ネット保険のメリット・デメリット!各商品の評判・口コミや安さの理由を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
医療保険40代おすすめ人気ランキング!40代女性・男性別の選び方

「ネット保険って普通の保険と具体的にどう違うの?安いの?」「ネット保険のメリット・デメリットを知りたい!」とネット保険の評判・口コミが気になりますよね。

ネット保険は確かに安いですが、その分手間がかかることが多く面倒くさいことがデメリットです。ネット保険に加入するかは、デメリットや評判をしっかり把握して判断したいところです。

このページではネット保険のメリット・デメリットや評判を徹底的に調べ上げ、以下のことを解説していきます。

  • ネット保険のメリットと安い理由
  • ネット保険のデメリット
  • ネット保険がおすすめな人
  • 各ネット保険の評判・口コミ
  • 保険料を安くする方法

ぜひ気になるところから読んでみてください。

ネット保険のメリットは安いこと!安さの理由は?

ネット保険のメリットは、何と言っても保険料の安さです。

ネット保険が安い理由は店舗の費用や人件費を抑えることができるためです。そのかわり、自分で自分にあった保険を探して申し込み、契約まで自分でやる必要があります。

具体的にどのくらい安いのか、対面申し込みの商品とネット申し込みの商品の保険料をメディカルキットNEOで比較してみます。

ネット申し込み 対面申し込み
月額保険料 1,404円 2,273円
疾病入院給付金・災害入院給付金 日額5,000円 日額5,000円
手術給付金・放射線治療給付金 入院中5万円

外来2.5万円

放射線治療5万円

20または10または5または2.5万円

放射線治療5万円

先進医療給付金 2000万円まで 2000万円まで
特定疾病入院給付金 なし 日額5,000円
初期入院保障特則 なし 5万円

参考:あんしん生命「メディカルキットNEO」の評判やデメリット

保障内容が多少違うとはいえ、保険料が月々900円近く安くなっています。

保険料の安さを何よりも重視するという人はネット保険を検討してみてはいかがでしょうか。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

ネット保険のデメリット!弱点はあるの?

ネット保険の保険料の安さは魅力的ですが、もちろんデメリットもあります。

ネット保険のデメリットは、申し込みから契約までの手続きを全て自分でやらなければならないことです。

特にネット保険に加入する際に難しいのが、保険選びと告知です。

ネット保険での保険選びは、自分で様々な保険を比較しどの保障をつけるかも自分で決めなくてはいけません。

あまり知識のない人が自分でやろうとすると自分の知っている保険だけしか比較しなかったり、保障も保険会社のおすすめプランにしてしまい、無駄な保障をつけてしまうなどはよくあります。

そのため、ネット保険を自分で選ぶのはある程度保険の知識がある人向けです。保険会社が保険のメリットとして押し出している保障でも使わない/いらないものが多いので、そういった保険会社のPRに惑わされず自分にあった保険を選べる方でしたら自分でネット保険を選んでも良いでしょう。

また、告知も自分一人でやるのは大変です。告知は基本、告知書に自分の病傷歴などを自己申告でかくのですが、この告知に抜けがあると告知義務違反になる可能性があります。

例えば、あなたが3年前にヘルニアで入院していたとします。しかし、あなたはヘルニアをケガではないと認識していた/またはヘルニアになったことを忘れていた場合、5年以内にケガで入院したことがありますか?という項目でいいえと答えてしまうと告知義務違反になってしまうのです。

なぜなら、保険会社はヘルニアをケガであると判断するからです。

自分一人で告知をするとこういった誤った告知をしやすいため、通常は保険をよくわかっている人などに相談しながら告知をするのが良いとされます。

しかし、一度自分だけで告知をしたことがるといった方などは、自分だけで告知をしても問題ないでしょう。

参考:医療保険で告知のゆるい商品!告知義務とは?嘘をついたらばれる?

自分で全てやる自信がない・・・。という人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

各ネット保険の評判をご紹介

以上、ネット保険は安いが自分で全てやらないといけないため、人を選ぶことがわかりました。

それでは具体的にどんなネット保険があるのでしょうか。一番気になるであろう評判をご紹介していきます。

ネット保険全体の評判

アクサダイレクト定期医療

「医療保険の加入を検討していましたが、決め手は何といっても保険料の安さです。ほかの会社と比べても明らかに安く、家計にも負担がかからないので助かります。」

アクサダイレクト生命の「定期医療」の最大のメリットは保険料の安さになります。子育て世代など保険料の負担をできるだけ抑えて医療保険に加入したい世帯の方には特におすすめと言えます。

アクサダイレクト生命「定期医療」の評判やデメリットを解説!

新自分への保険

「保険料が安いですし、保険金を貰うとき、診断書が必要なく必要な書類がスマホで送れるというのが大変便利です。」

保険金を請求するときは今までは診断書をとって所定の請求書に記入してと、診断書をもらうのに時間がかかったり、手間がかかっていましたが、ライフネット生命は支払いの早さや請求の簡単さでも定評があります。

ライフネット生命「新じぶんへの保険」の評判やデメリットを解説!

新キュア

「保険料は掛け捨てですが、安い上に払込免除があるというのはすごくいいですね。しかもオペレーターの方の対応も丁寧でサポートも充実しています。」

保険料の払込免除とは事故などになったときに将来の保険料の払込が免除されるというものです。

これは非常に安心ですね。

さらにオペレーターの対応が丁寧との評判・口コミもありました。疑問点や不明点が多く出てくるのが保険商品の特徴でもあるため、オリックス生命のオペレーターの方の対応が丁寧なのは嬉しいですね。

オリックス生命「新キュア」の評判・口コミやデメリットをレビュー

ネットで申し込める医療保険おすすめランキングと必要性を徹底解説! 

検討すべき!ネット保険がおすすめな人

ネット保険がおすすめな人は、自分に必要な保障が分かるくらい保険の知識がある方、告知や申し込み手続きを全て自分でやるのが面倒くさいと感じない人です。

仕事などで忙しく時間がない人は、対面式で申し込みから契約まで手短に済ませるのが良いでしょう。

保険は、家の次に大きな買い物と言われていますので、慎重に選ぶ必要があります。そのため、これに加入したいという保険があったとしても本当にそれがベストな保険なのか様々な保険と比較する必要があります。

ネット保険でもこれは同様で、調べて見つけた保険は片っ端から資料請求、保険料シミュレーションをして徹底的に比較しましょう。

面倒くさいからといって自分にあっていない保険に加入して保険料を無駄にするなら、対面式で保険のプロに相談して加入することをおすすめします。

繰り返しになりますが、自分でやるのが面倒くさくなってきたという方は、保険のプロのFPに相談するのが良いでしょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

【ネット保険を検討中の方必見】保険料を安くする方法

ネット保険に加入したいという方には、できるだけ安く保険に加入したいという人が多いと思いますので、保険料を安くする方法を簡単に解説します。

保険料を安く抑える方法は以下になります。

  • 入院給付金をできるだけ安くする
  • 主契約が手厚い保険を選ぶ
  • あればいい程度の保障はつけない
  • 生存給付金や健康祝い金はつけない

また、一定期間だけの保障で大丈夫という方や、40代後半の方は定期型医療保険に加入した方が保険料を安く抑えることができます。

詳しくは安い保険料に抑える医療保険の選び方!安い医療保険おすすめランキングも紹介をご覧ください。

まとめ:ネット保険のメリット・デメリット!各商品の評判・口コミや安さの理由を解説

ネット保険のメリット・デメリットや評判・口コミを解説しましたがいかがだったでしょうか。

今回のポイントは以下になります。

  • ネット保険のメリットは保険料の安さ
  • 安さの理由は店舗費や人件費がかからないため
  • ネット保険は保険選びと告知が難しいのがデメリット
  • ネット保険は安いという評判が多い

ネット保険にじぶん一人で申し込むのは不安という方は、保険のプロと一緒に保険を決めましょう。

申し込みから告知までわからないことはずべて聞けるので安心です。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。