コープ共済「あいぷらす」のデメリットや保障内容を徹底紹介!割戻金、解約返戻金はいくら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保障コープ共済「あいぷらす」の評判が知りたい!

自分にとってコープ共済「あいぷらす」は加入すべき保険なの?

という方向けの記事です。

コープ共済「あいぷらす」への加入を検討している方は、評判やデメリットが気になりますよね。

この記事では以下の内容について説明します。

  • コープ共済「あいぷらす」のデメリット・メリット
  • コープ共済「あいぷらす」の保障内容
  • コープ共済「あいぷらす」の保険料・加入時の注意点

自分がコープ共済「あいぷらす」に加入すべきなのか見極めるためにも、ぜひ最後までご覧ください

コープ共済「あいぷらす」の保障内容

最初に、コープ共済「あいぷらす」の概要、および保障内容について見てみましょう。

保険の種類 定期保険
加入できる年齢 18歳~60歳
共済期間 10年間(満85歳まで継続できる)
基本保障 死亡・重度障害 (病気・事故)1 300万円・500万円・1,000万円・1,500万円・2,000万円・2,500万円・3,000万円から選択
入院特約 1日目から180日分 5,000円 10,000円
270日以上連続した入院 30万円 60万円
手術 5万円・10万円・20万円 10万円・20万円・40万円
新がん特約 がん治療共済金(2年を限度に何度でも) 100万円 200万円
がん入院共済金(日数無制限) 日額10,000円
がん手術共済金 10万円・20万円・40万円
がん退院共済金 10万円
がん通院共済金 日額5,000円

※1: 満59歳以下の場合、300万円のみの申し込みは不可。ただし、入院特約、もしくは新がん特約を付ければ可能

死亡保障の他に、入院やがんの特約をつけておけば、医療保険やがん保険の保障も「あいぷらす」だけで対応できますね。

コープ共済「あいぷらす」の月額の掛け金は?

コープ共済「あいぷらす」の男女別、年齢別の月額掛金をチェックしてみましょう。

30歳 35歳 40歳 45歳 50歳 55歳 60歳
男性 1,200円 1,800円 2,700円 3,900円 5,500円 8,600円 15,200円
女性 1,000円 1,200円 1,700円 2,200円 3,100円 4,300円 5,800円

※ 死亡保障1,000万円、入院特約、新がん特約なし

掛金は表のとおりですが、コープ共済は非営利事業ですので、決算時に余剰金が出た場合、割戻金が発生します。

少し古いですが、2009年には20%の割戻金があったそうですので、実際には表の掛金よりも2割程度安くなる可能性があるでしょう。

コープ共済「あいぷらす」のデメリット

次に、コープ共済「あいぷらす」のデメリットについて見ていきましょう。

どのようなデメリットがあるのでしょうか。

保障期間のカスタマイズ性に乏しい

コープ共済「あいぷらす」の保障内容の見出しの表で示したように、「あいぷらす」の共済期間は10年となっています。

85歳まで更新できるコースもありますが、当然、年齢が上がるごとに掛金は高くなっていきます。

10年の保障でよい方には不都合はありませんが、例えば、30歳で加入して40歳までの保障でよいという方は少ないのではないでしょうか。

お子さんが独立したり、定年までの60歳、65歳までの保障は必要と考える方が多いかもしれません。

その場合、40歳、50歳、60歳での掛金は、以下のように上がっていきます。

40歳 50歳 60歳
男性 2,700円 5,500円 15,200円
女性 1,700円 3,100円 5,800円

特に、男性の50歳、60歳の掛金は、家計にとってはかなり影響がある金額ではないでしょうか。

長期の保障が必要な方は、他社の定期保険と比較検討する方がよいかもしれません。

非喫煙者にとって掛け金が割高

コープ共済「あいぷらす」には、非喫煙者割引がありません。

非喫煙者割引とは、非喫煙者の方は病気や死亡するリスクが低いので、その分、掛金を割り引く仕組みのことです。

非喫煙者割引がないために、喫煙者の方にとっては割安の掛金と感じるかもしれませんが、逆に非喫煙者の方にしてみれば、喫煙者と同じ掛金なのは少し不公平に感じてしまうかもしれません。

他社には、非喫煙者割引のある定期保険もありますので、タバコを吸わない方は他社の保険とも比較する方がよいでしょう。

クレジットカード払いに対応していない

コープ共済「あいぷらす」の掛金の支払方法は、口座引き落としのみとなっています。

クレジットカード払いができれば、クレジットカードのポイント貯めることができお得なのですが、それができないのはちょっと残念ですね。

コープ共済「あいぷらす」のメリット

赤ちゃんの出産を待つ既婚男性

次に、メリットについて見ていきましょう。

どのようなメリットあるのか、デメリットとあわせて比較しながら確認してみてくださいね。

定期保険なのに解約返戻金が用意されている

通常、定期型の死亡保険は掛け捨て型ですので、途中解約による返戻金はありません。

しかし、「あいぷらす」には、解約返戻金が用意されています。

目安として、男性30歳で、保障額1,000万円、入院特約なし、新がん特約なしで契約した場合の解約返戻金を見てみます。

経過年数 解約返戻金
1年 1,800円
2年 4,200円
3年 7,200円
4年 9,200円
5年 10,200円
6年 10,200円
7年 9,200円
8年 7,100円
9年 4,000円
10年 0円

解約返戻金が最も高くなるのは、経過年数が5年と6年のときで、10,200円となっています。

仮に5年間契約して解約した場合、実際の掛金をシミュレーションしてみます。

月額 1年 5年 割戻金20%の場合 解約返戻金を相殺すると 月額にすると
1,200円 14,400円 72,000円 57,600円 47,400円 790円

このように、解約返戻金が最も高くなる時期に解約した場合、実質的な掛金は790円となり、当初の1,200円と比較すると34%も安くなっています。

デメリットのところで、共済期間が10年であるため、長期の保障には不向きであることを説明しましたが、逆に言うと、10年未満の保障の場合は、非常に安い掛け金で保障を確保することができるといえます。

従って、例えば、長期の保障は他の保険で対応し、一定の期間のみ保障を厚くしておきたい場合などに追加で加入しておくのによいかもしれません。

がん特約が付与できる

冒頭のコープ共済「あいぷらす」の保障内容のところでも述べましたが、「あいぷらす」には新がん特約が用意されています。

その内容も、がん治療共済金、がん入院共済金、がん手術共済金、がん退院共済金、がん通院共済金とがんの様々な治療に対して、対応できる保障になっています。

がんは、日本人の2人に1人がかかる病気ですので、これだけ保障がついていれば心強いといえるでしょう。

割戻金がある

コープ共済は非営利事業団体ですので、毎年の決算時に余剰金が出た場合、組合員に割戻金として還元します。

「割戻金」は契約満了時まで利息を付けて据え置かれますが、共済期間中でもホームページや電話などで請求することもできるそうです。

もちろん、毎年余剰金が出るとは限らないのですが、2009年の実績では20%の割戻金があったようです。

また、20%もひとつの例で、それ以上になる年もあれば、それ以下の年もあるということです。

しかしながら、全く割戻金がないよりもいくらかでもあった方が、契約者としてはイレギュラーなお得感のようでうれしいものですよね。

医師の診断書がなくても加入可能

コープ共済「あいぷらす」は、加入時に医師の健康診断書が必要ないことも、メリットのひとつです。

他社の保険では、医師の健康診断書が必要なものもあります。

会社の健康診断などを定期的に受けている方は、それほど面倒ではないかもしれませんが、そうでない方は、健康診断を受ける費用が余分にかかりますし、またその時間もかかってしまいます。

思い立ったときにさっと加入できないと、結局面倒になって加入しなかったということにもなりかねません。

ただし、以下の年齢と保障金額の場合、健康診断書が必要になるので、加入の際はご注意ください。

  • 満40歳以下で2,000万円を超える場合
  • 満41歳以上満50歳以下で1,000万円を超える場合
  • 満51歳以上満64歳以下で500万円を超える場合
  • 共済金額に関わらず満65歳以上の場合

コープ共済「あいぷらす」加入時の注意点

医療保険40代おすすめ人気ランキング!40代女性・男性別の選び方

最後に「あいぷらす」に加入する際の注意点をまとめます。

  • 満85歳までの保障には手続きが必要

85歳まで更新する場合、70歳になった時に、所定の共済期間が15年のコースに変更する手続きが必要となります。

  • 満期の3ヶ月前に連絡に注意

満期になる3ヶ月前に、「満期更新のご案内」が送られてきます。

更新する場合もしない場合も、それぞれ更新加入申込書、満期終了届(割戻金請求届付)を提出するのですが、この時に何もしないと同じ内容で自動更新され、その時点の年齢の掛金となるため注意が必要です。

  • 共済金額を増額する場合は所定の手続きが必要

共済金額を増額する場合は所定の手続きが必要で、その際に、健康状態に関する告知事項に該当しないことが条件となっています。

まとめ:コープ共済「あいぷらす」のデメリットや保障内容を徹底紹介!割戻金、解約返戻金はいくら?

コープ共済「あいぷらす」について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

主なポイントをおさらいしておきましょう。

  • メリットは、
  1. 解約返戻金がある
  2. がん特約が付与できる
  3. 割戻金がある
  4. 医師の診断書がなくても加入可能
  • デメリットは、
  1. 保障期間のカスタマイズがしにくい
  2. 非喫煙者にとって掛金が割高
  3. クレジットカード払いに対応していない
  • 加入の際の注意点は、
  1. 満85歳までの保障には手続きが必要
  2. 満期の3ヶ月前に連絡に注意
  3. 共済金額を増額する場合は所定の手続きが必要

長期の保障には不向きですが、10年未満の保障であれば、割戻金や解約返戻金などで実際の掛金はさらに割安になるというメリットがあります。

特定の短期間の保障を希望される方は、是非検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。