アクサダイレクトの定期保険「定期保険2」の評判・デメリットは?告知内容も紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクサダイレクトの定期保険の評判が知りたい!」

「自分にとっては加入すべき保険なの?」

という方向けの記事です。

アクサダイレクトの定期保険への加入を検討している方は、評判やデメリットが気になりますよね。

この記事では以下の内容について説明します。

  • アクサダイレクトの定期保険のデメリット・メリット
  • アクサダイレクトの定期保険の評判・口コミ
  • アクサダイレクトの定期保険の保障内容

自分がアクサダイレクトの定期保険に加入すべきなのか見極めるためにも、ぜひ最後までご覧ください

アクサダイレクトの定期保険「定期保険2」の評判

アクサダイレクトの定期保険「定期保険2」1つ目の評判・口コミは38歳男性の「ジェントルマン」さんです。

喫煙者です。とにかく安い定期保険を探していたところ、アクサダイレクトの定期保険2への加入をFPさんに勧めてもらいました。保険期間

保険金額もかなり柔軟にカスタムできるのでとてもいいですね

アクサダイレクトの定期保険「定期保険2」1つ目の評判・口コミは40歳男性の「ヌチ」さんです。

無料の健康サービスがかなり使えます。健康相談をしたい時、病院の診察でお金も時間も取られるのが非常にいやだったので、いいサービスだなと思います。

アクサダイレクトの定期保険「定期保険2」のデメリット

上の評判では、比較的良い評判のようですが、アクサダイレクトの「定期保険2」にもデメリットはあるようです。

どのようなデメリットなのか、具体的に見ていきましょう。

非喫煙者で健康体の方は保険料が割高

アクサダイレクトの「定期保険2」のような定期型の死亡保険では、一般に非喫煙者の方の場合、保険料の割引があるものが多いです。

喫煙せず健康な方は死亡のリスクも少ないので、その分、保険料も安くなるという仕組みです。

しかしながら、アクサダイレクトの「定期保険2」には、この非喫煙者割引がありません。

従って、非喫煙者の方にとっては、「喫煙者よりも病気や死亡のリスクが少ないのに、なんだか損をしたような気がする」と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

インターネットからしか申し込みできない

2つ目のデメリットは、申し込みがインターネットのみとなっていることです。

インターネットからの申し込む保険は、自宅にいながら手軽に申し込みができるので人気があります。

しかしその一方で、不明点を確認したり、込み入った内容などを直接担当者に聞きながら相談する、などができないので、不安に感じる方もいらっしゃるのです。

また、上で述べた非喫煙者割引がないことも、インターネット型の保険であることが関係しています。

インターネットからしか申し込みができないため、ニコチン検査などができません。

そのため、喫煙者かどうかが正確に判断できず、非喫煙者割引の制度もないのです。

非喫煙者の方は、他の保険も選択肢に入れて検討する方がよいかもしれません。

会社が赤字経営

3つ目のデメリットは、「アクサダイレクト生命」単体としてみたときに、赤字であるこということです。

加入する保険会社が赤字経営だと聞くと、あまりいい印象は受けませんよね。

ただ、赤字だからと言って、すぐにどうこうということではありません。

アクサダイレクト生命は、世界最大の保険会社AXAグループの傘下にありますので、万が一、何かあってもAXAグループの力で対応可能だからです。

アクサダイレクトの定期保険「定期保険2」のメリット

赤ちゃんの出産を待つ既婚男性

次に、アクサダイレクト「定期保険2」のメリットについて見ていきましょう。

たくさんのメリットがありますので、それぞれしっかり確認してみてくださいね。

健康割引がない定期保険の中では保険料はかなり安い

デメリットのところで述べたように、アクサダイレクト「定期保険2」には、非喫煙者割引がありません。

しかし、他社の非喫煙者割引のない保険に比べると、アクサダイレクト「定期保険2」の保険料の安さはトップクラスです。

男女別、年齢別の保険料は以下のようになっています。

30歳 40歳 50歳
男性 1,050円 1,910円 4,160円
女性 830円 1,450円 2,680円

※ 保険金:1,000万円、保険期間:10年満了

タバコを吸う方、血圧などの数値の気になる方は、非喫煙者割引のない他社の保険の保険料と比較してみるとよいと思われます。

また、女性の保険料は40歳くらいまでであれば、非喫煙者割引のある他社の保険よりも、安めの設定になっています。

保険金額を最高1億円まで設定可能

保険金額の設定が最高1億円まで設定できることも、メリットのひとつです。

というのも、ネット型の定期保険の場合、大体保険金は2,000万円、3,000万円、5,000万円までのものが主流です。

ですが、2,000万円から5,000万円では、万が一、一家の稼ぎ頭に何かあった場合、残されたご家族が生活していくには、決して十分な金額とはいえないかもしれません。

それを考慮すると、ネット型の保険で1億円の保険金額はかなり高額といえます。

また、「災害割増特約」を付与すると、主契約と同額まで保障を上乗せでき、最高で2,000万円まで設定することができます。

つまり、もし交通事故や災害による死亡・高度傷害の状態になったときは、1億2千万円までの保険金を受け取れることになります。

もちろん万が一のことはないに越したことはないのですが、1億2千万円という高額な金額が設定できるのは、とりあえず安心できるのではないでししょうか。

保険金額が高くなるほど、保険料が割安になる

3つ目のメリットは、「高額割引制度」です。

これはわかりやすく言うと、保険金額が高額になればなるほど保険料が割安になる、という仕組みです。

実際に、30歳男性の保険料を保険金額ごとに比較してみます。

保険金額 保険料 100万あたりの保険料 500万円の保険料と比較した場合
500万円 650円 130円
1,000万円 1,050円 105円 19.2%割安
2,000万円 1,850円 92.5円 28.9%割安
3,000万円 2,650円 88.3円 32%割安
5,000万円 4,250円 85円 34.6%割安
1億円 8,250円 82.5円 36.5%割安

いかがでしょうか。

500万円の保険金額と他の金額を比較すると、1,000万円で19.2%と2割近く、3,000万円以上になると3割以上割安になっているのがわかります。

もちろん、保険料の絶対金額は高くなっていくのですが、費用体効果で考えると、高額の保険金の方がお得なことになります。

保険金額・保険期間を自由にカスタマイズできる

また、保険金額と保険期間を、個人の状態にあわせてカスタマイズできる柔軟性もメリットのひとつです。

1億円の高額の保険金額を設定できることを上で述べましたが、高額なことだけがメリットなのではなく、500万円から、100万円単位で細かく設定できるのも魅力です。

また、保険期間に関しては、年満了と歳満了から選ぶことができます。

年満料は10年の更新型で、歳満了は55歳、60歳、65歳、70歳満了から選べます。

それぞれの特徴は、以下のとおりです。

  • 10年更新型
  1. 若い時の保険料を安く抑えられる
  2. 10年ごとに更新・再加入ができる
  3. 更新時に保障内容や、保険料の見直しができる
  • 歳満了型
  1. 加入時のまま、保険料はずっと上がらない
  2. 若い時の保険料が高くなる

10年更新型と歳満了型で、30歳男性、保険金1,000万円で、60歳までの保険料の合計金額を比較すると、以下のような計算になります。

10年更新型 60歳満了型
月額保険料 10年分の保険料 月額保険料 30年分の保険料
30歳から40歳 1,050円 126,000円 2,080円 748,800円
40歳から50歳 1,910円 229,200円
50歳から60歳 4,160円 499,200円
60歳までの合計 854,400円 748,800円

それぞれの特徴にあるように、10年更新型は若い時の保険料は安いですが、歳満了型は最初の保険料がずっと変わらないため、長い目で見ると、合計金額は割安になります。

10年以上の長期の保障を希望する方は、歳満了型の方がお得になります。

病気・事故の死亡保障が同額

この類の定期保険では、事故による死亡保障の金額を高く、病気による死亡保障を低く設定している保険もあります。

しかし、実際の死亡の原因は圧倒的に病気によるものが多いのです。

つまり、高額な保険金をもらえるのはごくわずかの人で、病気による死亡の方はそれほど高額の保険金は給付されません。

しかし、アクサダイレクト「定期保険2」では、病気でも事故でも死亡の保障は同額となっているため、安心できます。

無料の健康サービスが利用可能

4つ目のメリットは、健康相談や、セカンドオピニオンの相談サービスが無料で受けられるというものです。

これは、ティーペック社のメディカルコールサポート24というサービスで、健康や医療に関する相談を電話で対応してくれます。

大きく以下の2つのサービスがあります。

24時間電話健康相談サービス

  • 被保険者と同居の家族が利用できる
  • 24時間365日、医師・保健師・看護師などのスタッフが電話で対応してくれる

健康状態や病気、妊娠・出産・育児などの質問や相談の他、夜間や休日に診療してくれる病院なども案内してくれます。

病気になっていなくても、ちょっと健康状態が気になるが病院にいくほどではないなど、比較的軽い症状の相談などをするのに便利です。

メディカルコンサルテ―ション

  • 被保険者のみ利用できる
  • 高度な医療が必要と言われた場合に、セカンドオピニオンや専門臨床医を紹介してもらえる

こちらのサービスは、実際に病気になった際に、他の治療方法などのセカンドオピニオンを相談したり、その後、優秀な専門臨床医を紹介してくれるなどのサービスです。

実際に病気になったときの相談もさることながら、日ごろ気になっている症状の相談や、夜間や休日に具合が悪くなった時などにも、電話で無料で相談できるのは、非常に心強いといえます。

アクサダイレクトの定期保険「定期保険2」の保障内容

最後に、アクサダイレクトの「定期保険2」の保障内容をまとめてみます。

契約可能年齢 20歳~69歳
保険金額 500万円~1億円(100万円単位)
保険期間 10年満了
55歳、60歳、65歳、70歳満了
基本保障 【死亡保険金】病気・災害による死亡・高度障害状態のとき、保険金が支払われる
特約 【災害割増特約】災害や交通事故による死亡・高度障害のときに保険金を受け取れる。主契約と同額まで設定可能
【リビング・ニーズ】余命6ヶ月と判断された場合、死亡保険金額の全部または一部に相当する金額を生存中に受け取れる(無料で付加できる)
保険料の払込免除 被保険者が責任開始期以後に発生した所定の不慮の事故を直接の原因として、その日を含めて180日以内に所定の障害状態に該当したときに、その後の保険料の払込みが免除される
診査 告知扱い医師の診断は不要だが、健康診断結果等を提出する場合もあり)
非喫煙者割引 なし

保険金額や保険期間など、細かく柔軟な設定ができてよいのですが、唯一残念なのは、非喫煙者割引がないことでしょうか。

まとめ:アクサダイレクトの定期保険「定期保険2」の評判・デメリットは?告知内容も紹介!

アクサダイレクトの定期保険「定期保険2」に関して、解説してきました。

主な内容を簡単におさらいしておきましょう。

  • 評判は、
  1. 喫煙者の保険料が安い
  2. 保険料が細かく設定できて良い
  3. 無料の健康相談が便利

などの高評価が見られます。

  • メリットは、
  1. 健康割引がない定期保険の中では、保険料はかなり安い
  2. 保険金額を最高1億円まで設定可能
  3. 保険金額が高くなるほど、保険料が割安になる
  4. 保険金額・保険期間を自由にカスタマイズできる
  5. 病気も事故も死亡保障が同額
  6. 無料の健康サービスが利用可能
  • デメリットは、
  1. 非喫煙者で健康体の方は、保険料が割高
  2. 申し込みはインターネットのみ
  3. 会社が赤字経営

いかがでしょうか。

評判も悪くないですし、メリットも多い定期保険です。

特に、喫煙者の方は保険料が割安ですので、この機会に検討されてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。