フレキシィSで帝王切開の費用は十分賄えるのかを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「フレキシィSで帝王切開が保障されるのか詳しく知りたい!」
「帝王切開に対する保障はフレキシィSだけで十分なの?」
という方向けの記事です。
フレキシィSへの加入を検討していて、妊娠中であったり出産予定の方はフレキシィSのん帝王切開についての保障内容が気になりますよね。
この記事では以下の内容について説明します。

  • フレキシィSで帝王切開の費用は保障される?
  • 帝王切開に必要な費用はどれくらい?
  • フレキシィSではどれくらいの保障なの?

この記事でフレキシィSの帝王切開保障に関する情報を全て知ることができますので、ぜひ最後までご覧ください。

フレキシィSの評判やデメリットが知りたい!という方は、

フレキシィSで帝王切開の費用は保障される?

フレキシィSに加入している場合、帝王切開の場合の保障は、どの程度カバーされているのでしょうか。

まずは一般的に、帝王切開はどういうときに必要になるか、について見ていきましょう。

帝王切開の保障はどういうときに必要になる?

女性にとって出産はさまざまな心配がつきもので、そのひとつには帝王切開の不安もあるのではないでしょうか。

帝王切開とは、お母さんのお腹と子宮を切開して赤ちゃんを出産する方法で、多胎妊娠の場合や過去に帝王切開で出産した妊娠中の方、赤ちゃんが逆子や巨大児、妊娠中のお母さんが心臓病、糖尿病、高血圧、肝臓などの慢性疾患を患っているときなどに、医師からすすめられるようです。

その他に、陣痛時の分娩停止、子宮破裂、赤ちゃんの心拍が弱かったり、危険な状態にある時なども緊急帝王切開となるケースが多いようです。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

帝王切開に必要な費用はどれくらい?

帝王切開は自然分娩とは違い医療行為になるので、健康保険の対象で、以下の内容が3割負担となります。

  • 手術費:222,000円(32週未満の早産の場合は242,000円)
  • その他:検査費用、投薬費用、入院費用

また、自己負担となるものとして、

  • 入院中の食事代や差額ベット代、新生児の保育費

などがありますが、これらは、医療機関によって大きく差がつくようです。

これらをざっくり考慮して、大体40万円~100万円程度の費用がかかると思われます。

フレキシィSではどれくらい帝王切開が保障されるの?

上で、40万円から100万円の費用がかかると説明しましたが、フレキシィSではどのくらい帝王切開の保障がされているのでしょうか。

まず入院給付金ですが、帝王切開の平均的な入院数6日~10日分くらいが受け取れます。

次に、手術給付金として、入院日額の20倍の金額が受け取れます。

この他に、「女性専用入院上乗せ保障」として、通常の入院給付金に一律5,000円を追加して受取る事ができます。

入院給付金が5,000円か10,000円かによっても異なりますが、まずまずの金額が受け取れるのではないでしょうか。

入院給付金が日額5000円かつ、女性専用入院上乗せ保障がついている場合、10日間の入院だと

・入院給付金:1万円×10=10万円

・手術給付金:5千円×20=10万円

上記の合計20万円を給付金として受け取ることができます。

自己負担額が3割負担であることや公的制度を併用すれば、フレキシィS加入者は帝王切開時に必要な費用以上に給付金を受け取れる可能性も大いにあります。

これらの内容を理解した上で、「ちょっと気になるな」「医療保険に加入してみようかな」と思った方はまず無料の保険相談をすることがおすすめです。

「保険」というワードに「無料」というワードがくっつくとなんとなく怪しいなと思ってしまう方もいるかもしれませんが、ここで紹介する専門家は保険会社から手数料を受け取ることで相談に乗ってくれるという仕組みになっています。

例えば借りる家を探すときにアパマンショップやエイブルなどで相談しますよね?

これらの会社は同様に、顧客が契約したら手数料をもらう形で収益をあげています。こちらの保険相談も全く同じ仕組みです。

有料の保険相談と比較して質が落ちるということは絶対にありませんし、全く怪しいものではありません。

これまでこの保険相談利用した方の感想を聞いても保険への加入を無理に勧められることはなく、親身になって相談に乗っていただいたという声を数多くいただいております。

ジムやマッサージの無料体験に申し込むような軽い気持ちで1度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

その他の公的制度紹介

民間の医療保険とは別に、公的保険制度によっても保障されている給付金がいくつかあります。

どのような保障があるのか、具体的に見ていきましょう。

出産育児給付金

これは、ご自身の勤務先、または、ご主人の扶養家族として、ご主人の勤務先が加入している健康保険から給付されるもので、金額は42万円となります。

早産や流産のように正常な分娩ができなかった場合も含まれます。

出産する医療機関が、「直接支払制度」に対応している場合、出産費用から出産育児一時金を差し引いて、残った金額を退院時に支払うことができて便利です。

ただし、これは申請しないともらえないので、その点は注意が必要です。

出産手当金

これは、本人が出産のために仕事を休み、給与が受け取れない、または減額される場合に産前・産後の一定期間支給されるものです。

金額は、標準報酬日額 × 3分の2の相当額、もらえる期間は、出産日以前42日間(双子の場合は98日間)と出産日後56日間、あわせて98日間となっています。

また、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 妊娠してから4か月(85日)以上で出産した場合

※:早産や流産のような正常な分娩ができなかった場合も含まれる

  • 健康保険(医療保険者が健保組合・協会けんぽ・共済組合)に、本人が加入している場合

※:国民健康保険は、通常対象外

  • 産前・産後の一定期間に給与が受けらない、または給与額が手当金を下回る場合
  • 退職後に出産手当金を受取る場合は、それまで1年以上継続して健康保険に加入していること退職日が産前・産後期間内であること

この制度も申請しないと給付されませんので、注意してください。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

まとめ:フレキシィSで帝王切開の費用は十分賄えるのかを考える

ここまで、フレキシィSの帝王切開の保障内容、公的保険制度の保障について解説してきました。

最後に、もう一度ポイントを簡単におさらいしておきましょう。

  • 健康保険の3割負担対象となるのは、
  1. 手術費:222,000円(32週未満の早産の場合は242,000円)
  2. その他:検査費用、投薬費用、入院費用
  • フレキシィSの保障は、
  1. 入院給付金:帝王切開の平均的な入院数6日~10日分くらい
  2. 手術給付金:入院日額の20倍
  3. 女性専用入院上乗せ保障:通常の入院給付金に一律5,000円を追加
  • その他の公的補助として、出産育児給付金、出産手当金がある

いかがでしょうか。

公的保険制度だけでもある程度の保障はされていますが、フレキシィSでさらに保障が追加されていれば、万が一、帝王切開になった場合でも、少なくともお金の心配はかなり軽減されると思われます。

妊娠中や出産予定の方は、フレキシィSの加入を検討されてはいかがでしょうか。

 

FPの評価
レビューした日
レビューした保険
フレキシィS
おすすめ度
31star1star1stargraygray
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。