メディケア生命「メディフィット収入保障」の評判・デメリットを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「メディフィット収入保障の評判が知りたい!」

「自分にとってメディフィット収入保障は加入すべき保険なの?」

という方向けの記事です。

メディフィット収入保障への加入を検討している方は、評判やデメリットが気になりますよね。

この記事では以下の内容について説明します。

  • メディフィット収入保障のデメリット・メリット
  • メディフィット収入保障の評判・口コミ
  • メディフィット収入保障の保障・特約内容

自分がメディケア生命「メディフィット収入保障」の評判・デメリットを紹介!に加入すべきなのか見極めるためにも、ぜひ最後までご覧ください

メディケア生命「メディフィット収入保障」のデメリット

上の口コミでは良い評判のようですが、「メディフィット収入保障」にはデメリットもあります。

どのようなデメリットがあるのか、それぞれ具体的に見ていきましょう。

喫煙者の場合保険料がかなり高額になる

「メディフィット収入保障」は、

  • 過去1年以内に喫煙していない
  • 最高血圧140mmHg未満、最低血圧90mmHg未満
  • BMI値が所定の範囲内(18以上27未満)

の条件を満たせば、「非喫煙者優良体」となり、最安の保険料で加入することができます。

しかし、ホームページの保険料のシュミレーションでは、最初の喫煙の回答がNOである場合、それ以降の健康に関する質問には進めず、喫煙者は健康体かどうかの如何を問わず、割高の保険料になってしまうのです。

生命保険会社に所属する担当者がいない

「メディフィット収入保障」に限らず、メディケア生命の保険では、生命保険会社に所属する担当者がいないため、ネットからの申し込みの他には、保険代理店や銀行などから申し込むことになります。

多くの他社の保険会社では、会社に担当者がいるため、その担当者に連絡すれば、保険金の請求や契約内容の変更、また、問い合わせなども直接することができて何かと便利です。

しかしながら、メディケア生命ではこのような担当者がいないため、ネットや保険会社へ直接電話するなどして対応することになります。

これらの点が少し面倒に感じられる方にとっては、デメリットといえるかもしれません。

介護保障や就労不能時の保障がない

「メディフィット収入保障」は、死亡保障のみのシンプルな保障が特徴でもあるのですが、裏を返せば、介護が必要、身体障害、就労不能状態になったときの保障がありません。

そのため、これらの状態になったときのリスクを考えると、他の保険で対応する必要があります。

そうなると、その分の保険料も追加で払うことになり、せっかくの割安の保険料も効果が半減してしまうかもしれません。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

メディケア生命「メディフィット収入保障」のメリット

次に、メリットに関して具体的に見ていきましょう。

冒頭の口コミでは、良い評判が見られましたが、「メディフィット収入保障」にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

非喫煙者の場合、保険料がかなり安い

上のデメリットの「喫煙者の場合保険料がかなり高額になる」のところでも少し説明しましたが、「メディフィット収入保障」は、

  • 過去1年以内に喫煙していない
  • 最高血圧140mmHg未満、最低血圧90mmHg未満
  • BMI値が所定の範囲内(18以上27未満)

の全てに該当すれば、非喫煙者優良体割引が受けられて、その保険料はかなり安くなります。

男性、年金額10万円の各年齢の保険料を、非喫煙者優良体と喫煙者で比較してみます。

30歳 35歳 40歳 45歳 50歳
非喫煙者優良体 1,839円 1,928円 2,095円 2,252円 2,306円
喫煙者 2,932円 3,109円 3,257円 3,561円 3,961円

※:3大疾病保険料払込免除特約:付加しない

※:保険期間・保険料払込期間:60歳満了

※:年金支払保証期間:5年

このように、非喫煙者優良体と喫煙者の保険料の差は、30歳でおよそ1,100円ほどで、年齢を追うごとにその差は大きくなり、50歳では約1,600円の差になっているのがわかります。

三大疾病時の保険料払込免除特約が付けられる

上の保険料の比較は、三大疾病時の保険料払込免除特約をつけていない場合のものでしたが、「メディフィット収入保障」では、三大疾病時の保険料払込免除特約をつけることができます。

三大疾病のがん、急性心筋梗塞、脳卒中になった場合、以降の保険料の払い込みが免除され、その後の保障は続くというものです。

厚労省の平成27年度人口動態統計によると、三大疾病は日本人の死因52.3%を占めているそうです。

また、三大疾病で入院した場合、通常の病気よりも治療費が多くかかることもあるため、この特約をつけておくと経済的に安心でしょう。

上皮内新生物でも保険料の払込が免除になる

上で述べた三大疾病時の保険料払込免除特約に関してですが、「メディフィット収入保障」では、がんの対象に上皮内がんも含まれています。

上皮内がんとは、がん細胞が上皮内(大腸(結腸・直腸)の場合は粘膜の中)にとどまっており、それ以上浸潤していない初期のがんのことで、治療を行えば転移や再発の可能性はほとんどないと言われています。

しかしながら、転移や再発を防ぐために治療は必要ですので、その際には、それまでと同じように働けなくなるなどのリスクもあります。

他社の保険では、この上皮内がんは保障の対象に含まれていないものもあるのですが、「メディフィット収入保障」では対象になっている点は、メリットとして評価できるでしょう。

メディケア生命「メディフィット収入保障」の評判・口コミ

メディフィット収入保障1つ目の評判・口コミは36歳男性の「人参」さんです。

「高度障害への保障が充実しており、自分にとっては非常にありがたかったです。また、年金を受け取る頃になれば保険料の支払いも無くなります。」

メディフィット収入保障2つ目の評判・口コミは52歳男性の「そう」さんです。

「心臓病で手術の必要があったことがきっかけで保険を見直したところ、こちらの収入保障を薦められました。入って本当に良かったと感じています。家族のことを考えている方はぜひ加入するといいと思います。」

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

メディケア生命「メディフィット収入保障」の保障内容

次に、「メディフィット収入保障」の概要、主契約の内容を見ていきます。

保険の種類 収入保障保険
主契約 被保険者が死亡、または高度障害状態になった場合、満期まで毎月定額の保険金(もしくは一時金)が支払われる
契約可能年齢 20歳~70歳
保険金額 月額5万円~ (最高保険金額は1.5億円)
保険期間(保険料払込期間) 55歳満了~70歳満了、75歳満了、80歳満了
支払保証期間 2年間、5年間
払込回数 月払、半年払、年払
払込方法 口座振替、クレジットカード払
保険料の払込免除 不慮の事故による傷害を直接の原因として、その事故の日から180日以内に所定の障害状態になったとき、以後の保険料の払込みが免除される
医師の診査 告知扱いだが、健康診断書が必要な場合もあり
非喫煙者割引 あり

保険金の受取総額は死亡した時期によって異なります。

また、保険料は掛け捨てのため、解約返戻金などはなく、加入時のままで途中で上がることはありません。

メディケア生命「メディフィット収入保障」の特約内容

次に、「メディフィット収入保障」の特約の内容を見てみましょう。

リビングニーズ特約1 余命6か月以内と判断された場合、リビング・ニーズ保険金の請求日から6か月後の年金の現価相当額の全部、または一部※2を前払請求できる
三大疾病保険料払込免除特約 がん(上皮内がんも含む)※2、急性心筋梗塞、脳卒中で所定の理由に該当した場合、以降の保険料の払い込みが免除され、保障は継続する

※1:リビングニーズ特約の保険料は無料

※2:責任開始日から90日以内に診断確定された場合は、対象とはしない

リビングニーズ特約は無料ですので、そのまま付加し、また、三大疾病保険料払込免除特約も、上皮内がんも対象となっているなどメリットがありますので、万が一の時を考慮して付加しておく方がよいかもしれません。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

まとめ:メディケア生命「メディフィット収入保障」の評判・デメリットを紹介!

メディケア生命「メディフィット収入保障」に関して、その保障内容や評判、メリット・デメリットに関して解説してきましたが、もう一度、ポイントを簡単におさらいしておきましょう。

  • 「メディフィット収入保障」の評判・口コミは概ね好評
  • メリットは
  1. 非喫煙者の場合、保険料がかなり安い
  2. 三大疾病時の保険料払込免除特約が付けられ、上皮内がんも保障の対象
  • デメリットは
  1. 喫煙者の場合保険料が高額になる
  2. 生命保険会社に所属する担当者がいないため、連絡などが面倒
  3. 死亡保障のみで、介護保障や就労不能時の保障がない

いくつかのデメリットはありますが、タバコを吸わず健康な方にとっては割安の保険料で加入できますし、また、三大疾病時の保険料払い込み免除の特約に、上皮内がんが含まれていることも安心感がありますね。

収入保障保険を検討されている方は、メディケア生命「メディフィット収入保障」も選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

FPの評価
レビューした日
レビューした保険
メディフィット収入保障
おすすめ度
31star1star1stargraygray
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。