって中身は様々ですが、高校生を保障している自治体はどの程度あるのか、表を作成しましたのでご覧ください。

自治体 自己負担 所得制限 年齢制限
入院 通院
東京都千代田区 高校3年生相当 高校3年生相当
東京都23区(千代田区を除く) 中学3年生 中学3年生
川崎市 中学3年生 小学2年生
横浜市 中学3年生 小学1年生
千葉市 中学3年生 中学3年生
さいたま市 中学3年生 中学3年生
名古屋市 中学3年生 中学3年生
京都市 小学6年生 小学6年生
奈良市 中学3年生 小学6年生
大阪市 中学3年生 中学3年生
堺市 中学3年生 中学3年生

ご覧いただいたように公的医療保険制度の子ども医療費助成は各自治体で保障は様々で、高校生以上が該当するというケースは少ないのではないかと考えられます。

それでも公的医療保険制度には高額療養費制度が存在し、年齢を問わず、各家庭の1ヶ月の医療費の支払い負担の限度額をざっくりではありますが9万円程度に抑えることが可能です。

公的医療保険制度は困ったときの1つの備えであり、差額ベッド代や入院中の生活費や交通費などは保障されていませんし、言い換えますと9万円程度の治療費は負担を余儀なくされますので、医療保険で2つ3つと備えることを検討しましょう。

これらの内容を理解した上で、「ちょっと気になるな」「医療保険に加入してみようかな」と思った方はまず無料の保険相談をすることがおすすめです。

「保険」というワードに「無料」というワードがくっつくとなんとなく怪しいなと思ってしまう方もいるかもしれませんが、ここで紹介する専門家は保険会社から手数料を受け取ることで相談に乗ってくれるという仕組みになっています。

例えば借りる家を探すときにアパマンショップやエイブルなどで相談しますよね?

これらの会社は同様に、顧客が契約したら手数料をもらう形で収益をあげています。こちらの保険相談も全く同じ仕組みです。

有料の保険相談と比較して質が落ちるということは絶対にありませんし、全く怪しいものではありません。

これまでこの保険相談利用した方の感想を聞いても保険への加入を無理に勧められることはなく、親身になって相談に乗っていただいたという声を数多くいただいております。

ジムやマッサージの無料体験に申し込むような軽い気持ちで1度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ保険①高校生の怪我を保障する傷害保険

未成年であれば運動量が多かったり行動範囲が広く、思いもしないケガをしてしまうことはよくある話だと思います。

そういった場合にケガによる入院や通院を保障する傷害保険という保険商品があり、損害保険の一種です。

不慮の事故などの場合に適用され、例えば捻挫により5日の通院をした場合に10,000円の給付がされたり、骨折によって10日間の入院をした場合に40,000円を給付されるといったケースなどあります。

保険料については、保険商品によって様々で、年間の支払額が7,000円~12,000円程度と比較的に手軽な負担となっています。

おすすめ保険②高校生の他人への保障をする個人賠償責任保険

お子様が未成年の場合には、不慮の事故により他人にケガをさせたり、他人の車に傷をつけたりするなどといった可能性があることも考えなければなりません。

もしもこういった損害賠償責任を負った場合に保障を受けることができるのが個人賠償責任保険で保障金額は1歳代で1億円、保険商品よっては2億円というものもあります。

この個人賠償責任保険は先ほど述べさせていただいた傷害保険とセットになっていることが多く、自動車保険や火災保険にオプションとしてつけることができるなどとなっていますので、すでに加入していたというケースもあることから確認しておくとよいでしょう。

小さい子供の学費積立には学資保険がおすすめ

子どもが入学などの節目を迎える際に、大きな金額を準備しておくことができるのが学資保険です。

ただの貯蓄とは違うのは継続して満期を迎えることで支払った保険料より多い金額が戻ってきたり、確定申告の際には保険料として扱われ控除の対象になるなどといった特徴があります。

学資保険をするのに向いている方は、貯金が苦手であるといった方であり、途中解約すると損が発生するなどという半強制的な面が存在しますので、毎月の保険料はあまり高すぎるとかえってリスクが高くなるので、月々に余裕で支払える保険料を選択しましょう。

学資保険が不要な方はどういった方であるかというと、貯蓄が得意な方であり、貯蓄した資産を管理・運用できる方です。

赤ちゃんにおすすめの人気医療保険ランキング

下の子がまだ小さいという方に赤ちゃんの医療保険ランキングをご紹介します

1位「共済」!

「共済」の画像検索結果

 

共済には、都民共済、県民共済のように自治体が運営するもの、農協が運営するJA共済、コープ共済などあります。

共済を利用する条件としては、運営する協同組合などに出資を行ったり組合員となる必要があります。

どんな特徴があるのか見てみましょう。

・掛け金が安く、保障範囲が幅広い

共済は、「相互扶助の精神に則った組合員の助け合い」のもとに、成り立っており、一般の医療保険と異なり、共済事業という非営利事業であるため、広範囲の保障が安い掛け金が設定されているのが特徴です。

例えば、コープ共済の「たすけあいジュニア」の1,000円コースでは、

・入院日額は6,000円(1~360日)、270日以上の長期入院では36万円

・通院日額は2,000円(1~90日)

・手術では5・10・20万円

・事故後遺障害では14~350万円

・病気死亡・重度障害の場合100万円(事故死亡・事故重度障害の場合は50万円プラス)

・親死亡・親重度障害は4万円

・扶養者事故死亡・扶養者事故重度障害は100万円

など、1,000円でこれだけの保障が確保されています。

 

・割戻金が戻る

毎年の決算で剰余金が出たときに、その時点での加入者に割戻金が返金されます。

共済金(保険料)の支払が少なければ、その分割戻率も高くなり、この点も共済が非営利事業であることのメリットといえるでしょう。

共済の中でも割戻し率が高いのは、県民共済で、低いものでも20%前後、最も高いのは埼玉県民共済で、平成30年7月決算時の割戻し率はなんと47.75%です。

もともと安い掛け金なのに、さらにそのほぼ半分が戻ってくると考えれば、かなりお得感がありますね。

 

「共済」の詳細は以下

「共済」(ここでは県民共済)と民間医療保険の違いなどを解説!

 

2位「オリックス生命 新CURE(新キュア)」!

「新キュア」の画像検索結果

 

「オリックス生命 新CURE(新キュア)」も赤ちゃんが加入できる保険としておすすめの保険です。

早速、人気のポイントを見ていきましょう。

 

・保険料が割安で、手厚い保障がずっと続く

「オリックス生命 新CURE(新キュア)」も、1位の共済同様、保険料が安く、手厚い医療保障が受けられることが大きなメリットです。

例えば、入院給付金日額が5,000円、手術給付金が入院の場合で10万円、外来の場合で2.5万円、先進医療特約がつく基本プランの0歳から3歳までの男女の保険料を見てみましょう。

加入年齢 0歳 1歳 2歳 3歳
男児 1,032円 969円 931円 924円
女児 1,093円 1,025円 991円 993円

 

このように、概ね1,000前後の保険料となっています。

さらに、共済と違うのは、18歳で保障が終わるのではなく、保険期間は一生涯続くことを考えれば、非常に安心といえるでしょう。

上の表の基本プランには、七大生活習慣病になった場合には120日まで、三大疾病になった場合は日数無制限での保障が含まれています。

赤ちゃんの時にはあまり必要ないかもしれませんが、大人になってからも同じ安い保険料で、これらの保障が確保されるのは、大変大きなメリットといえます。

 

オリックス生命「新キュア」の詳細は以下

オリックス生命「新キュア」の評判やメリット・デメリットを解説!

 

3位「アフラック ちゃんと応える医療保険EVER」!

「アフラック EVER」の画像検索結果

「アフラック ちゃんと応える医療保険EVER」も、赤ちゃんが加入できる保険として人気があります。

その特徴にはどんなものがあるのでしょうか。

 

・安い保険料で、必要な保障が続く

2位のオリックス生命「新キュア」同様に、3歳までの保険料を見てみましょう。

入院給付金は5日未満が一律で2.5万円、5日以上は日額5,000円、手術給付金は入院の場合5万円と20万円(難易度の高いもの)、外来は2.5万円、放射線治療給付金は5万円、疾病・災害通院給付金が5,000円の、最もシンプルなプランの場合です。

加入年齢 0歳 1歳 2歳 3歳
男児 855円 855円 855円 860円
女児 875円 880円 885円 895円

 

このように、最もシンプルな保障内容の場合、どの年齢も男女とも900円以下と非常に手ごろな金額の保険料となっています。

「アフラック ちゃんと応える医療保険EVER」の保障のユニークな特徴としては、5日未満の入院は一律で2.5万円もらえることです。

入院が1日や2日の場合も2.5万円もらえるので、もし余った場合は他の出費にも充てることができ、お得感があります。

また、 「オリックス生命 新CURE(新キュア)」同様、保障は一生涯続きますので、大人になってからの保障も考え、先進医療特約や三大疾病一時金特約、三大疾病無制限型長期入院特約などもつけると、安い保険料で、さらに長期的な保障を得られ安心です。

アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」の詳細は以下

アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」の評判やメリット・デメリットを解説!

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

まとめ:高校生に医療保険は必要?子供共済やおすすめランキングを解説

ここまで高校生に医療保険は必要であるかということを中心に解説させていただきました。

以下にポイントをまとめます。

・高校生で安い保険料と一生涯の保障に備えるには終身型医療保険がおすすめ

・高校生という期間だけ医療保障を求める方は子供共済がおすすめ

・居住する自治体の子ども医療費助成制度が高校生まである方は医療保険は不要かもしれない

・高校生は傷害保険と個人賠償責任保険に加入した方が良い

高校生ともなると将来を見据える大事な時期であり、行動する範囲も広くなりますし、経験も浅いために様々なリスクが存在していることは致し方ありません。

勉強に遊びに奔放に取り組める環境を作るためにも、納得のいく保障で普段の生活を安心して過ごすことが一生の宝になり、厳しい社会でもたくましく生きることができる社会人に成長してくれるのではないでしょうか。

人気の医療保険比較ランキングではこのほかにも多数の記事がございますので、このあともぜひご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。