赤ちゃんに医療保険は必要?加入は出産前がおすすめ?ランキングも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安い医療保険ランキング

赤ちゃんに医療保険は必要?大切な我が子のために、医療も万全の体制を整えてあげておきたいですよね。ここでは赤ちゃんの医療保険の必要性とその理由、出産前に加入すべきかやおすすめの医療保険、さらに医療保険以外の赤ちゃんの保険について解説します。

赤ちゃんに医療保険は必要?いつからの加入がおすすめ?

赤ちゃんの入院検査

多くの場合、生まれた赤ちゃんに最初に検討するのは「学資保険」です。

それに対して「医療保険」は、考えていなかったという方が多いのではないでしょうか。

確かに、赤ちゃんの医療費には充実した公的な助成制度があります。そのために必要性がわからなかったり、周囲でも入っていない方が多かったりして必要ないと思い込み、検討しないのは無理ありません。

しかし、赤ちゃんの病気・入院した時の交通費、食事代、ベッド代など公的医療保険ではカバーできない出費も多いのです。

そこでこの記事では、

  • 赤ちゃんの医療保険の必要性は?
  • 医療保険に加入するとしたらいつからがいいの?
  • どんな保険を選べばいいの?
  • 医療保険以外に必要な保険は?

など、赤ちゃんの医療保険の必要性と保険の選び方について、詳しく説明していきます。

最後まで読んでいただければ、赤ちゃんに関連する公的な助成を理解した上で、必要な保険の選び方がわかるようになります。

1番良い赤ちゃん向け医療保険を確実に知りたいという方は保険のプロに相談しましょう。

当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で、プロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

14
7月

おすすめ!

医療保険おすすめ人気ランキング

当サイトおすすめの医療保険をランキング形式でご紹介しています。年齢・性別・職業別のおすすめランキングも解説しているのでぜひご覧ください。

10 mins ago 580 comments

 

赤ちゃん(新生児)の医療保険の必要性・メリットは?

まず気になるのは、そもそも赤ちゃんに医療保険は必要なのか?ということでしょう。

結論から言うと必要性は、「比較的薄い」です。

冒頭でも赤ちゃんの医療費には公的な助成制度があるとお伝えしましたが、大人と同じように高額療養費制度もあります。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんのための乳児医療費助成制度とは?内容を解説

日本は国民全員が公的な健康保険制度に加入しており、医療費の負担額は6歳までの未就学児の場合「2割」です。

これに上乗せで「乳幼児医療費助成制度」はさらに助成を受けることができ、乳幼児の医療費の自己負担を減らすというものです。住んでいる自治体によって多少差はありますが、無料または数百円程度の自己負担で病院や薬局にかかることが可能なのです。

通院だけではなく入院した際にも使える制度であるため、赤ちゃんが重い病気になった場合も保険適用内の治療であれば無料もしくは軽度の医療費負担で済みます。

赤ちゃんも使える高額療養費制度について

「高額療養費制度」とはご存知の方も多いとは思いますが、医療費が自己負担限度額を超えた際に、超えた分が戻ってくるという制度です。これが赤ちゃんにも適用されます。

自己負担限度額は所得によって分けられ、一般的な所得だと約80,000円となります。この場合、医療費が20万円かかったとしても、12万円は戻ってくるということです。

赤ちゃん(新生児)が病気で入院した時にかかる経済的負担

赤ちゃんは入院しても医療費がかからないか少額とはいえ、費用が全くかからないわけではありません。

医療費は助成されても、毎日24時間付き添いが必要となることが多く、親の食費や交通費が普段の生活よりもかさんできます。

また付き添いのために仕事を休まなければならなくなった時に、給料が減ってしまい収入面にも影響があります。

厚生労働省の調査では入院する0歳児の数は10万人あたりで1,062人です。1~4歳児は170人であるため、人によっては可能性が高いと感じるでしょう。

赤ちゃんの医療保険の必要性はなんとなくわかったけど、本当に必要なのか疑問・・・という方は、保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

赤ちゃん(新生児)の医療保険が必要なケースは?

場合によっては、赤ちゃんでも医療保険に加入しておいたほうがいいこともあります。

それは以下のようなケースです。

  • 住んでいる地域の乳幼児医療費助成制度が充実していない
  • 先天性疾患の可能性があると言われている
  • 赤ちゃんが入院した時の医療費を補えるほどの貯蓄ができていない、できる自信がない

「乳幼児医療費助成制度」は住んでいる自治体によって差があるとお伝えしましたが、1回の受診につき自己負担500円が必要というところもあります。

このような地域に住んでいる場合は、赤ちゃんでも医療保険を考えてもいいかもしれません。

先天性疾患の可能性があると言われている場合は、成長とともに医療費が増えていくことが考えられます。診断を受けた後からは加入できない医療保険もあるかもしれないので、この場合は早めに検討することをおすすめします。

また赤ちゃんが入院した時の医療費を補えるだけの貯蓄をできていない、できる自信がない方は、毎月1000円程の保険料を支払えば良い医療保険の加入がおすすめです。

自分の赤ちゃんに医療保険が本当に必要なのか確信をモテない人もいるでしょう。そんな方は、保険のプロに保険相談すると良いです。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

赤ちゃん(新生児)がかかりやすい病気や入院する確率

赤ちゃんがかかる病気には以下のようなものがあります。

  • 麻疹
  • 風疹
  • おたふくかぜ
  • インフルエンザ
  • プール熱(咽頭結膜熱)
  • ヘルパンギーナ
  • 手足口病
  • ウイルス性胃腸炎(ノロウイルス等)
  • 溶連菌感染症
  • 乳幼児嘔吐下痢症
  • 水疱瘡
  • 百日咳

生後6ヶ月までは母乳から得られる免疫により病気にかかりづらいと言われていますが、6ヶ月目以降に病気にかかる場合や免疫では防げない病気もあります。

先ほど、入院する0歳児の数は10万人あたりで1,062人とご紹介しましたが、確率にするとおよそ100人に1人、つまり約1%の赤ちゃんが入院することになります。

赤ちゃん(新生児)はいつ医療保険に加入すべき?出産前・生まれる前は?

赤ちゃんの医療保険に加入するタイミングですが、加入を考えているのであればできるだけ早くをおすすめします。

なぜなら、生まれてすぐに先天性疾患が見つかったり、重い病気にかかってしまう可能性もあります。そこからでは加入できなかったり、その病気に関連する保障が適用外になってしまったりするのです。

さらに保険料も年齢が若ければ若いほど安いため、このことからも早く加入する方がいいと言えます。

赤ちゃんの医療保険おすすめ人気ランキング

赤ちゃんの医療保険おすすめ人気ランキングは以下になります。

  1. 共済
  2. オリックス生命「新キュア(新CURE)」
  3. アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」

1位「共済」!

「共済」の画像検索結果

 

共済には、都民共済、県民共済のように自治体が運営するもの、農協が運営するJA共済、コープ共済などあります。

共済を利用する条件としては、運営する協同組合などに出資を行ったり組合員となる必要があります。

どんな特徴があるのか見てみましょう。

掛け金が安く、保障範囲が幅広い

共済は、「相互扶助の精神に則った組合員の助け合い」のもとに、成り立っており、一般の医療保険と異なり、共済事業という非営利事業であるため、広範囲の保障が安い掛け金が設定されているのが特徴です。

例えば、コープ共済の「たすけあいジュニア」の1,000円コースでは、

・入院日額は6,000円(1~360日)、270日以上の長期入院では36万円

・通院日額は2,000円(1~90日)

・手術では5・10・20万円

・事故後遺障害では14~350万円

・病気死亡・重度障害の場合100万円(事故死亡・事故重度障害の場合は50万円プラス)

・親死亡・親重度障害は4万円

・扶養者事故死亡・扶養者事故重度障害は100万円

など、1,000円でこれだけの保障が確保されています。

割戻金が戻る

毎年の決算で剰余金が出たときに、その時点での加入者に割戻金が返金されます。

共済金(保険料)の支払が少なければ、その分割戻率も高くなり、この点も共済が非営利事業であることのメリットといえるでしょう。

共済の中でも割戻し率が高いのは、県民共済で、低いものでも20%前後、最も高いのは埼玉県民共済で、平成30年7月決算時の割戻し率はなんと47.75%です。

もともと安い掛け金なのに、さらにそのほぼ半分が戻ってくると考えれば、かなりお得感がありますね。

「共済」の詳細は以下

「共済」(ここでは県民共済)と民間医療保険の違いなどを解説!

 

2位「オリックス生命 新CURE(新キュア)」!

「新キュア」の画像検索結果

「オリックス生命 新CURE(新キュア)」も赤ちゃんが加入できる保険としておすすめの保険です。

早速、人気のポイントを見ていきましょう。

 保険料が割安で、手厚い保障がずっと続く

「オリックス生命 新CURE(新キュア)」も、1位の共済同様、保険料が安く、手厚い医療保障が受けられることが大きなメリットです。

例えば、入院給付金日額が5,000円、手術給付金が入院の場合で10万円、外来の場合で2.5万円、先進医療特約がつく基本プランの0歳から3歳までの男女の保険料を見てみましょう。

加入年齢 0歳 1歳 2歳 3歳
男児 1,032円 969円 931円 924円
女児 1,093円 1,025円 991円 993円

このように、概ね1,000前後の保険料となっています。

さらに、共済と違うのは、18歳で保障が終わるのではなく、保険期間は一生涯続くことを考えれば、非常に安心といえるでしょう。

上の表の基本プランには、七大生活習慣病になった場合には120日まで、三大疾病になった場合は日数無制限での保障が含まれています。

赤ちゃんの時にはあまり必要ないかもしれませんが、大人になってからも同じ安い保険料で、これらの保障が確保されるのは、大変大きなメリットといえます。

オリックス生命「新キュア」の詳細は以下

オリックス生命「新キュア」の評判やメリット・デメリットを解説!

3位「アフラック ちゃんと応える医療保険EVER」!

「アフラック EVER」の画像検索結果

「アフラック ちゃんと応える医療保険EVER」も、赤ちゃんが加入できる保険として人気があります。

その特徴にはどんなものがあるのでしょうか。

安い保険料で、必要な保障が続く

2位のオリックス生命「新キュア」同様に、3歳までの保険料を見てみましょう。

入院給付金は5日未満が一律で2.5万円、5日以上は日額5,000円、手術給付金は入院の場合5万円と20万円(難易度の高いもの)、外来は2.5万円、放射線治療給付金は5万円、疾病・災害通院給付金が5,000円の、最もシンプルなプランの場合です。

加入年齢 0歳 1歳 2歳 3歳
男児 855円 855円 855円 860円
女児 875円 880円 885円 895円

このように、最もシンプルな保障内容の場合、どの年齢も男女とも900円以下と非常に手ごろな金額の保険料となっています。

「アフラック ちゃんと応える医療保険EVER」の保障のユニークな特徴としては、5日未満の入院は一律で2.5万円もらえることです。

入院が1日や2日の場合も2.5万円もらえるので、もし余った場合は他の出費にも充てることができ、お得感があります。

また、 「オリックス生命 新CURE(新キュア)」同様、保障は一生涯続きますので、大人になってからの保障も考え、先進医療特約や三大疾病一時金特約、三大疾病無制限型長期入院特約などもつけると、安い保険料で、さらに長期的な保障を得られ安心です。

アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」の詳細は以下

アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」の評判やメリット・デメリットを解説!

ランキングをみたけど、他の保険も比較してどの保険に入るか決めたい!という方は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で、プロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

赤ちゃんの医療保険おすすめ人気ランキング1位の共済とは?

共済とは、非営利団体が手がける保険のことです。

掛け金が安いのは、民間の保険会社と違い営利目的ではないためです。

共済保険の保険料や種類などを詳しく見ていきましょう。

共済保険の保険料(掛け金)や種類は?(JA共済・コープ共済など)

共済は様々な運営元がありますが、以下が4大共済と呼ばれる代表的な共済です。

  • JA共済
  • コープ共済
  • 全労済
  • 県民(都民)共済

保険料は保険やプランによりますが、コープ共済の「たすけあい医療コース」を例にとると、0歳から加入できて保険料は月額1,000円です。

これだけ安い保険料でも入院日額2,000円、通院は日額1,000円と、赤ちゃんや子供には十分だと言える保障がつきます。

赤ちゃんには保険料が割安になる終身医療保険もおすすめ

保険は加入年齢が若いほど保険料も安いので、赤ちゃんのうちに入っておけば保険料が安いまま手厚い保障が持てます。

それが終身の医療保険であればその保障を一生涯持てるため、終身医療保険への加入もおすすめです。

妊娠・出産時に健康保険で保障される給付金・手当

赤ちゃんの出産を待つ既婚男性

赤ちゃんの医療費の助成制度以外にも、妊娠・出産の際に健康保険から保障される給付金や手当がいくつかあります。

あらかじめ知っておき、もらえるタイミングで申請ができるようにしておきましょう。

妊娠・出産時利用できる給付金・手当①出産育児一時金

出産には大きなお金が必要となりますが、この出産育児一時金からその費用の大部分を補うことができます。

受け取る条件は、国民健康保険もしくは健康保険に加入しており、妊娠4ヶ月以上で出産した場合です。

子供一人につき42万円の手当が受けられ、多くの場合は病院に直接支払われるので、かかった費用が42万円を上回った場合は差額分だけを負担すればいいということです。

妊娠・出産時利用できる給付金・手当②出産手当金

出産のために働けなくなり収入がなくなってしまっても、出産前42日間と出産後の56日分の合わせて98日間に渡って給与の3分の2が支給されます。それがこの出産手当金です。

受け取る条件は、健康保険に加入していることです。

仕事をしている女性からすると、大変ありがたい制度となっています。

妊娠・出産時利用できる給付金・手当③妊婦健診の割引

自治体によって違いますが、多くの自治体が無料で妊婦健診を行なっているか、母子手帳とともに妊婦健診の割引が受けられる補助券を配布しています。

妊婦健診は出産までに10回以上ある上に、平均すると1回数千円かかりますから、この制度がある自治体に住むことをおすすめします。

赤ちゃん(新生児)にかけられる保険が必要か解説

医療保険以外にも、赤ちゃんにかけられる保険はあります。

ここでは代表的なものとして、「学資保険」と「生命保険」、「傷害保険」の必要性について解説します。

赤ちゃん(新生児)に学資保険は必要?

冒頭でも赤ちゃんが生まれたら最初に考える保険として学資保険を挙げましたが、実際のところ必要なのでしょうか?

学資保険は、高校や大学の進学で大きな教育費用が必要となる時のための積み立てです。周りに入っている人が多いと、入るのが当たり前だと考える人もいますが、全員がそうとは限りません。

学資保険への加入をおすすめする人としない人は以下の通りです。

【おすすめする人】

  • 貯金が苦手
  • 毎月計画的に積立をしていきたい
  • 金利の低さで銀行預金がもったいないと感じる

【おすすめしない人】

  • 将来学費を払う準備がすでにできている人
  • 自分で株などの運用で増やしたい
  • 医療保険をメインに考えている

どちらに当てはまるかで、学資保険の必要性は変わってきます。

赤ちゃん(新生児)に生命保険(死亡保険)は必要?

本来、生命保険に加入する目的は、家族を養っている人が亡くなった時に、残された家族が経済的に困らないようにですが、子供にかけることで、「将来の子供へのプレゼント」とする人もいます。

生命保険のタイプによっては、ニーズに合わせて途中で保障内容を変更できるものや、掛け捨ての保険料ではなく、亡くならなくても満期になるとお祝い金が受け取れるものなどがあるからです。

このように将来のプレゼントとして加入する場合は、解約して解約払戻金を受け取るか、そのまま継続するか等、子供の意思で決められるようなものを選んであげることをおすすめします。

赤ちゃんに傷害保険は必要ない

医療保険の他に、主にけがの保障をしてくれる「傷害保険」もありますが、赤ちゃんには必要ありません。

最初の方で「助成制度・高額療養費制度があるため赤ちゃんの医療保険の必要性は薄い」とお伝えしましたが、これは病気だけではなく、けがの治療にかかった医療費も対象です。

そのため、けがであっても自己負担額はないか少額ですし、医療保険に加入した場合もけがでの入院等も保障されるため、保障が重複することになりますから、傷害保険だけでの加入は必要ないと言えます。

生命保険・学資保険が必要なケースはなんとなくわかったけど、加入するべきか自分一人では判断できない・・・という方は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

両親向け:高校生の医療保険おすすめ人気ランキング

高校生におすすめする医療保険

高校生おすすめ医療保険人気ランキングは以下になります。

  1. コープ共済
  2. オリックス生命「新キュア」
  3. アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」

1位:コープ共済

コープ共済の口コミ・評判

「掛け金の還付率が良いです。電話でやり取りできるし、振り込みが早いので信頼できます。対応が早く満足しています。」

余剰金が還付金として受け取れると、ちょっとしたお小遣いを貰ったみたいで嬉しいですよね。組合員のための共済なので、何かあった場合は気軽に電話すれば、あとは親切丁寧に請求手続きをサポートしてくれます。組合員を大切にしている生協ならではですよね。

参考:コープ共済の口コミ・評判やデメリット

2位:オリックス生命「新キュア(新CURE)」

オリックス生命「新キュア(新CURE)」の口コミ・評判

「保障内容が明確で、特約を最小限に抑えてもしっかりとした保障がされているので安心です。」

やはり、保障内容が明確というのは利用者にとってもありがたいことで評判がいい理由の一部分を担っていると思います。

無駄に頭を悩ませなくとも自分にピッタリな保険が見つけられるのは素晴らしいですね。

関連:オリックス生命「新キュア(新CURE)」の口コミ・評判

3位:アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」

アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」の口コミ・評判

「入院した後すぐに保険金が支払われたのでとても信頼感がありました。保険料も比較的安いので非常に満足しています。」

入院した後にすぐに保険金が支払われるというのは大変助かりますよね。アフラックは比較的支払いまでの日数が短いようです。

また、給付の際、他の保険会社の診断書があれば、そのコピーでも請求可能なのも便利です。

関連:アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」の口コミ・評判

まとめ:赤ちゃんに医療保険は必要?いつからの加入がおすすめ?

赤ちゃんの病気・入院の診断をする医師

今回は、赤ちゃんの医療保険の必要性や、加入するタイミングについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の記事のポイントは、次のとおりです。

  • 赤ちゃんの医療費には助成制度・高額療養費制度が適応される
  • そのため医療保険の必要性は薄い
  • 助成制度が充実していない自治体か、先天性疾患の可能性がある場合は必要性がある
  • 加入するならなるべく早くがおすすめ
  • 共済保険は掛け金が安く人気が高い

大人と比べると、赤ちゃんの医療保険の必要性は低いですが、一概にそうとは言えない場合もあるため、ご自身の状況ではどうなのかをしっかりと見極めましょう。

赤ちゃん向けの医療保険に入りたいと思ったら、複数の保険を比較して自分にあった保険を見つけましょう。

保険を比較する際には、当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。