[妊婦の方必見!]メディカルキットRで帝王切開に備えられるのかを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「メディカルキットRで帝王切開に備えられるのか知りたい!」

「メディカルキットRの給付金だけで本当に十分なの?」

という方向けの記事です。

メディカルキットRに加入または検討していて、出産予定があるという方は妊娠、出産時の保障はもちろん帝王切開時の保障についても気になりますよね。

この記事では以下の内容について説明します。

  • メディカルキットRは帝王切開が手術給付金の支払い対象になる
  • 一般に妊娠・出産時は給付金の支払い対象ではないことが多い
  • メディカルキットRで帝王切開時に受け取れる給付金はいくら?

この記事に最後まで目を通していただければ、メディカルキットRの帝王切開に関する保障が全て理解できます。ぜひご覧ください。

帝王切開以外にも、メディカルキットR加入者の口コミやデメリットが知りたいという方には

東京海上日動あんしん生命「メディカルキットR」の評判とデメリットの記事がおすすめです!

メディカルキットRは帝王切開が手術給付金の支払い対象になる

冒頭で述べたように、現在妊娠中または、これから予定のある方にとっては、帝王切開始め、出産に関する不安はつきものですよね。

妊娠や出産は病気ではないので、保険の保障は無いのが一般的ですが、帝王切開はお母さんのお腹と子宮を切開して分娩することになり、母子への手術という扱いになるため、保障の対象となる場合があります。

メディカルキットRの場合は、妊娠する前に加入していれば、帝王切開も手術給付金の保障の対象となります。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

一般に妊娠・出産時は給付金の支払い対象ではないことが多い

医療保険の基本保障は、給付対象の条件として「治療を目的とした入院、手術」としています。

そのため、普通分娩による出産は、「治療」を必要としないため、一般的には、医療保険の給付金の支払対象ではないことがほとんどです。

しかし、公的保険制度の出産育児一時金としては、一律42万円が支給されます。

この一時金を上回る費用がかかった場合は、その超過分が自己負担となります。

仮に、帝王切開となってしまった場合、入院している病院にもよりますが、約40万~100万円程度の費用がかかるようです。

出産育児一時金の他に、高額療養費制度による医療費で払い戻しがある場合もあります。

帝王切開は例外

妊娠・出産に関して医療保険の保障の対象ではないことを説明しましたが、例えば、なんらかの異常があり、帝王切開をする場合に関しては保障の対象になります。

保障の対象となるのは、異常妊娠や異常分娩と判断された場合ですので、帝王切開も異常分娩の一種であることから、給付の対象となっているのです。

ただし、加入時の状況や健康状態の告知などにより、「部位不担保」などの特別条件が適用される場合もありますので、加入の際に、このあたりの詳細を確認することが大切です。

妊娠中でも時期によっては保険に加入できることもあるが注意点も

妊娠する前、または妊娠していることが判明する前であれば、医療保険に加入することはできます。

また、妊娠中であっても、一般的には妊娠27週までは医療保険に加入することができるようです。

しかしながら、妊娠中に加入する場合、「部位不担保」という制限がある場合があります。

「部位不担保」とは、特定の部位を一定期間保障の対象からはずすことで、その部位の不担保期間中は給付金の支払はありません。

この「部位不担保」に関してですが、妊娠中に加入する場合、帝王切開は「部位不担保」として、保障の対象にならないことがあります。

詳細に関しては、それぞれの保険で規定が異なるため、妊娠、出産の予定がある場合、必ず確認しておく方がよいでしょう。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

メディカルキットRで帝王切開時に受け取れる給付金はいくら?

実際に、メディカルキットRに加入していた場合、帝王切開となった時にいくらくらいの給付金を受け取れるのでしょうか。

メディカルキットRでは、帝王切開は、手術給付金で保障されます。

メディカルキットRの手術給付金は、内容によって入院給付金の5倍または10倍ですが、帝王切開の手術の場合は5倍となっています。

入院給付金は5,000円/10,000円ですので、25,000円/50,000円の手術給付金が受け取れることになります。

また、公的保険制度により、帝王切開手術は、地域や医療機関にかかわらず、手術費用は222,000円(32週未満の早産の場合などは242,000円)となります。

このうち3割が自己負担額となるため、222,000 × 30% =66,600円 が自己負担となります。

入院給付金の額によっても異なりますが、10,000円の場合であれば、66,600円のうち、50,000円まではメディカルキットRの保障で対応できることになります。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

まとめ:[妊婦の方必見!]メディカルキットRで帝王切開に備えられるのかを考える

ここまで、メディカルキットRで帝王切開に備えられるのかどうかについて解説してきました。

最後に主なポイントをおさらいしておきましょう。

  • 普通分娩による出産は、一般的には、医療保険の給付金の支払対象ではない
  • 帝王切開は異常分娩の一種であるため、給付の対象
  • ただし、妊娠中に加入する場合、帝王切開が「部位不担保」とされて保障の対象とならない保険もある
  • メディカルキットRは、妊娠する前に加入していれば、帝王切開も保障の対象
  • 公的保険制度での帝王切開の自己負担は、66,600円程度
  • メディカルキットRの帝王切開の保障は、入院日額の5倍の手術給付金

メディカルキットRでは、帝王切開は入院日額の5倍の手術給付金の保障があるので、10,000円の場合50,000円となり、帝王切開の自己負担額をほぼカバーできそうです。

妊娠、出産の予定がある方は、メディカルキットRを選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。