日本生命のしつこい「ご契約内容確認活動」の実態と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命の評判をネット上で検索すると、しつこい営業に対する不満を口にする方が多く見受けられます。

特に「ご契約内容確認活動」という営業方法がしつこいとの評判が見受けられましたが、一体この制度は何故多くの反感を買っているのでしょうか?

この記事では以下の内容について説明します。

  • 日本生命の「ご契約内容確認活動」とは?
  • 日本生命の営業がしつこい理由
  • 日本生命の営業に関する評判・口コミ
  • しつこい「ご契約内容確認活動」への対処法

ぜひ最後まで記事に目を通していただいて、日本生命のしつこい営業を受けた際や日本生命の保険の加入を検討する際の参考にしてください。

関連:日本生命「がん医療保険」の評判は?メリット・デメリットから分析

しつこいと評判の日本生命の「ご契約内容確認活動」とは?

日本生命の担当者の活動の中に、「契約内容確認活動」という活動があります。

これは、読んで字のごとく、契約内容を確認する目的の活動で、1年に1回行うことになっています。

そもそも、なぜこの活動をすることになったというと、平成17年に起こった28社の生命保険会社による「保険金の不払い問題」がきっかけとなっています。

これは、加入者から保険金の請求がなかったという背景もあるのですが、いずれにしろ、このような状態を避けるために、1年に1回、契約内容の確認をするために電話などで連絡があるのです。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

なぜ日本生命はしつこい「ご契約内容確認活動」を行なっているのか?

日本生命の契約内容確認活動は非常にしつこいという評判なのですが、なぜそんなにしつこいのでしょうか。

単なる契約内容の確認だけでなく、他の目的もあるようです。

以下で見ていきましょう。

日本生命の保険を勧めるため

最初の目的は、日本生命の他の保険を勧めるためです。

契約内容確認活動をする相手は、既に日本生命のなんらかの保険に加入している人ですので、ある程度そのお客様の状況もわかっているため、他の保険の勧誘もしやすいという背景があります。

そのため、保険の見直しや新しい保険の紹介など、契約のチャンスにつながるため、契約内容確認活動のチャンスを利用して勧誘してくるのです。

ポイントがなくなってしまうのを防ぐため

日本生命の契約者には、加入している年数、契約内容の確認、お客様情報のの登録などによって、「サンクスマイル」というポイントがたまるサービスがあります。

このポイントをためると、色々な商品やギフトカードなどに交換できます。

また、このポイントの有効期限は、5年後の3月31日までとなっているため、失効するポイントがある場合は、それを知らせるために、勧誘を兼ねた連絡をすることが多くなります。

日本生命の営業はセールスマンの給料に直結している

また、契約内容確認活動には、ノルマがあるようです。

「1ヶ月に15〜20人のお客様へ、契約内容確認活動をする」というように決められているようで、各担当者はそれをこなすために、自分のお客様へ連絡をすることを余儀なくされているのです。

それは、もちろんノルマをこなせば、その分お給料に反映されるということもありますし、また、声かけをしたお客様の中から、新たな契約が取れる可能性もあるからです。

いずれにしても、自分のお給料が少しでも増える可能性があるので、担当者は一生懸命に契約内容確認活動を行うことになります。

日本生命の営業に関する評判・口コミ

日本生命の営業に関する1つ目の評判・口コミは37歳男性の「ベル」さんです。

「解約したいと言ってもすぐに解約してくれなかった。「書類作成が済んでいない」「課長の確認を待っています」などと散々先延ばしにさること2ヶ月。今だに解約の手続きは出来ず。一体いつ解約出来るの?日本生命こんなにひどい営業をする会社だとあらかじめ知っていたら契約しなかった!もう二度と関わりたくない。」

日本生命の営業に関する2つ目の評判・口コミは45歳男性の「oooyyy」さんです。

「本人署名用の欄を代筆していた。それが私にバレそうになると相手は大慌て。全くおそまつな対応だなと笑ってしまった。営業に関する教育が行き届いていない。これを機に日本生命の保険は全て解約予定です。」

これらの内容を理解した上で、「ちょっと気になるな」「医療保険に加入してみようかな」と思った方はまず無料の保険相談をすることがおすすめです。

「保険」というワードに「無料」というワードがくっつくとなんとなく怪しいなと思ってしまう方もいるかもしれませんが、ここで紹介する専門家は保険会社から手数料を受け取ることで相談に乗ってくれるという仕組みになっています。

例えば借りる家を探すときにアパマンショップやエイブルなどで相談しますよね?

これらの会社は同様に、顧客が契約したら手数料をもらう形で収益をあげています。こちらの保険相談も全く同じ仕組みです。

有料の保険相談と比較して質が落ちるということは絶対にありませんし、全く怪しいものではありません。

これまでこの保険相談利用した方の感想を聞いても保険への加入を無理に勧められることはなく、親身になって相談に乗っていただいたという声を数多くいただいております。

ジムやマッサージの無料体験に申し込むような軽い気持ちで1度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

日本生命のしつこい「ご契約内容確認活動」への対処法

それでは、日本生命のしつこい「契約内容確認活動」から逃れるには、どうすればよいのでしょうか。

例えば、以下のような内容を伝えることも方法のひとつです。

  • 日本生命の社員に親戚がいて、その親戚が担当者である

身内(親戚)との関係にまで割って入ろうとする担当者はあまりいないので、この方法は効果があります。

  • 保険代理店が担当している

保険代理店が扱っている場合は、代理店の許可を取らなくてはいけないので、そこまでごり押しする担当者もあまりいないでしょう。

これらの対応ですむ場合はそれでもよいのですが、結局、契約内容の確認ができていなければ、連絡は引き続きあるかもしれません。

そこで、間違いない方法としては、担当者を介さずに、郵送やネットで自分で済ますというものです。

郵送の場合は、担当者から連絡があった際に、関連書類を郵送してもらうよう頼めば大丈夫です。

また、ネットの場合も、日本生命のホームページに「生命保険・損害保険の契約内容を確認する」というページがありますので、そこから、インターネットの「ご契約者様専用サービスへログイン」をクリックして対応できます。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

まとめ:日本生命のしつこい「ご契約内容確認活動」とその対処法

これまで日本生命のしつこい「ご契約内容確認活動」について説明してきました。

この記事のポイントは以下になります。

  • ご契約内容確認活動とは
  • 日本生命のしつこい営業には様々な背景があある
  • 日本生命に関する評判・口コミ
  • ご契約内容確認活動への対処法

これらの内容を踏まえて、日本生命のしつこい営業に出くわした際や保険への加入を検討する際の参考にしてください。

関連:日本生命の営業がしつこい!その内容と対処法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。