メディフィット定期の評判やデメリットを紹介!CMはうざいが保険自体は優秀?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分にとってメディフィット定期は加入すべき保険なの?」

「メディフィット定期の詳しい保障内容が知りたい!」

という方向けの記事です。

メディフィット定期への加入を検討している方は、保障内容やデメリットが気になりますよね。

この記事では以下の内容について説明します。

  • メディフィット定期のデメリット・メリット
  • メディフィット定期の保障内容
  • メディフィット定期を他社の定期保険と比較

自分がメディフィット定期に加入すべきなのか見極めるためにも、ぜひ最後までご覧ください

メディフィット定期のデメリット

メディフィット定期保険にはどんなデメリットがあるのでしょうか。

ここからは、メディフィット定期のデメリットについて詳しく見てみることにしましょう。

高額保障が用意されていない

まずデメリットの1つ目は、高額保障が用意されていないということです。

この保険の保険金額は、20歳~49歳までの方が500万円~3,000万円、50歳~70歳までの方は300万円~3,000万円の範囲で、100万円単位で金額を選ぶことが可能となっています。

そのため、3,000万円以上の高額の保障を希望する場合には、この保険は向いていないということになってしまいます。

また、若い方で少額の保障しか望まない人にとっては、500万円からと設定できる範囲が狭くなっています。

非喫煙者割引がない

デメリットの2つ目は、非喫煙者割引がないということです。

他社の定期保険には非喫煙者割引がついていて安い保険料で加入できるメリットもあるようですが、この保険には喫煙者も非喫煙者も同じ保険料となってしまいます。

そのため非喫煙者にとっては割高な保険料となってしまうため、少し損をした気分になってしまうかもしれません。

それよりも非喫煙者割引のついた定期保険を検討してしまうため、このような保険からは遠ざかってしまいます。

インターネットからしか申し込みできない

デメリットの3つ目は、インターネットからしか申込できないということです。

インターネットからだけということは、保険内容について詳しく対面で説明してもらってから加入したいと思ってもできないということになります。

リビングニーズ特約が用意されていない

デメリットの4つ目は、メディフィット定期保険は余計な特約がついてないシンプルな保険となっているため、他社の定期保険には大抵ついているリビングニーズ特約もついていないということです。

リビングニーズ特約とは余命6ヶ月と判断された場合に、死亡保険金額の全部または一部に相当する金額を生存中に受け取れるというものなので、この特約に魅力を感じられている方はこの保険は向いていないということになります。

メディフィット定期のメリット

赤ちゃんの出産を待つ既婚男性

メディフィット定期はデメリットばかりでなく、もちろんメリットもあります。

では、次にメディフィット定期保険のメリットについて詳しく見ていくことにしましょう。

保険料が安い

メリットの1つ目は保険料がとにかく安いということです。

メディフィット保険の特徴として、若い時期の保険料がかなり安いとなっていますが、保険料だけを見てみると全年齢で安く設定されています。

2018年の改定で、かなり安い保険料になったようです。

男性ならば30歳代で加入すれば数ある定期保険の中でもトップクラスの安さで、他社の健康割引がある定期保険よりも保険料が安く設定されています。

また女性は、30歳代~40歳代まで広い範囲で最安値クラスの保険料となっています。

タバコを吸う方や、血圧が高めという方、または若いうちだけ保険に加入したいという方には、性別問わず全年齢でメディフィット定期を検討するのも良いのではないでしょうか。

加入時の医師の診断が不要

メリットの2つ目は、加入時に医師の診断が不要ということです。

申込がインターネットということもあり、インターネット上で健康状態について告知するのみとなっています。

ただし、これは年齢や条件によっては変わってくるようです。

契約年齢40歳以上かつ保険金額2,000万円超の場合や、告知内容等によっては健康診断書の提出が必要になりますので注意が必要となります。

メディフィット定期の保障内容

ここで、メディフィット定期の保障内容を見ていきましょう。

項目 内容
種類 定期保険(掛け捨て)
申込方法 インターネット
契約可能年齢 20歳~70歳
保険金額 20歳~49歳:500万円~3,000万円
50歳~70歳:300万円~3,000万円
保険期間(保険料払込期間) 10年満了
60歳、65歳、80歳満了
基本保障 死亡保険金
高度障害保険金
保険料の払込免除 不慮の事故による傷害によりその事故の日から180日以内に所定の障害状態になった場合、以後の保険料の払込みが免除される

このように、生命保険をネットで契約することに不安がないという方や、リビングニーズ特約がなくても気にならないという方にはおすすめできる定期保険ではないでしょうか。

メディフィット定期を他社の定期保険と比較

医療保険40代おすすめ人気ランキング!40代女性・男性別の選び方

チューリッヒ保険の定期保険プレミアムDXの非喫煙優良体型で加入できた場合の保険料と、標準体型そして、メディフィット定期の保険料を比較してみましょう。

下の表は、死亡保障1,000万円で保障期間10年、男性と女性の年齢を10歳刻みの保険料を比較したものです。

非喫煙優良体型ではチューリッヒ保険の定期保険プレミアムDXの保険料の方が安くなっていることがわかりますが、標準体型ではメディフィット定期の方がどれも保険料が安いことがわかります。

保険会社 チューリッヒ メディケア
商品名 定期保険プレミアムDX メディフィット定期
 非喫煙   優良体型 標準体型
男性 30歳 ¥970 ¥1,280 ¥977
男性 40歳 ¥1,640 ¥2,300 ¥1,847
男性 50歳 ¥3,290 ¥4,940 ¥4,012
男性 60歳 ¥8,480 ¥10,610 ¥9,190
女性 30歳 ¥920 ¥1,150 ¥772
女性 40歳 ¥1,460 ¥1,920 ¥1,378
女性 50歳 ¥2,520 ¥3,610 ¥2,595
女性 60歳 ¥4,390 ¥5,830 ¥4,579

 

楽天のスーパー定期の保険料とメディフィット定期の保険料を比較してみましょう。

保険料だけを見ると楽天のスーパー定期の方が安くなっていますが、楽天生命のスーパー定期の特徴は1年更新となっています。

そして、その保険料は5歳刻みで上がっていくという仕組みとなっているのです。

ですからメディフィット定期と比較すると5年間は少し安く掛けられるということになります。

つまり、他社と同じ保障期間が10年となると、楽天生命のスーパー定期はそれほど安い保険ではないということがわかります。

保険会社 楽天 メディケア
商品名 スーパー定期 メディフィット定期
男性 30歳 ¥980 ¥977
男性 40歳 ¥1,770 ¥1,847
男性 50歳 ¥3,960 ¥4,012
男性 60歳 ¥9,020 ¥9,190
女性 30歳 ¥710 ¥772
女性 40歳 ¥1,300 ¥1,378
女性 50歳 ¥2,710 ¥2,595
女性 60歳 ¥4,770 ¥4,579

 

SBI生命保険のクリック定期!NEOの保険料と、メディフィット定期の保険料を比較してみましょう。

下の表は、同じく死亡保障1,000万円で保障期間10年、男性と女性の年齢を10歳刻みの保険料を比較したものです。

この表を見ると30歳代・40歳代はメディフィット定期が安く、50歳代・60歳代になるとSBI生命のクリック定期!NEOの方が安くなっています。

保険会社 SBI生命 メディケア
商品名 クリック定期!NEO メディフィット定期
男性 30歳 ¥990 ¥977
男性 40歳 ¥1,860 ¥1,847
男性 50歳 ¥3,990 ¥4,012
男性 60歳 ¥8,940 ¥9,190
女性 30歳 ¥790 ¥772
女性 40歳 ¥1,390 ¥1,378
女性 50歳 ¥2,580 ¥2,595
女性 60歳 ¥4,460 ¥4,579

まとめ:メディフィット定期の評判やデメリットを紹介!CMはうざいが保険自体は優秀?

ここまで、メディフィット定期の評判やデメリット、また保険の内容を解説してきましたがいかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは、次のようになります。

  • メディフィット定期のデメリットは非喫煙者割引がない。
  • メディフィット定期のメリットは、とにかく保険料が安い。
  • メディフィット定期の評判・口コミはそこまで悪くない。
  • メディフィット定期の保障内容はとてもシンプル。
  • メディフィット定期を他社の定期保険と比較すれば条件次第では保険料で劣ってしまうが、詳しく見るとほとんど変わらない。

メディフィット定期保険に加入の際は、ご自身の保障の必要性や内容をきちんと把握した上で、加入を検討されることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。