医療保険とは?必ず知っておきたい基本をわかりやすく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安い医療保険ランキング

医療保険とは?わかりやすく解説!

医療保険と聞くと、保険会社が販売しているもの、お金がかかる、内容がわかいにくい(だから面倒くさい)、等といったイメージをもっていませんか?

 

実際に、(公財)生命保険文化センター「平成27年度生命保険に関する 全国実態調査」の集計/『生命保険や個人年金に関する知識について』というアンケート項目では、

・ほとんど知識がない=68.6%

・十分に知識がある=29.9%

となっておりました。

やはり、保険に関しては、内容が難しいということで、そのまま入っている感じの方が多いのかもしれませんね。知らない人が損をして、知っている人だけが得をする状態です。

あなたには何の医療保険がベスト?

なんの医療保険が自分にいちばん合っているのかは、正直、豊富な専門知識がないと記事を読んでも判断できません。

3つの質問で簡単に見極めましょう。


今回、それを解決できるように、

・医療保険について(種類・加入率など)

・医療保険の保障内容(商品・種類など)

といった内容で、詳細を解説していきます。

 

こちらの「医療保険ランキング.com」では、医療保険について詳しく解説しております。

さまざまな医療保険の内容を理解するのに活用してください。

そして、あなたも知っている人の仲間入りをして、得をしてください。

 

では、まず医療保険の基本的な部分から、お伝えいたします。

 

公的医療保険と民間医療保険がある!

実は、医療保険、2つの種類に分かれます。

・公的医療保険

・民間医療保険

いづれも、病気やケガへの不安への備えです。

 

日本は、1961年から「国民皆保険制度」と言って、基本的には、すべての国民が何らかの公的医療保険に加入し、誰でも医療が受けられる、という状況にあります。

とても恵まれている制度です。

 

そして、国が異なると、医療制度が異なります。

アメリカでは、一部の国民は、公的医療保険に入っていますが、その他の国民は、公的医療保険に入れず、民間医療保険に入らなければいけません。ただ、この民間医療保険については、金額が高額なため、保険未加入の人もいるとか。

そうすると、医療費は高額です。虫垂炎の手術で、数百万円するそうです。

 

イギリスでは、公的医療制度(診察は無料、薬代のみ実費)がありますが、それは公的医療機関のみ対象。ただ、病気になっても、診察の予約が数週間後となったりという問題点もあります。私的医療機関では、すぐ診察してもらえますが、公的医療保険が使えず、実費または民間医療保険での対応となります。

 

公的医療保険(健康保険)とは?

加入審査なく、誰でも入れます。

年齢 75歳未満 75歳以上
組合種類 国民健康保険 全国健康保険協会(協会けんぽ・船員保険) 組合健保 共済組合 後期高齢者医療制度
加入者 自営業者など 会社員(民間企業)、船員とその家族 業種ごとでの組合、大手企業の会社員とその家族 公務員・教職員とその家族 75歳以上の人
自己負担割合 70歳未満:3割(6歳未満/義務教育就学前:2割※)

70歳以上:2割

※現役並所得者は、70歳以上でも3割

1割※現役波所得者は、3割

※市町村により異なりますが、医療費助成制度により、子供は医療費無料などといった優遇もあります。

 

他にも、高額療養費制度/疾病手当金/出産手当金/出産一時金などがあります。

健康保険証を持っていても、自動的に支払われるものではないので、自分で申請をする必要があります。

 

民間医療保険とは?

いわゆるTVCMやDMで入ってくるもので、民間企業が開発している保険商品の一つです。

公的医療保険にプラスして加入するというものです。

 

時代の流れ・医学の研究によって、日々進歩してきており、それに対応して民間医療保険の内容も変わってきます。

 

ノーベル賞を受賞された方が、「ガンは持病レベルになる」とおっしゃっていましたが、昔では治らない病気も手術ができるようになり、だんだんと治療で治るのが当たり前になってきていますね。とても嬉しい話です。

 

でも、実際に、公的医療保険で、すべてをまかなえるか?となると、そうはいかない場合もあります。今、医療の現状は、入院日数を減らして、退院後の通院をしたり、在宅医療を推進する動きもみられています。

その場合は、公的医療保険に加えて、民間医療保険のサポートが精神的にも助かります。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

民間の医療保険の加入率とは?

保険会社の保険商品には、3種類あります。

生命保険の第一分野、損害保険の第二分野、医療保険や介護保険などは、第三分野となります。

実際に、どのくらいの人が民間医療保険に加入しているのか?

とても気になりますよね。

 

表からわかるのは、病気やケガに備えている方が多いという感じです。

 

世帯加入率 平成27年 平成24年 平成21年
医療保険・医療特約 91.7% 92.4% 92.8%
通院特約 40.6% 43.8% 42.2%
特定疾病保障保険・特定疾病保障特約 44.0% 43.4% 41.0%
ガン保険・ガン特約 60.7% 62.3% 59.5%

※民保加入世帯(かんぽ生命を除く)

※出典 (公財)生命保険文化センター「平成27年度生命保険に関する 全国実態調査」より

これらの内容を理解した上で、「ちょっと気になるな」「医療保険に加入してみようかな」と思った方はまず無料の保険相談をすることがおすすめです。

「保険」というワードに「無料」というワードがくっつくとなんとなく怪しいなと思ってしまう方もいるかもしれませんが、ここで紹介する専門家は保険会社から手数料を受け取ることで相談に乗ってくれるという仕組みになっています。

例えば借りる家を探すときにアパマンショップやエイブルなどで相談しますよね?

これらの会社は同様に、顧客が契約したら手数料をもらう形で収益をあげています。こちらの保険相談も全く同じ仕組みです。

有料の保険相談と比較して質が落ちるということは絶対にありませんし、全く怪しいものではありません。

これまでこの保険相談利用した方の感想を聞いても保険への加入を無理に勧められることはなく、親身になって相談に乗っていただいたという声を数多くいただいております。

ジムやマッサージの無料体験に申し込むような軽い気持ちで1度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

医療保険はどのような保障をしてくれる?特約とは?

まず、公的医療保険では、自己負担を支払い、一定金額以上支払った場合は、高額療養費制度を利用します。(国保以外であれば、疾病手当金も利用できます)

 

民間医療保険では、それ以外に、入院をした場合、手術をした場合には、給付金が出ます。さらに特約を付けることによって、プラスアルファの保障が受けられます。

ちなみに、高額療養費制度と医療保険、併用が出来ます。

 

入院給付金日額とは?

入院給付金とは、病気や不慮の事故により治療するために入院した場合に支払われる給付金です。検査などを目的とした人間ドックなどは対象外となりますのでご注意ください。

 

基本は、入院1回に対して支払われます。

 

今は、簡単な手術であれば、日帰り入院で、ということも可能になりました。

実際に、日帰り入院から対応する医療保険商品もあります。

また、入院2日目、5日目からというものもあります。その場合は、日帰り入院は対象外となります。

ちなみに、昔は、入院20日以上から対象というものもありました。

日数だけみても、かなりの医療の進化が遂げられ、それに対応して、販売される保険商品も作られていると感じます。

 

実際に、入院をした場合にかかる費用というのが、

公的医療保険対象 対象外
医療費 基本的には、対象 先進医療など保険がきかないものもある
入院基本料 対象  - 
食事代 対象※「入院時食事療養費」として一部負担されています  - 
差額ベッド代  -  相部屋だと、別の人の音が気になったりなどで、気を使ったりするので、個室を希望する方も多いです(差額ベッド代が発生)
入院中の日用品など  -  TVカードなど

入院中は、お給料が支払われない場合もあります。

その時は、健康保険に加入している人であれば、「傷病手当金」という制度があります。

ただ、条件があるため、対象外の人や、自営業などの国民健康保険の加入者は、この制度は利用できません。

そうすると、医療保険に入っておいたほうが、気持ち的にも安心といえるでしょう。

 

手術給付金とは?

手術給付金とは、病気や不慮の事故で手術した場合、手術のたびごとにに支払われる給付金です。基本的には、手術給付金は何度ももらえます。

ただし、すべての手術に給付金が支払われるということではありません。詳細は、保険会社により異なりますので、ご注意ください。

 

少し簡単にですが、手術給付金のご説明をします。

・支払対象となる手術

 ※基本的には、保険会社の定める「88種類または89種類の手術」または「公的医療保険対象の手術(約1000種類)」となる。

 ※美容整形や抜歯などは、対象外となります。

 

・支払金額(「入院給付金日額」×〇倍)

 ※手術ごとに金額が定められているのではなく、倍率となります。

 

・複数回の手術でも、1回のみの支払いとなる場合はがあります。

 ※1回の手術で複数受けた場合や、〇日で1回分として定められている場合など。

 

ちなみにですが、「入院給付金」や「手術給付金」の対象となるものですが、国内はもちろんですが、国外においても対象となる場合もあります。※保険会社により異なります。

約款では、「病院または診療所」の定義として、

1)医療法に定める日本国内にある病院または患者を収容する施設を有する診療所

2)1)の場合と同等と当社が認めた日本国外にある医療施設

と記載があります。

 

また、公的医療保険でも、海外渡航中の治療費(日本国内で保険診療として認められている医療行為のみ)が保険給付の対象となっており、帰国後に申請すると、一部医療費が払い戻しされるということです。

※ただし、一定の条件があります。

※治療を目的として渡航し、診療を受けたものは、対象外となります。

 

入院支払限度日数とは?

入院給付金については、1回の入院に対して支払いできる限度日数があります。

その日数を超えた入院については基本的には、支払がされません。ただし、この支払限度日数は、契約の内容(保障内容や特約)により異なってきます。

退院後の再入院でも、契約内容によっては、1回の入院とみなされる場合もあります。

 

医療保険における特約とはどのようなものがある?そもそも特約とは?

特約とは?

主契約(基本の契約内容)に加えて、保障を充実させるために追加の保障内容のこと。保険料はその分高くなりますが、自分でカスタマイズができます。

そして、特約の解約は可能ですが、主契約の契約なしに、特約だけの単独契約は不可能です。

 

特約にはどのようなものがある?

表を用いてください。

 

特約の種類を一部ご紹介いたします。

※特約のため、主契約とは別になり、その分保険料がかかります。

 

種類 内容
通院特約 所定の日数の入院後に、通院をした場合に給付金が支払われます。
疾病入院特約 疾病=病気という意味です。病気で入院した場合に入院給付金が支払われます。
災害入院特約 災害=不慮の事故という意味です。不慮の事故でけがを負い、入院した場合に入院給付金が支払われます。
特定(三大)疾病保障特約 ガン(悪性新生物)、脳卒中、心筋梗塞で所定の状態の場合に一時金が支払われます。
生活習慣病入院特約 保険会社の定める生活習慣病で入院した場合に入院給付金が支払われます。
ガン入院特約 保険会社の定めるガンで入院した場合に入院給付金が支払われます。
先進医療特約 先進医療(厚生労働大臣の承認を受けた医療技術)に該当する治療を受けた場合に給付金が支払われます。※公的医療保険では、対象になるものと対象にならないものがあります。対象にならない場合は、診察代・投薬代・入院代などは全額自己負担となります。
女性疾病入院特約 保険会社の定める女性特有の病気で入院した場合に入院給付金が支払われます。
保険料払込免除特約 保険会社の定める障害状態※になった場合に、それ以降の保険料払込が免除されます。※通常、三大疾病(ガン(悪性新生物)、脳卒中、心筋梗塞)や高度障害、要介護状態ですが、保険会社の約款所定の障害状態となります。

 

医療保険の種類はどんなものがある?

医療保険の種類はどんなものがあるかを挙げていく

 

民間医療保険は、公的医療保険と違い、加入に際して、審査があります。

その審査が承諾されて、ようやく保障がうけられるようになります。

生命保険の場合は、内容によって(高額の契約の場合など)医師の診察が必要だったりしますが、医療保険では、健康状態を告知書で回答をします。

保険会社が、給付金を支払う可能性の高い人には、審査が厳しくなります。

※医療保険は、クーリングオフ制度があります。ただし、対象外となるものもあります。

 

種類 内容
保障期間 ・終身保険・定期保険
加入しやすさ ・通常の医療保険・引受基準緩和型医療保険

・無選択型医療保険

その他 ・女性向け・子供向け

・積立型医療保険

詳細については、次でお伝えいたします。

 

医療保険の終身保険と定期保険とは?また二つの違いとは?

表を用いて違いが視覚的に見やすいようにしてください。

 

医療保険の保障については、2種類あります。

それぞれの内容をご紹介します。

内容 終身医療保険 定期医療保険
保障期間 一生涯保障※保険料支払方法については、

「終身払」加入期間支払続けると、「〇歳払」〇歳まで支払い、保障は一生涯とあります

ある年齢まで保障(期限有)
メリット ・(定期と比べ)保険料が高い・更新がないため、契約時の料金で一生涯保障される

・支払方法が選べる(終身か一定年齢まで)

・(終身と比べ)保険料が安い・期限があるため見直しがしやすい
デメリット ・契約してしまうと、一生涯のため、見直しがしにくい(見直しすると、その契約年齢での保険料となり保険料が高くなります)インフレに対応していない 更新の都度、保険料があがる※ある年齢以降は更新ができないものもあります
おススメの加入時期 老後を考えた時が良いかもしれません 若い時で出費を抑えたいとき良いかもしれません

 

いずれも若い時は保険料は安いですが、年齢を重ねていくごとに保険料も上がってきます。「いつ頃保障が必要なのか」わからないため、どれにしたほうが良いか?悩みますよね。

 

保険の入るタイミングとして、ライフプランのイベントごとに変えるのも良いかもしれません。(ここでは、医療保険以外も記載しております)

・就職して

 =自分の健康を考える。収入や貯蓄は少ないため、保険料も割安なものがおススメです。

  (医療保険/生命保険)

 

・結婚して

 =配偶者が出来て、守るものが増えます。経済的な部分も独身時よりも考えなければいけません。保険も、貯蓄を減らさずに対応できるものがおススメです。

  (生命保険/収入保障保険)

 

・家を購入して

 =家を購入する際/住宅ローンを組むと、基本的には同時に『団体信用生命保険』に加入になります。これは、ローンを組んだ人が死亡/所定の高度障害状態になった時、ローン残債が完済される仕組みとなっています。

 

・子供が生まれて

 =子供も生まれて、子供の将来も考えなくてはいけません。

  (医療保険・生命保険の見直し/収入保障保険/個人年金/学資保険)

 

・子供が独立して

 =子供が独立して、夫婦だけのことを再度考える時期です。病気の心配や老後への蓄えも考えなければいけません。医療保険も定期から終身に切り替えるのも良いかもしれません。

 (医療保険・生命保険の見直し/個人年金)

 

これが一般的な切り替えのタイミングです。

 

引受基準緩和型医療保険と無選択型医療保険とは?

ともに、持病があっても入りやすい医療保険の種類です。

 

基本的には、保険に加入するときは、「告知義務」といって、保険会社の質問事項に回答します。万一、事実を正確に回答しない場合は、「告知義務違反」ということで、契約内容の解除あるいは保険金の支払いができないことがあります。

 

病気やケガに備える医療保険、病気やケガになる前に入っておきたいですが、公的医療保険で大丈夫と思っていて、民間医療保険に入っていなかった人、また、保険内容が難しくて入るきっかけが無かった人、そういう人が、実際に病気やケガになっり、予想以上に費用がかかり、一番民間医療保険の必要性を感じると思います。そういう方にも、あきらめずに入れる新しいタイプの医療保険です。

※ただし、保険会社がリスクが高いと判断した場合は、契約延期や謝絶(契約が出来ない)ということもあります。

 

種類 引受基準緩和型(ひきうけきじゅんかんわがた)医療保険 無選択型(むせんたくがた)医療保険
内容 引き受け(保険に加入する)基準を緩和しているもの 医師の診査や告知なしで保険に加入できる
加入しやすさ 通常より加入しやすい 加入しやすい
メリット 持病があってもや入りやすい(誰でも入れる) 持病があってもや入入れる
デメリット ・保険料金が通常より割高・契約後、一定期間の保障内容が削減されたりする ・保険料金は高い・保障内容に制限がある(一部内容が保障されないなど)

 

他にも、特定部位・特定疾病不担保(とくていぶい・とくていしっぺいふたんぽ)というものもあります。

内容は、契約日から一定期間または、保険期間すべての期間において、身体の特定の部位や特定の疾病を保障の対象外(不担保)とすることを条件で契約することです。その場合、担保期間中は、特定部位・特定疾病で入院・手術を受けても給付金は支払われません。※不慮の事故の場合は、給付金の支払対象となります。

そして、特別保険料は安くなりません。(場合によっては、割増になる場合もあります)保険金削減となる場合もあります。

 

女性向けの医療保険とは?

就職して、結婚して、出産をして、保険に入ったり、見直す女性は多いのではないでしょうか。そして、女性向けって、通常の医療保険と何が違うのでしょうか。

 

まず、「女性向け」=女性特有の疾病(乳がんや子宮頸がん、子宮筋腫など)、妊娠や出産のトラブル(帝王切開)などを保障するものです。

※妊娠中も保険加入ができることもありますが、「部位不担保」型での契約となる場合もありますので、要確認です。

 

そして、通常の医療保険でも多くの女性向けの疾病をカバーできますが、「女性疾病入院特約」をつけることにより、さらなる保障を追加します。また、女性向けの医療保険商品もあります。

 

内容によっては、女性特有の疾病時の外見ケアも保障されます。

治療で頭髪が抜けて、という話はよく聞きます。その場合のウィッグ(かつら)の購入に充てられます。

 

子供向けの保険とは?

妊娠して、または子供が生まれて、最初に検討するのが、この保険だと思います。

妊娠中から契約可能な商品もあります。

 

つまり、教育資金を準備するための積み立て型保険です。

・お祝い金/満期お祝い金=一定期間ごとや満期で支払われる

・支払者(親)の死亡保障=支払者である親が死亡した場合は、その後の支払いは免除

・子供の死亡保障=死亡保険金として支払われる

・(保険商品により)プラス医療保障※

 

※子供の医療費については、基本的には、公的医療保険では、義務教育就学前(6歳未満)は、2割負担となっておりますが、市町村の医療費助成制度により、子供は医療費無料などといった優遇もあります。それを考えると、子供向けの医療保険は、不要なのでは?と思う方はいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実際には、子供には、基本的な病気やケガであれば、公的医療保険で賄えると思いますが、大人の付き添いが必要だったり、先進医療が必要な場合は、公的なものでは足りません。そのため、学資保険に医療保障があるのは、備えとして安心です。

 

積立型医療保険とは?

積立型=貯蓄型の医療保険となります。別のものは、「掛け捨て型」です。

 

積立型(貯蓄型) 掛捨て型
内容 一定期間ごと/満期/解約時に、払い込んだ保険料の一部が戻ってきたりする お金が戻ってくることはありません
メリット ・貯蓄ができる・「契約者貸付制度」を利用できる(積立た保険料からお金を借りる※利息がかかります) 保険料が安い
デメリット ・途中解約した場合の返戻金は、減額(または返戻金無し)・インフレに対応していない お祝金・返戻金は無い

 

保険料については、年末調整や確定申告時に「生命保険料控除」の対象となります。

そして、治療費や療養費などで支払われた「給付金」は、非課税です。

ただし、「(上記以外の)給付金」・「お祝い金(保険金)」は、条件にもよりますが、課税対象となります。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

まとめ:医療保険とは?の疑問にわかりやすく回答!

急に、大きな金額の医療費を支払わなければいけない場合、どうしますか?

まず最初に、公的医療保険での通常の自己負担と、その他に高額療養費制度や疾病手当金を使うことをしますが、それが毎月継続することになったら、現在持っている貯蓄で賄えますか?

貯蓄額が多ければ、すぐに問題なく対応できます。

でも、貯蓄がなかったり、足らなかったら?また、働けない状態で、貯蓄から(先の見えない状態で)支払となると、大丈夫ですか?

 

民間医療保険の場合は、自分で行う貯蓄と違い、契約すれば保障も最初から契約内容の100%で支払われます。毎月、ちょっとした金額で安心を買う/保障すると考えれば、ちょっとした投資と同じです。

是非、この機会に、こちらのサイトを利用して、自分にあった医療保険を探していただけると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。